LIVEレポ番外編・2007年9月27日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光b佐々木研太d小前賢吾LIVE 

LIVEレポ番外編・2007年9月27日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さんのLIVE後・・・。
凄まじい?感動有り、笑い有りのLIVE後はトークタイムです。いつしか各グループになってトークセッション。小前さんと小柳淳子さんは恋愛について話していたし。夜中になるとお腹も空いちゃいます。お客様の一人がvo北橋さんと一緒に牛丼等を買いに行って下さいました。しかもご馳走して頂きました。ありがとうございました。
まだまだトークは続きます。僕は笑い過ぎたのか?すごい睡魔が襲ってきまして、椅子を並べてかなりの時間寝てたように思います。でも浅い眠りだったのでしょうね。皆さんの会話が途切れ途切れ聞こえてきてました。
小前さんが「2年半前に上京したけれど、年間に20本ほどのLIVEしかしていなかった。昼間は作業着着て仕事していました。もう音楽、ドラムを辞めようかと思っていました。」とか、
智絵さん(綾戸智絵さん)のコンサートの演奏は毎回違う演奏やし、智絵さんはそれに入ってきはる。僕は1ミリの狂いもなく智絵さんはジャズしてはる人と思ってます。」とおっしゃていました。しかもご自分のことは「プロのジャズドラマーの中で僕は一番テクニックのないドラマーやと思う。いかにショボくならないように毎回、努力工夫をしている。」というのです。
皆一同「それはないわ~!!!」
「一番テクニックないドラマー」だなんて有り得ないですよ。
小前賢吾さんのことは、お会いする以前から村山氏から「裏付けありまくりのドラマー」だとお聞きしておりました。そして、皆を幸せにする、世界平和を導くドラマーだと。
で、世の中、「綾戸智絵」さんをよく知らない人は「ミュージシャン」「ジャズボーカリスト」ではなく「芸能人」として捉える人もいれば ジャズをあまり分かっていない人には「日本のジャズボーカルといえば綾戸智絵」というイメージがあるのが現状でしょう。もしかしてコンサート会場には そんなあまりジャズを知らない人々で客席が埋まっているのかもしれませんが、今まで「ジャズ」は日本で流行っていなかったのを変えてくれるよい切欠を作ってくれた基調なジャズボーカリストなのかも?と思います。しかもコンサートでは小前さんはかなり自由に演奏しているそうです。なんか綾戸智絵さんに興味を持ってきたぞ。機会あればコンサート聴きに行ってみたいな。
結局、朝まで語り合ったのでした。
またこのメンバーで関西でLIVEされることを待ち望んでますよ~。
このLIVEの模様はお客様で来られていた『スマートケイカク』のリチャードさんのブログ『採用ケイカク』にアップされていますのでご覧下さい。
・・・管理人ローリー。
ええわ~d小前賢吾さんLIVE後の団欒vo北橋美輪子さんd小前賢吾さん

b佐々木研太さんd小前賢吾さん脇毛対決?d小前賢吾さんと【PEACE BAR】のマスター記念集合写真vo北橋美輪子さんd子前賢吾さん【PEACE BAR】マスターg村山義光氏

スポンサーサイト
[ 2007/09/28 12:18 ] ローリー日記 | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月27日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光b佐々木研太d小前賢吾LIVE 

