LIVEレポ・9月28日(木)またもや【ストリートライブ】→【PEACE BAR】にて村山義光トリオLIVE 

LIVEレポ・9月28日(木)またもや【ストリートライブ】→【PEACE BAR】にて「村山義光トリオ・ストリートライブ・室内版」に聴きに行ってきました。この日はvo山下みさ子さんのボーカル教室【M-VOICE】を取材させて頂いて、そのまま生徒さんをお1人お連れして村山義光氏と共にいつもの難波【ストリートライブ】の会場へ。バイクで移動した僕は先に到着。ベーシスト家口直哉さん、ドラムス高野正明さんはもうセッティングに取り掛かっておられました。ん?警察屋さんが!今回は何やら調書を取られている様子。写真まで撮られてる~!どうしよう・・・。あ!村山義光氏到着!あわてる様子もなく、いつもの笑顔?で警察屋さんと応対。はい、今回は演奏始まる前に中止となりました。泣。既に客席(路上の花壇)に着席してLIVE待ちのお客様の中に、2週間前にストリートライブを偶然聴いて感動されて、村山義光氏のブログをチェックされてわざわざ八尾から起こし頂いてたご夫婦がおられました。ん~、これでは終われない?はい。こんな時のお助けライブハウス【PEACE BAR】。お客様をお車でお連れしてのメンバー大移動です。笑。マスター、いつもありがと~!泣。
既にお店にはお客様がおられました。突然の「LIVE致します。」に少々ビックリ?男性のお客様はギターをされるそうでした。ビビるで~。
演奏スタート!こういう時の演奏って なんで凄いんやろ?メンバーが一番大好きであろう、世間では一番最低と思われているステージ「ストリート」で演奏出来なかった「鬱憤」とも言えるものが爆裂したような演奏。何度もお聴きになられているお客様が初めてのお客様に「凄いでしょ!」っと まるで自分自身を自慢するかのような発言をされてしまうのが笑えておもしろい。
村山義光トリオ
長淵文恵さんが歌う
ええな~
わざわざ八尾からのお客様

2部は、この日のストリートライブを楽しみにしていたというボーカリスト長渕文恵さんが「飛び入り」というかトリオをバックに5曲も歌ってくれはりました。お客様の歓声。【PEACE BAR】マスターとお店のスタッフのさっちゃんまでがチップを入れて下さりました。お店の方が入れてくれるなんて僕、初めて拝見しました。ありがとうございます。
ちなみにこの日、デジカメを忘れてしまったため、携帯で撮影しました。
次回のストリートライブは場所を変更せざるおえない状況となりました。しかし村山義光氏「今度は梅田で演るぞ!」だって。やった~!
・・・管理人ローリー
スポンサーサイト
[ 2006/09/29 13:14 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月22日(金)【PEACE BAR】にてvo弥生さん&JA道ZZ・LIVE 