LIVEレポ・2007年9月27日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光氏 b佐々木研太さんd小前賢吾さんのLIVEに行ってきました。
とうとう、小前賢吾さん関西地元LIVE最終日です。次回はいつ関西にLIVEしにきてくれるのだろう?と思いながら【PEACE BAR】へ。ん?本日も集客の方が心配される中なんのその、集まりました。vo北橋美輪子さん、vo高橋亜希子さん、@茶碗さん。初めて拝見するお客様。2セット目には、なんとvo小柳淳子さんとvo小柳エリコさんの「ダブル小柳」が来て下さいました。このライブの結末はどうなってしまうのか?と楽しみ人にしながら2セット目スタート。1セット目から全快だった小前さNの誘発されたのか?ベースの佐々木さんがハジけていてよかったな~。本人曰く「仕事を受けたからには、どんな仕事でも楽しもうと思って。」と。
村山氏のライブは共演するミュージシャンによって客層がガラリと変わる。特に今回のライブは小前さんのドラムプレイと、かなりおかしい魅力的なキャラに集客したと言ってもよいのではないかと思いました。皆、共通しているのは「小前さんがまた綾戸智絵さんのライブツアーで旅立っていってしまう前に もう一度、ライブを聴いておきたかった。」のだろう。しかも村山氏との共演だから面白くないわけがない。
予想どおり?予想以上に?最後はボーカリストを交えてのセッションに!
まず始めは「ダブル小柳」のボーカルデュオ。スキャット合戦になり、ドラムの小前さんも参戦。どんどんエライことになってきた!普段カワイイ小柳エリコ嬢は壊れていた。笑。それに輪をかけて美人・小柳淳子氏が更にエスカレート。もうプライドも何もかも捨ててしまったような「丸裸状態」のステージとなりました。しかしこれこそ「プロフェッショナル」ではないかと思う。加えて小前さんが~!!!見よ!この楽しそうな表情を!聴いているお客側は、笑いの渦の中。お腹が痛い。涙が出てくる。久し振りでした。涙流して笑ったの。
そんな中、vo北橋さんも参戦されられました。なかなかこの空気で参戦するのは、どれだけ素っ裸になれるか?が問われるもの。難しいですね。
もう「玉砕公演・爆笑編」といった感じ。
小柳淳子氏「え~!これ終わったら、小前君、ホンマに帰ってまうの~?」
皆、小前さんが行ってしまうが名残惜しいです。
このLIVEの模様はお客様で来られていた『スマートケイカク』のリチャードさんのブログ『採用ケイカク』にアップされていますのでご覧下さい。
そしてLIVE後・・・
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さんと【PEACE BAR】の客様お茶目なd小前賢吾さんと微笑むb佐々木研太さんええわ~d小前賢吾さん

「W小柳」のvo小柳淳子さんvo小柳エリコさんvo小柳エリコさんvo小柳淳子さん

[ 2007/09/28 12:14 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月26日(水)【common cafe】にてg馬場孝喜b萬恭隆d清水勇博LIVE 

LIVEレポ・2007年9月26日(水)【common cafe】にてg馬場孝喜さんb萬恭隆さんd清水勇博さんのLIVEに行ってきました。
僕が到着後の【common cafe】は、既に空気が違って感じました。初めて拝見するお客様ばかり。プレイヤーはカウンターのカーテンの向こうにいて、姿は見えません。すぐにLIVEスタートの様子だったので、ドラムの清水さんに撮影の許可を頂いて客席に着きました。
清水さんはとても礼儀正しい好青年でした。若干24歳にしては落ち着いているように見えましたが、MCをお聴きすると少年でした。僕的にはドラマーに見えない感じ。どっちかと言えばギタリストのようなタイプに見えました。そして清潔感あふれる静かな感じ。でも演奏は攻撃的な強い感じに思いました。無駄がない、ミスがない、スタイリッシュなイメージを受けました。
ジャズタンダード曲だけでない。清水さんのオリジナル曲をたくさんして頂きました。
共演しているベースの萬恭隆さんや、ギターの馬場孝喜さんも演奏以外は平穏な静かな感じでいらっしゃいますが、演奏となるとイメージが逆転するかのような勢いのプレイをされます。そんなトリオのLIVEは、プレイヤー側もお客様側も、とても口数が少なかったです。村山義光氏のLIVEは演奏中はほとんどMCをしませんが、演奏中のプレイヤーが思わず発してしまう「うめき声」や「笑い」のようなものがあったり。お客様側も思わず声に出してしまう【common cafe】でのLIVEを体験にている僕にしたら いつもの【common cafe】とは違う緊張感漂うものでした。
唯一MCをしてくれた清水さんが村山義光氏のことを口にされました。
b清水勇博さん「村山さん、まだお会いしてないんです。
          10月2日(火)に【common cafe】でご一緒するけど、どうなるんやろ?」
b萬恭隆さん 「僕、聴いてみたいです。」
d清水勇博さん「ということは 面白いってことなんや。」
僕もかなり面白いことになりそうだと予想してしまいます。
・・・管理人ローリー。
g馬場孝喜さん b萬恭隆さん d清水勇博さんg馬場孝喜さんb萬恭隆さん

d清水勇博さんd清水勇博さんd清水勇博さん

[ 2007/09/27 12:03 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月25日(火)中崎町【common cafe】にてvo小柳淳子g村山義光b佐々木研太d小前賢吾LIVE 

LIVEレポ2007年9月25日(火)20:00~中崎町【common cafe】にてvo小柳淳子さんg村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さんのLIVEに行ってきました。
前回の小柳淳子さんと村山トリオのLIVEを聴き逃してしまってたんで、この日をどれだけ楽しみにしていたことか。しかもドラムは小前賢吾さんときているから今回は絶対に聴き逃せないのでした。
小前さんは大阪の知り合い?の方のドラムセットをかりて演奏します。ご自分のドラムセットは綾戸智絵さんのライブツアートラックに積んだままなので。(なんかや考えたら凄いよな~)
小柳さんはいつもお客様にもメンバーにも店側にも気を使ってはります。しかも相手に重くならないように、さりげなく、下町風にね。いわゆる「嵩張らない人」であります。村山氏と僕の間では必要以上に人に気を使わせる人のことを「嵩張る」「嵩張る人」を言っています。
パチンコで夢中になっていた村山氏はいつもよりも30分ほど遅刻で【common cafe】に入って来られました。笑。

いつものようにインストで演奏スタート。村山氏オリジナル曲「チャイナ」で。20分以上におよぶ「チャイナ」でした。小柳さん登場。饒舌にかなり面白いMCから入り、客席爆笑。そしてジャズスタンダードを歌い始めます。ホンマに小柳さんの歌は気取らない、小柳さんの飾らない人柄の有りのままの「素」を全身で表現して歌われます。歌っている時は顔だって歪みます。頭を振り乱して、体全体、動きまくって、体から出るすべての液体や空気や感情を出来る限り出し尽くす勢いで歌っているように見えます。もしかして「固体」(何?)も出てきそうな勢いですわ。なので歌詞ではない自然に発する「声」もどんどん湧き出てきます。きっと「スタイリッシュ」ではないのかも知れないけれど、聴いていて熱くなれるし、かなり面白い。村山氏のギターの演奏もそうですね。小前さんはドラムの前にジッとしてなかったです。笑。常に立ったり、座ったり、何か喋り出したり、時には@茶碗さんのPA機器の前に座りだしてパフォーマンスしたり。踊ったり、考え込んだり。笑笑笑。おそらく「ウケ」を狙ってしている行動というよりも この【common cafe】で演奏していて、思わずそんな行動が湧き出てきてしまうんでしょうね。小柳さんの歌も「上手く歌う」ではなく「思わず歌ってしまう」みたいな感じ。しかも「聴かせる歌」を歌われます。LIVEでしか味わえない、「予定調和」ではないところにジャズを感じるし、他にはないと言えるモノだと言えると思います。

前回のLIVEもそんな感じで面白過ぎ、凄過ぎだったと小柳淳子ファンの女性からお聞きしました。客席からのステージからも笑いや、しっとり感が湧き出していましたね。

小前賢吾さんがまた関西に帰ってくる時も地元のミュージシャンと出来るだけたくさんLIVEをして頂きたいですね。
『ハイパーNAZOCHU』さんのホームページにもこのLIVEの模様がレポートされていますのでご覧下さい。

そして10月27日(土)もここ【common cafe】で小柳淳子さんと村山義光氏のデュオLIVEがあるのでかなり楽しみです。
・・・管理人ローリー。
vo小柳淳子さんg村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さんvo小柳淳子さんd小前賢吾さんd小前賢吾さん、どしたの?