LIVEレポ・9月22日(金)【PEACE BAR】にてvo弥生さん&JA道ZZ(bs佐々木研太さん ds佐藤英宜さん gt村山義光氏)とLIVEに行ってきました。と言っても、私用で1stを逃してしまい、2stしか聴けなかったんですが・・なんという勿体無いことを!どうやら1stはJA道ZZの演奏をバックにジャズボーカリスト弥生さんの「朗読」があったようです。前に難波【navel】で村山義光氏のギター演奏(とえも幻想的な曲)をバックに弥生さんが英語で朗読されていた。彼女はネイティブな英語で朗読されてメッチャかっこよかったんですよ。それを聞き逃してしまった!2st目スタートギリギリに飛び込んだ僕は、弥生さんのボーカルだけ聴きたかったので、思わず「飛び入りあるの?弥生さんのでけ聴きたい。」って彼女に言うてしまいました。折角のJA道ZZの演奏での弥生さんステージ。来られていた多くのお客さんもそうだと思う。皆さん目的は「弥生&JA道ZZ」のLIVEを聴きにきたのだから他の方は遠慮して欲しかったのです。
たまに「飛び入り」でよく歌ったり、演奏したりする駆け出し?のミュージシャンがいたりするが、僕としては飛び入りする本人さんは、お客さんに厳しい審判をされる覚悟で飛び入りして欲しいと思ってしまいます。LIVEはきっとミュージシャン側は真剣勝負。聴く側もチャージ料を払って期待を持って楽しむために来られていると思います。いつから 「ミュージシャン兼お客さん」に気を使って「飛び入り」の声をかけるようになったのだろう?僕は知らないだけで、日本のジャズLIVEはそういうものだったのだろうか?日本人特有?の「社交辞令」や「異常?以上?に気を使う習慣」のせいだろうか?時には大した演奏でもなくても拍手をおくったりするお客がある。(僕もか?)メインであるアーティストのLIVEをぶち壊す「飛び入り」さんはホント御免です。メインのミュージシャンの方々にも「飛び入り」の方に変な?気を使わないで欲しいし、「飛び入り」される方も今までのメインのLIVEの雰囲気を壊さない自信がないのなら「飛び入り」のお誘いを自ら断って欲しいのが本音であります。あ~、でもお客さんを増やすためにそうせなアカンかったりするんかな。難しいところなんかな・・・「世界の中で日本のJAZZ界は最低のクラスになる。」と(村山義光氏からも)よくお聞きすますが、こんなんも原因の一つなのかな?と思ってしまうのは僕だけでしょうか?
話が脱線してしまいましたが、今回のLIVE(2stのみしか聴いてない。)、凄かった。ミュージシャン自身にとってはどうだったか知れないけど、あの小さいライブバーが外とは別世界の凄い空間となってました。
JA道ZZ
佐々木研太さん
佐藤英宜さん
村山義光氏が見守る?
弥生さんが熱唱!
超満席!


お客様の中からお一人に今回のLIVEレポ掲載をお願いしました。貴重なレポートを有難うございました!

1stは「至上の愛」のインスト。 すごいなぁ・・・
あ、ら~ぶしゅぷり~むと歌いかけるくらい すばらしい演奏でした。
(あ、あたし、好きやねん、この曲)
そしてやよぷ、登場!! スタイルえぇなぁ~ んで、おもっきりがいい。 でも、今日はちょっと緊張してたんかな???
今日の感想。
佐藤さんはすばらしい・・・ あたしのすごく憧れるミュージシャンです。 今日のドラミングはホンマすごかった。 偉そうに言えば
ほしいときにほしい音がくるというか・・・ (あ、あたし、ドラムは知りません) 過去にライブでご一緒させていただきましたが やっぱりすばらしいドラマーです。 大好きです。
そして佐々木さん
わぉ!!って何回も言いました。 今日は佐々木さんのご両親も来られてましたが すごく仲がいいんだなぁ~と思いました。 親が来てるとちょっとこっぱずかしいけど 佐々木さんはそれを感じさせず(当たり前か)
かっこよかったなぁ~
んで、村山さん。
天才です。 一段と大好きになりました。 休憩の合間にお話しましたが
「リマックマです」とライターをライター(光)にして 遊んでくれました。 ちゅうか、めさかわいい!!
んでやよぷ。
えぇな。 いろんな音楽聴いてんやろなぁ~ しかも、ライブで。 それが痛感されました。 最初と最後に朗読してたけど あれは自分で書いたんかな? むつかしてあたしは理解できんかった・・・ 昔っから国語苦手やしな。
なんしか今日はいい日でした。 行って良かったライブでしたぁ。
あたしも歌いたいなぁ~~~~~~

研太ッタさんの御両親と
研太ッタさんはお父様似

お客様の中で弥生さん村山義光氏の昔からのご友人でプロのカメラマンになられた方がLIVE時に撮影されていたり、佐々木研太さんのご両親がわざわざ東京から聴きに来られていたりと超満席で熱いLIVEでした。
佐々木研太ッタさんのお父さんお母さん、ブログ見てくれてはりますか~。笑。
11月に【PEACE BAR】で弥生さんとJA道ZZでまたLIVEをしてくれるそうです。やった!今回聴き逃してしまわれた方、チャンスです!