d小前賢吾さんがPAを!?めちゃくちゃ楽しかった【common cafe】カメラマン

[ 2007/09/26 05:21 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月24日(月・祝)十三【マダム&ムッシュ】にてvo藤村麻紀g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ2007年9月24日(月・祝)十三【マダム&ムッシュ】にて vo藤村麻紀さんg村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
【マダム&ムッシュ】は去年の村山義光氏の誕生日を思い出します。小柳淳子さんとのデュオLIVE後、ささやかながら皆で村山氏の誕生日を祝ったのでした。あれから約1年。ここのお料理は凄く美味しいのでお腹を空かせて行きました。既に御馴染みの顔ぶれがそろっていました。麻紀さんの大ファンのLOVE GUMさんもお見えでした。
満席になったお店でLIVEスタートです。11月に藤村麻紀さんのセカンドアルバム発売予定になっていて、村山氏のギター伴奏のみ リハーサル無し、全曲一発撮りのきっと日本では珍しいアルバムとなっております。このお二人のいつものLIVEとそのレコーデュイングの時の演奏と変わらない いつもの調子の本日のLIVEであります。しかし1曲1曲、この日にしか聴けない演奏となっております。
客席は ほとんどが麻紀さん村山氏の演奏を目掛けて来て頂いたお客様でした。でもね、やっぱり演奏中にお喋りが止めれない人っているんですよね。そんな時のお二人は更に黙って聴かせる演奏で挑みます。笑。こんな情況をまともに腹を立たせていては体に凄く悪いので、僕は最近、演奏者側がどうやってやりぬくか?と観察して楽しんでいます。

村山義光氏が11月発売予定のvo藤村麻紀さんのセカンドアルバム(全曲ギターのみ伴奏)に全曲ギターで参加されています。
8月末日に奈良のスタジオでレコーディングされたそうです。もちろんギターはいつも使っているトラベルギターです。全曲そのギター1本だけの伴奏のアルバムとなっております。しかも打ち合わせ無し、一発撮り。すげ~!こんなアルバムは日本ではお初ではないですか?「フラ○ドプ△イド」もびっくり?比べるのは失礼かな。やっぱりJAZZは「仕込み無し」「即興」やね。
発売日などの詳細は後日掲載致します。レコ初ツアーとか楽しみですわ。
・・・管理人ローリー。
LIVE前のvo藤村麻紀さんとg村山義光氏vo藤村麻紀さんとg村山義光氏【マダム&ムッシュ】

うっとり?聴いているvo辰巳誠治さんありがとうございました!ギター好き?のお客様とg村山義光氏

YouTube動画
vo藤村麻紀g村山義光Duo『Afro Blue』 No.1 前半
vo藤村麻紀g村山義光Duo『Afro Blue』 No.2 後半
[ 2007/09/25 05:13 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月23日(日)萱島駅前【OTO屋】にてvo高橋亜希子 g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月23日(日)萱島駅前【OTO屋】にてvo高橋亜希子さん g村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
1日おいてまた高橋亜希子さんと村山義光師のLIVEです。ここ【OTO屋】は2回目。なんだかんだ満席状態になるんですよ。高橋さんのファンの方はもちろんのこと、ミュージジャンの出入りが凄く多い【OTO屋】さんです。これもマスターの人柄のせいでしょうか?マスターはトランペットを吹くんですよ。数年前にお聴きしたことがあります。
そして、いいのか?よくないのか?2セット目でよくセッションになってしまうらしいです。村山義光氏のLIVEで2セト目でセッションだなんて考えられないです。メインの出演者とお客様の区別が付かない状態ってどうなんだろう?メインのミュージシャンを聴きに時間とお金を使って来て頂いているお客様を無視状態ってことですわ。セッション状態になってしまうメインのミュージシャンにも問題有りですね。一つは「集客」のためにセッションを出来る環境であるかのように浸透してしまっているお店や、自分のLIVEだという自覚のないミュージシャンの表れのような気がします。気軽にセッション出来るであろうと思われてしまっているメインのミュージシャンの価値観のなさであると思って仕方ないです。

この日の高橋さん、歌の方はまだまだ課題がありそうな感じでしたが、メインのミュージシャンらしく堂々としたステージでの姿勢に安定を感じ、聴く側としてある意味、落ち着いて聴かせて頂きました。数ヶ月前と何かが違うな~。真剣、前向き度が更に増した感じがします。
「人がいっぱいいっぱいの姿勢に人は感動をするもの。」と村山氏からお聞きしたことがあります。ほんまや。そうや。
村山氏のギターソロ演奏も披露して頂き、お喋りでわいていた客席を静かになるシーンもありで面白かったし感動しました。

村山氏の【OTO屋】での演奏は、なんだか何かに挑戦しにいく姿勢に見えるんですが。笑。これは【OTO屋】での生のLIVEを聴いている人にしか分からないかも。村山氏の【OTO屋】でのLIVEは他でのLIVEとは違う楽しみがあります。ストリートライブのような楽しみなんですわ。どれだけ通りがかる人の足をとめて演奏を聴かせれるか?みたいな。
・・・管理人ローリー。
vo高橋亜希子さんg村山義光氏vo高橋亜希子さんg村山義光氏g村山義光氏ギターソロ演奏

【OTO屋】のお客様g村山義光氏とvo高橋亜希子さんとお客様食事中のvo高橋亜希子さんとg村山義光氏と二番弟子さn

[ 2007/09/24 05:17 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月21日(金)難波【navel】にてvo高橋亜希子g村山義光LIVE 

LIVEレポ・2007年9月21日(金)難波【navel】にてvo 高橋亜希子さんg村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
【navel】初登場の高橋さん。お客様の入りを心配されていましたが、なんのその、結局は入れ替わり立ち代り満席となりました。最近、急激にご自分のLIVEの本数が増えたという高橋さん。しかし村山氏とのLIVEがやはり多いようです。ご自分からLIVEを取っていかれたり、ある場所で出会った人との縁でLIVEへとつながることもあるとか。
LIVEをするハコの種類というか、ミュージシャンにとって価値あるハコか価値なしのハコか?と拘るミュージシャンになることも重要なことなのだと。自ずと演奏する環境や、自分を扱う周りが変わってくるはず。と、村山氏から教わってはりました。
いつの間にかセッションに持ち込んでお客様とミュージシャンの区別がなくなってしまうような、歌声喫茶的な店や、ボーカリストをホステスまがいなことをさせている店、客層がLIVE目当てではなく生演奏をBGM的にしか聴いていない客層にしている店。いわゆるイケてるミュージシャンにしては、そんな店はあまりよくないですよね。ギャラに関してもビジネス的な駆け引きで交渉しなければならない程度の軽く見られるレベルのミュージシャンではいけない。等々・・・。「こんなことを言うていては、演奏の場がなくなる。」と言う意見が出るでしょうけど、そんな時にやることはたくさんあるのでしょうね。練習練習。お金かけずに独学でやで。村山氏は昔やっていた「勉強」です。練習時間が足りなくて寝ないようにしていたとか、10代から17年間、新聞配送の仕事で自転車をこぎながらウォークマンでいろんな、たくさんの音楽を聴き倒して耳でテクニックを研究したり、感性を養ったり。
なんせ、ミュージシャンを目指すそこいらの人達と何が違うかというと「辞めようかな~。」とか「どうしようかな~。」なんて思わない。「絶対になってやる!」という揺ぎ無い意思であります。やる続けることが今の村山義光氏の形になっているわけであります。
きっと高橋亜希子さんも歌で「やって」みせてくれるでしょう。
村山師匠の伴奏でLIVEされた高橋さんは、1日おいてまた村山氏をLIVEされます。
・・・管理人ローリー。
vo高橋亜希子さんg村山義光氏vo高橋亜希子さんとg村山義光氏vo堀井貴代美さんg村山義光氏

vo高原かなさんvo高橋亜希子さんg村山義光氏ご食事中のvo高橋亜希子さんと二番弟子さんご食事中の二番弟子さんとg村山義光氏

   
[ 2007/09/22 09:38 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月20日(木)難波【845】にてg村山義光b佐々木研太d小前賢吾LIVE 