・・・管理人ローリー
[ 2006/09/23 01:01 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月20日(水)【common cafe】にて村山義光&馬場孝喜ギターデュオLIVE 

LIVEレポ・9月20日(水)【common cafe】にて村山義光&馬場孝喜ギターデュオのLIVEに行ってきました。中崎町のcommon cafeに行く前に実は、おはぎとお抹茶を持って、いつも村山義光氏のLIVEのPAでお世話になっている@茶碗邸へ奥様と@茶碗さんとお喋りしてお茶してLIVEに行ったのでした。お邪魔した時、サックスの方がいらして、どうやらソロアルバム製作されていたようでした。で、@茶碗さんと奥さんとの話題はミュージシャン(特に村山義光氏について)でした。笑?お邪魔致しました。まだまだ喋り足りませんでしたが。笑。
お薄をたてて頂きます
@茶碗邸の茶碗

去年の12月から毎月恒例のこの凄いLIVE。今回LIVEにお越し頂いたお客様の中にわざわざ東京からいらした方がおられました。そして【common cafe】のマスターの飲み友達の方も。でもLIVEを聴きに来られたのは今回初めてだそうです。僕はLIVEを聴きながらお二人の反応が凄く気になってしまっていました。何故ならお二人共楽器をされない僕のよな「一般のお客様」なので、そんな方の感想をすごく興味があったからです。
2ステージ目「チャイナ」という村山義光氏のオリジナル曲をすることに。馬場孝喜さんは「チャイナ」を聴いたこともなければ楽譜を見たこともない?とか。え?そんな状態で演奏してしまうの?村山氏がイントロ、伴奏をつけながらメインのメロディーを弾きだす。そして村山氏が伴奏のみになり、それに合わせて馬場さんがイメージされてたメロディーを弾きだす。僕はもう既にトリオでの「チャイナ」を数回聴いているけどこんな感じの「チャイナ」は初めて。ギターデュオだからか?いや?馬場さん独自のカラーが表現されていたからかな?よう説明出来ひんけど、面白かったし、感動した!
1ステージ目の演奏で既にビックリされていたお客様の一人に「村山義光氏はトリオでよく難波交差点でストリートライブをされているんですよ。」とお伝えすると「贅沢なストリートライブですよね!」とコメントされました。2ステージ目ではお二人共、真剣な表情で聴いていらっしゃいました。LIVE終了後、馬場さんがストリートライブに興味をしめされていました。もしかして突然飛び入りで演奏してくれたりして?至上最高の凄いストリートライブやろな。
今月もお2人さん
はいってます
豊田久理子さん
長渕文恵さん
北橋美輪子さん

飛び入りでボーカルの方が歌ってくれました。その中のボーカル方がご自身の日記としてこうコメントされていました。

昨日、コモンカフェのライブに行ってきました。
感想は一言
「ぐえっ」
めっちゃええ演奏を聴いたとき あたしの体はリアルに全身鳥肌状態になる。 けど、そんなんてしょっちゅうなんかない。 それが、昨日はそれを通り越してしまい 頭蓋骨がうなった。 耳で聞いてるというより 頭蓋骨が聴いてるって感じやった。 そんな中 あたしは飛び入りさせてもらった。 あたしが歌わせてもらったのは ♪autumn leaves♪ あたしは、あんまし何もおもわんかったけど (いい意味も悪い意味も・・・反省はするの多い) 村山さんとマスターに い~~~~~~~~~~~~っっぱいアドバイス受けた。 それが、あたしはすんごいうれしかった。 言われてることはむつかしけど できると思ってくれてる(と思った)んや~!! よっしゃ~!!!ってな感じ。 あたし、単純やからなぁ。 ホンマにうれしかった。 村山さんやマスターが話すボーカルに 少しでもちょっとでもちょびっとでも近づけるように 歌おう。

・・・コメント掲載はご本人の承諾を得ております。
お客様であり、音楽を聴かす側の立場でいらっしゃる方の率直なコメントってすごく興味があったので掲載を了解して頂いてたいへん嬉しいです。ありがとうございました。
・・・管理人ローリー
[ 2006/09/21 07:54 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月17日(日)【和泉の国ジャズストリート】にて村山義光氏とボーカリストLIVE 