LIVEレポ・2007年9月20日(木)難波【845 にてg村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さんLIVEに行ってきました。
やっとお会いできました。小前賢吾さん。今年の6月初旬にこのブログのメールフォームからメールをして頂き、9月に村山氏とのライブをご依頼頂いて実現した今回のLIVEであります。小前さんのことはその時に村山氏からお聞きしたのですが、かなりの「裏付け」ありまくりのドラマーだと。
小前さんは2年前、上京し演奏活動をされていたのですけれど、しかしドラムだけでは食べていけない時期がずっと続いていたそうで、「もうドラムを辞めよう。」と思った時期があったそうです。こんなに実力のあるドラマーなのに。しかし、こんな時、ドラムの実力と人との「縁」もあって、今年の2月からスタートしている「綾戸智絵10周年ツアー」に参加されることになります。大阪をまわっているこの時期、上京する前によく関西で共演した仲間とまたLIVEをと、実現叶ったわけであります。「やっぱり大阪はエエな~。帰ってきたいわ~。」と。笑。笑顔の耐えない小前さん。人柄が滲み出ています。
演奏は、やはり村山氏の言うとおり、素晴らしかったです。このライブにあたって、村山氏は珍しく集客に気を使ってはりました。「折角、東京から来てくれるのにお客さんが少なかったら寂しくて形にならないかも・・・」と。心配はよそに10人も来て下さいました。小前さんは「大阪で演奏できるならストリートでもスタジオでもよかったんですよ。」と。今や、大阪フェステイバルホール3日間とかで演奏されているドラマー小前さんは、超純粋な音楽家であり、ドラマー小僧さんでした。
次回もこのメンバ0でLIVEあります。

★9月25日(火)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~ (2st)
チャージ 3000円 (1ドリンクオーダー要)
GrandJazzLive♪
vo小柳淳子  g村山義光  b佐々木研太  d小前賢吾
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800


★9月27日(木)20:00~長堀橋【PEACE BAR
open19:00 start20:00~ (2st)
チャージ 2500円 (500円ドリンク券付)
g村山義光  b佐々木研太  d小前賢吾
大阪市中央区島之内1-18-16 長堀橋駅③出口東へ20秒
電話▼0662517701

もちろん僕、両日共、聴きに行きますよ~。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b佐々木研太さんd小前賢吾さん

凄く楽しそうなg村山義光氏とd小前賢吾さん本日の【845】【845】のマスターの私物

[ 2007/09/21 06:49 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月19日(水)難波【YAKATA de Voce】にて『新三人姉妹ボーカル』のvo豊田久理子vo田中ゆうこvo長渕文恵のLIVE 

LIVEレポ・2007年9月19日(水)難波【YAKATA de Voce】にて『新三人姉妹ボーカル』のvo豊田久理子さんvo田中ゆうこさんvo長渕文恵さんのLIVEに行ってきました。
噂にはお聞きしていた「新三人娘ボーカル」の【YAKATA de Voce】でのLIVE。この3人さん。g村山義光氏を師事するボーカリスストです。3人共、存じておりましたが、最近、師匠、村山氏から離れてLIVE活動し始めていらっしゃいます。ここでのLIVEは既に数回されていたそうで、お店ではリラックスしたムードでリハをされていました。リハをされる光景は新鮮です。また、ここはマスターが演奏中にビデオ撮影して下さるのです。しかも3~4台ものカメラで。リモコンで操作され、いろんな角度から撮影し、直接DVDに録画されて、出演者にお渡しされているそうです。新3人娘は「凄く勉強になる」とおっしゃってました。
そんな3人の演奏を勤めるのはp生島大輔さんb坂口典右さんd河本肇さん。比較的シンプルに確実に演奏されるのをバックに3人が1人3曲ずつ、ジャズスタンダード曲を個性を全面に出して歌われていきます。村山義光氏のギター伴奏をバックに歌われる時とはまた違って聴こえます。前向きに、ご自分から変拍子でも挑戦して歌われているのが、そこいらのボーカリストとは違うように思います。
無事LIVEを終えられ、また次回もここでLIVEされるそうです。いつか「新3人娘ボーカル」が一人ずつになって、また別のハコでもLIVEされrことが近いように感じられました。楽しみが膨らみます。
・・・管理人ローリー。
p生島大輔さんb坂口典右さんd河本肇さんマスターがビデオ撮影してくれるのですvo豊田久理子さん