LIVEレポ・9月17日(日)【和泉の国ジャズストリート】にて村山義光氏とボーカリストの方々のLIVEを聴きに行ってきました。
「和泉の国ジャズストリート」は第1回目ということもあって?会場によっては機材が電源しかないところがあるらしい。ということを聞き、車でスピーカーを持って行くという事態であります。
僕は車でジャズボーカリスト弥生さんと弥生さんのマイスピーカー&機材と共に現地へ。約1時間の弥生さんとのドライブデート。車中で「歌」についていろいろ教えて下さりました。「ボーカル」って本当に奥深い。
午後12時、村山義光氏とvo豊田久理子さんとvo竹内樹子さんが出演される「辻川産業敷地」に到着。ここはちゃんと機材が整っていました。まだ演奏時間1時までに時間があったので駅前のカフェで電車チーム(村山義光氏、竹内樹子さん、豊田久理子さん、北橋美輪子さん、長渕文恵さん、辰巳誠治さん)と合流。皆さん、もうハイテンション?賑やかに会話を楽しんでらっしゃいます。緊張してないの?笑。
さあ、歩いて会場「辻川産業敷地」へ大移動です。あ、「二番弟子」さん、こんにちは。
流石ですね。サウンドチェックもあっという間でやったのかどうか?みたいな速さです。結構、駅から歩く距離にあるこの会場。「人、集まって来てくれるのかな?」と心配しつつ、1番手のボーカルは豊田久理子さん。僕は今まで豊田久理子さんの歌を飛び入りのステージで何度が聴かせて頂いております。豊田久理子さんの歌声につられてどんどんお客さんが聴きに集まって来られました。これって凄いよ。2番手に竹内樹子さん、今回の野外ステージ初挑戦だそうです。僕たちの人生の先輩は個性的なステージを聴かせて頂きました。
観客席にはボーカル教室【M-VOICE】の山下みさ子先生と英語教室の大畑あき子先生が来られていました。皆さん暖かいですよね。
無事、素晴らしいステージを終えられたメンバーの方々とお客様は3時から始まる会場へ大移動です。
また空き時間はお昼に入ったカフェでお茶&軽食いです。今日は予想外に天気で暑いのでありました。大畑先生が買ってくれたフローズンに皆さん集ります。笑。
さあ、始まります!
まずは豊田久理子さんと
次は竹内樹子さん
休憩だ~
フローズンに集る

3時からのステージは機材がありません。電源だけなのであります。こういう時のために弥生さんが皆のためにスピーカー他機材を提供して下さりました。準備して持ってきたスピーカーの出番です。あ!なんと辻川産業敷地に駐車したままの車の中。親切なお客様が車を取りに行って下さいました。しかし、なかなか車が到着しない。汗。広々のしたジャズスト会場は広い範囲に会場が散らばっています。パンフの地図には駅からの歩道は記されてはあっても車道は記されていない・・。機材は整っていない・・。まだまだ課題のある「第1回 和泉の国ジャズストリート」であります。
結局、スピーカー機材が会場に届いたのがなんと演奏開始時間3時1分前!出演者皆さん、応援に来られたお客様方々をハラハラさせてしまいました。しかし そんな状況の中でも出演者他、皆さんのプロフェッショナルな協力体制で すごい速さでスタンバイ完了!サウンドチェックはされたのかどうかは、僕、車を駐車場へ移動させていたので存知あげませんでした。いや!する時間はなかったはず。そう思うくらい、スピーカー到着後、たぶん1分後くらいにもう既に演奏スタートしていました。1番手の長渕文恵さんがなんだかいつもより優雅に歌われているように感じたので、まるでいつものリハ後に始まったステージのようでした。信じられません。凄。翌日にお聞きしたら、長渕さんは、そのようなトラブルがあったことさえ知らなかったそうです。長渕さんはジャズストリートは初めての出演でしかも一定の持ち時間を与えられたステージに立つのが初めてだったそうです。今回のジャズスト会場はここ和泉市地元でいらっしゃる北橋美輪子さんから持ち時間を頂いたということを僕は後日知ることになります。ボーカリスト同士でライバルとい関係であるかもしれませんがそれ以上に「友情」で結ばれていらっしゃいますよね。
ミュージシャンにとって、持ち時間1分でも、いや、秒単位で時間は自分を表現出来る凄い大事なものです。しかし1分や2分残されていても「1曲」を歌えませんし演奏出来ないでしょう。だから演奏前の時間は余裕を取っておかないといけない。数分でも数秒でも早く演奏スタートして1曲でもたくさん歌いたいものですよね。でも周りの皆さんはそんな長渕文恵さんが動揺しないように状況を知らせなかったんですね。皆さんの「仲間の愛」のこの話を知った時は僕、涙しました。長渕文恵さんも僕も翌日のお互いのメール交換でこの「愛」を知ったわけであります。その噂の北橋美輪子さんというと、僕の知っている北橋さんの中で一番カッコよかった!彼女はメッチャかっこいい歌声なんですよ。もしかして豊田久理子さん竹内樹子さんペアももちろん「仲間の愛」があったのでしょう。
4人のボーカリストはこれからどんどん一人でも羽ばたいて行かれるのでしょうね。こんなボーカリストになられたのは本人自身の才能と努力あってことはもちろんのこと、山下みさ子先生、大畑あき子先生、そして村山義光先生のご指導もあってのことなのではと思います。

第2ステージ長渕文恵さん
次は北橋美輪子さん
お疲れ様です
またまた休憩。笑。

またまた休憩であります。笑。別のカフェで一息つきます。これから出演するギタリスト金正大さんも到着です。村山氏はかき氷・ミルク金時」を食べてはります。甘いのお好きなんですね。
エンデュングは5時40分からの弥生さんと金正大さんです。このデュオは今年、高槻ジャズストリートでお聴きして頂いております。パワフルな弥生さんの歌と個性的なギタリスト金正大さん。金正大さんはよく村山氏のLIVEで飛び入りしてくださる方で、他にない音を出されるギタリストだなと思います。また人柄(キャラ)がいい!なんと今年2006年ギブソン・ギターコンテスト最終本戦の9名の1人に選ばれており、優勝(日本一)への本戦をひかえていらっしゃる凄いギタリストでいらっしゃるんです。彼らのLIVEが始まる前に別の会場で出演されているvoやまじままゆみさんとgt箕作元総さんのLIVEを大畑あき子さんと聴きに行きました。(画像はないですが。)そして
弥生&金正大さんの会場である「辻川産業敷地」へ移動。雨が降りそうなヤバイ空。でも太陽も沈みかけのエエ感じのステージになっていました。ジャズストリート全会場にまで響き渡るような声量のあるパワフルな弥生さんの歌声。会場は満席状態です。弥生さんは村山義光氏ともう7年にもなるお付き合いだそうです。彼女はニューヨークと日本の生活をされていて、本場ニューヨークの厳しいJAZZ界を身をもって感じて音楽活動をされています。弥生さんは自分の歌に凄く厳しい。現状を満足しない、言い訳をしない、常に向上し続けるボーカリストであります。
そんな弥生さんを村山義光氏はじめ、大勢の皆さんが魅了されて聴いておられます。お2人の素晴らしいLIVEが終了。なんと雨が本降りに。さすが皆さん日頃の行いがイイ!皆さん「晴れ人間」やったんや。
最後は弥生さんと金正大さん
車海老フライ・ハンバーグ定食1,050円
皆で乾杯~!

あ!「二番弟子」さん、トラブルでは凄い走って頂いて助かりました。もう今や「二番弟子」さんはなくてはならい存在のサポーターであります。カメラ撮影もして頂いて助かりました。  朝早くから出発されたであろう辰巳誠治さん、セッティングやいろいろ動いて頂いたそうです。ありがとうございました。協力頂いた、遠くから来れれたお客様もありがとうございました。トラブルもなかったかのように凄く楽しんだ皆さん笑顔の「乾杯」!駅前の洋食屋さんで「車海老フライ・ハンバーグ定食」1,050円(税込み)を皆さん11人全員注文して頂きました。なんてリーズナボーで美味しい食事の打ち上げなんだ!海老の頭も尾っぽもウマかった!(人の分まで食べた。)
「人」として魅力ある出演者の皆様、お客様、こんな楽しい素晴らしいステージを聴かせて頂いてほんとうにありがとうございました。

画像撮影・提供「二番弟子」さん。
・・・管理人ローリー
[ 2006/09/18 19:06 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月16日(土)難波【ストリートライブ】にて村山義光トリオLIVE 

LIVEレポ・9月16日(土)難波【ストリートライブ】にて村山義光トリオのLIVEを聴きに行ってきました。
当日は降水確率30パーセント。僕は車で現地に向う途中、雨つぶがパラリ。大丈夫かな?
9時到着。メンバーの皆さんスタンバイOKという感じ。僕の友達も既に到着。久し振り(僕の久し振りは1週間で。みじかっ!)で嬉しい。
9時15分?演奏スタート。既にお客さんが立ち止まり始めました。土曜日ともあって?人通りも多い。外国の方々旅行中かな。多くの人々が立ち止まって聴いてはります。
!!!スタート間もなく、発電機が止まってしまいました。何度も止まってしまい、演奏を中断。使っておられる発電機はもう10年以上になるとか。長い間、村山義光氏、佐々木研太さん、高野正明さんを支えてこられた発電機さまです。「明日の和泉の国ジャズストリートの前触れ?な~んて冗談を言うてたら、発電機完璧に復活してくれました。演奏再度スタート!
ライブスタート
発電機の調子が・・
10年以上使ってる発電機

村山義光氏、表情のとおり気分良く?ノッておられます。佐々木研太さんもいい笑顔。
お仕事帰りのファンの方が自転車で駆けつけて下さいました。村山氏のストリートライブはお初だとか。
2ステージを午前0時20分頃終了し、また明日は村山義光氏はお昼から「和泉の国ジャズストリート」にたくさんのボーカリストの方々と共演されます。僕、すっごい楽しみにしてるんですわ。
僕たちは帰り際に高野さんからドラムレッスン?を受けました。ドラムって難しい!でも楽しい!笑。
・・・管理人ローリー
村山氏絶好調!
笑顔の佐々木さん
皆さん聴いてます
自転車で駆けつけて
0時20分頃までLIVE
ドラムレッスン?

[ 2006/09/18 13:36 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月15日(金)【navel】にてvo寺本裕子さんgt村山義光氏LIVE  

LIVEレポ・9月15日(金)【navel】にてvo寺本裕子さんgt村山義光氏デュオLIVEを聴きに行ってきました。
navel】では毎月第3金曜日は村山義光氏定例lIVEの日なのです。この日のオーナー「ニ番弟子」さんのお陰で今月もLIVE開催となりました。今月で第4回。何事も続けることってなかなか難しいですよね。「ニ番弟子」さんありがとうございました。
ボーカリストの寺本裕子さんは寺本さんが結婚される前から村山義光氏とお付き合いがあったそうです。この業界って長くお付き合いするのって難しいのかどうか?僕には分かりませんが、村山義光氏の人柄なのか?パートナーの人柄なのか?
寺本裕子さんと村山義光氏
寺本裕子さん
村山義光氏!!△○×
村山義光氏が睨む
村山義光氏が微笑む
navel満席

凄いですね。【navel】は 寺本裕子さんのファンの方々と村山氏ファンの方々(遠くは奈良の丘の上からと京都の山奥からいらしてくれはった。)で満席です。
2st目。ジャズボーカリストの弥生さんが高槻市でのお仕事帰りに来てくれました。もちろん歌って頂きました。日ごとに違うカラーで歌ってくれはって、村山義光氏のギターのように、毎回何が飛び出すやらと楽しみにさせて頂いてます。
弥生さん村山義光氏
サバカレー&イワシカレー
カレーを食う弥生嬢と村山氏
カレー食う弥生嬢と村山氏2

LIVE終了、お腹が空いた~。ってことで何故か?僕のカバンの中にメロンパンとクッキークリームパンが。皆で分け分けして食べました。今度はお店に置いていた「カレーの缶詰」?  常温で食べれるの?しかも「サバカレー」と「イワシカレー」って!う、うまい!イケる!村山氏と弥生嬢、なんちゅう顔して食べはるの?笑!
・・・管理人ローリー
[ 2006/09/16 02:42 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月14日(木)【ネッソ・曽根崎警察コミュニティプラザ】にてvo山下みさ子gt村山義LIVE 

LIVEレポ・9月14日(木)【ネッソ・曽根崎警察コミュニティプラザ】にてvo山下みさ子さんgt村山義氏のLIVEに行ってきました。この会場でLIVEを聴きに来させて頂いたのは2回目です。1回目は村山義光氏と出会って間もない頃。でももう既に村山氏の「追っかけ」状態に入っていたのでした。山下みさ子さんは、村山氏と出会う前の今年の2月に【アートクラブ】で歌声を聴かせて頂いてました。このLIVEはお二人にとっても僕にとっても2回目。開演前30分前に到着した会場はもう既に満席。といいつつチャッカリ最前列に座れました。LIVE前に婦人警官さん達のコテコテの関西丸出しのコントを交えて防犯の説明で楽しませて頂きました。警察官のイメージが変わりました。大阪府婦人警官アッパレです。
の後、ベテランデュオのLIVE開始。このLIVEは無料なのですが、お客さん皆さんJAZZ好きなのでしょうか?ええ感じで聴いてはりました。
大阪のおばちゃんコント
婦人警官と大阪のおばちゃん
山下みさ子デュオ登場
山下みさ子さん
こんな感じの会場

第1部LIVEが終了し、今度は空き巣についてのお話し。ん~、なるほどなるほど。
れ?客席に弥生さんが!これは何か起こしてくれそうな期待。パワフルボイス聴かせてくれました。会場に今までとまた違った空気を吹き込んでくれはったな。
空き巣の説明
弥生さんの飛び入り
弥生デュオ
ステージからこんな感じ
村山さん笑顔

無事LIVE終了し、山下みさ子さん、村山義光氏、弥生さん「ニ番弟子」さんとお茶しにご一緒させて頂きました。楽しい反省会?をありがとうございました。また3回目のネッソLIVEが近い内にありますように。
・・・管理人ローリー
[ 2006/09/14 21:40 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月11日(日)【common cafe】にてvo藤村麻紀さん&JA道ZZ・LIVE 

LIVEレポ・9月11日(日)【common cafe】へvo藤村麻紀さん&JA道ZZのLIVEへ行ってきました。JA道ZZのLIVEは今月2回もあって嬉しい限り!しかも今回は藤村麻紀さん。僕にとって麻紀さんとJA道ZZの前回のLIVEは【Mr.Kelly's】でした。まだ村山氏と出会って間もなかった僕は、麻紀さんとJA道ZZのLIVEを初めて聴かせて頂いて、感想を述べるどころか 出演メンバーの方、全員の物凄さにほとんど口もきけずトットと帰ったのを思い出します。今回はリーズナブルな【common cafe】で ほとんど同じメンバーのステージが聴けるなんて、なんて美味しい!
今回のJA道ZZメンバーはvo藤村麻紀さん、 bs佐々木研太さん、 ds佐藤英宜さん gt村山義光氏です。佐々木研太さん、なんかいつも以上に濃い熱のこもった演奏してはるように思いました。普段の研太さんとは別人?ドラムス佐藤さんのドラムを扱うテクニックというか 演奏を聴かせて頂く度に新しい技?を見せてくれます。毎回、佐藤さんの演奏、楽しみにさせて頂いてるんですよ。僕は特に好きなのは素手でドラムを叩かれる時です。麻紀さんは村山氏とのデュオをたくさん聴かせて頂いてますが、トリオをバックに歌われると あの延びる歌声で壮大さが増します。ん~気持ちイイっ!村山氏の黒ギターさん お久し振りです!このギター大好き。定価、約4万円のギターとは思えない。小指でボリュームレバーを操作しながらの演奏大好きです。この黒ギター(リーズナブルなギター)をこれだけの豪華な演奏をされてしまわれるのは きっと世界で超絶ギターリスト村山義光氏だけなんでしょうね。やっぱ村山義光氏は「宇宙人」か「神様」やな。また黒ギターさん、来て下さいね。
今夜もJA道ZZ
藤村麻紀さんが加わり
このメンバーは凄い!
ベーシスト佐々木研太さん

ドラムス佐藤英宜さん
ドラムアップ
久々の黒ギター

弥生さんが飛び入ってくれました。弥生さんの歌声、聴かせて頂く度に益々進化されているように思うのですが。弥生さんとJA道ZZ(今回と同じメンバー)で9月22日(金)【PEACE BAR】でLIVEをされます。これを逃しては損しますよ。
★9月22日(金)19:30~長堀橋【PEACE BAR
open18:00 start19:30~(2st)
チャージ 2000円 (1ドリンクオーダー要)
☆弥生(vo)とJA道ZZ☆
弥生(vo) 佐々木研太(b) 佐藤英宜(ds) 村山義光(g)
大阪市中央区島之内1-18-16 長堀橋駅③出口東へ20秒
電話▼0668517701
休憩時間は
ボーカル弥生さんが加わり
笑顔の村山さん
凄かったな~

ん~、今夜のLIVE凄かったな~。しかし相変わらず僕のレポートは素人やな~・・・汗。僕のレポートで分かりづらかったら、実際にLIVE聴きにいきましょう!
・・・管理人ローリー。

[ 2006/09/12 03:31 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月9日(土)【A. BLAKEY】にてvo青山奈穂子さんgt村山義光氏LIVE 

LIVEレポ・9月9日(土)【A. BLAKEY】へvo青山奈穂子さんgt村山義光氏のLIVEに行ってきました。【A. BLAKEY】にお邪魔するのは1ケ月振りです。青山奈穂子さんと村山義光氏のデュオライブも同じく1ケ月振りでした。あの若いマスターもお元気そうでした。
ここがA. BLAKEY
青山奈穂子さん村山義光氏
青山奈穂子さん
村山義光氏

今回もいろんな方の飛び入りがありました。特に珍しかったのがピアノの飛び入りで、村山義光氏自体、コード楽器との共演は珍しいそうなので、貴重な演奏を聴かせて頂いたと思います。
弥生さん村山義光氏
ピアノの飛び入りも
ピアニストさん
アットホームな?LIVE

以上、画像提供「@茶碗」さん。
LIVE終了後、出演者数人の方達と「@茶碗」さん宅にお邪魔させて頂きました。僕はもちろん初めてお邪魔させて頂きました。すごいスピーカーの数やいろんな機材に驚きながら みんなでDVD鑑賞会をしました。
楽しかったなあ~。@茶碗さん夫妻、ありがとうございました。
・・・管理人ローリー
[ 2006/09/10 00:47 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・9月7日(木)【Mr.Kelly's】にてvo藤村麻紀さんgt村山義光氏LIVE 

LIVEレポ・9月7日(木))【Mr.Kelly's】にてvo藤村麻紀さんgt村山義光氏LIVEに行ってきました。出発前、雨が・・・。車で行こうか?バイクで行こうか?僕の家は最寄の駅からバスの乗らなければ帰れない「陸の孤島」なので、LIVEに行く時は車かバイクなのであります。本日のLIVE会場は北新地。駐車場代が高いところであります。雨にぬれて40分もバイクに乗る気はしないので、車で行きました。なるべく駐車代の安いパーキングを探すのはLIVEへ行く度に苦労します。結局、LIVE会場まで歩いて20分もかかる所に駐車してしまいました。汗。こんな苦労を経験しているミュージシャンの方やお客さんは多いのではないでしょうか。
で、到着しました。僕にとっては高級JAZZ CLUB【Mr.Kelly's】。音がいいので好きです。僕は村山義光氏のLIVEの時は なるべく一番前でしかもスピーカーの近くで聴きます。一番前に座るのって結構みなさん避けてはりますよね。僕も初めはそうでしたが、やっぱり超絶技巧を真近で見て聴くのは迫力がありますよ。ボーカルだって息遣いが感じれたりするし遠くで聴くのとは大違いですわ。近過ぎるのは恥ずかしいから 皆さん前の席を避けはるのかな~?
【Mr.Kelly's】さんのスケジュール表を見るとギターデュオってあまりなくて珍しいみたい?村山氏は過去にジャズシンガーの山下みさ子さんとのデュオで2回入れ替え制で200人くらいお客さんが入ったそうです。凄いです。
LIVE前、藤村麻紀さんと少しお喋り。背中のウンと開いたセクシーな黒いドレス。マーメイドみたいですわ。
ミスターケリーズ看板
食べたアイスクリーム
準備する村山氏

お2人のLIVEスタイルは麻紀さんが50枚くらい楽譜を持ってきはって、上に投げて、床に落ちた楽譜を集めて順番なんて当の本人達も分からず出たモンから歌っていく。笑。しかし、いつでもどんな曲が出ても歌えてしまう藤村麻紀さんって凄いですよね。しかも村山義光氏の「独り善がりな」演奏でですよ。
【Mr.Kelly's】のLIVE告知のとおり、『SUPER DUO LIVE』でした。
・・・管理人ローリー
いつも笑ってLIVE
藤村麻紀さんアップ
イッてる?村山義光氏
ギターソロを見守る麻紀さん
休憩時間はスクリーンを
麻紀さん村山氏、ステキよね~

[ 2006/09/08 14:40 ] 2006年 9月ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)