vo田中ゆうこさんvo長渕文恵さん【YAKATA de Voce】店内

[ 2007/09/20 07:50 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月17日(月・祝)20:00~中崎町【common cafe】にて村山義光・馬場孝喜ギターデュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月17日(月・祝)20:00~中崎町【common cafe】にて g村山義光氏 g馬場孝喜さんのギターデュオLIVEに行ってきました。
このLIVEに間に合うように僕、この日の昼間、日本橋まで新しいビデオカメラを買いに行ってたんです。でも家の事情で大遅刻していったんです。ビデオは日本橋からの帰り道のに【COMMON CAFE】に置き去りにしてきましてん。村山氏の「僕がいない間、ビデオ撮影お願いします!」ってメールをしてね。
僕にしては大遅刻でした。1セット目の半分が済んでました。PA係りの@茶碗さんがビデオのセットをしてくれていてバッチリでした。ありがとうございました。
新しいビデオカメラはSONYのんです。なんや38時間ハードディスクに録画出来るやつですわ。ホンマはパナソニックのSDカードで録画出来るヤツがよかったんですが、最近のビデオカメラはマイク端子がなくてね、音だけはスピーカーの近くに設置することが多いもんですから、絶対にマイク端子が必要だったんですわ。パナソニックの最近のはマイク端子がなくなっていた!しかし流石SONYは「音」を重視しているんかな?あったで~。
で、LIVEはというと、相変わらずお二人共、楽しそうに「二人だけの世界」でした。笑。ホンマ楽しそうなんですわ。そして誰と演奏するよりも。というくらい、ご自分達のギターに対する情熱を発散してはりました。馬場さんの表情が凄くいいですね。
たまに馬場さんのいないLIVE会場でお会いするお客様やミュージシャンから「馬場さんは村山さんのことが大好きみたいですわ。」とお聞きすることが」あります。ホンマに~?これは詳しく本人から、「村山氏のどこが好きか?」いつか聞きださねばならんですな。笑。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏g馬場孝喜さんg村山義光氏g馬場孝喜さんg馬場孝喜さんとお客様の木下良介さん

g村山義光氏g馬場孝喜さんg村山義光氏g馬場孝喜さんg村山義光氏g馬場孝喜さん

YouTube動画 SAMURAY guitarist 超絶ギタリスト村山義光&馬場孝喜duo演奏『Peace』
[ 2007/09/18 04:28 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月16日(日)和泉市【和泉の国ジャズストリート】にてg村山義光4ケ所 出演 

LIVEレポ・2007年9月16日(日)和泉市【和泉の国ジャズストリート】に行ってきました。
前日の天気予報は雨だったけど晴れてよかった!しかし暑かったです!

☆13:00~13:40【ルージュ○トマト】にて『KURIKIN』vo豊田久理子さんg金正大さん。
1発目はこのお二人。この組み合わせはフルでLIVEせれるのは、お初なんでしょうね。新鮮でした。久々に演奏を聴かせて頂いた金正大さん。豊田久理子さんが初スキャットを披露してくれました。
『KURIKIN』vo豊田久理子さんg金正大さんvo豊田久理子さん
g金正大さん会場【ルージュ○トマト】さん

☆14:00~14:40【和泉府中駅】にて『ぐあんぐー』vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん。
この会場へ車で移動して行きました。村山氏のボーカルの生徒さんを乗せて~。岩宮さんは僕が村山氏と初対面した2007年3月30日京都【ふら~っとほーむ】のLIVEで歌われていたボーカリストです。久々でしたけど相変わらず声量のある圧倒的な歌唱力をお持ちのパワフルなボーカリストでした。
『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん:『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん

『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さん『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん

☆16:00~16:40【辻川産業前】にて『北橋美輪子・村山義光デュオ』vo北橋美輪子さんg村山義光氏。
2年連続の出演。同じ場所。地元の北橋さん。応援しに来てくれた人々が来られていました。LIVEで盛り上がる度に、通りかかるお客様の足が止まる。気が付けば大勢のお客様。そして たくさんの大きな拍手で盛り上がりました。
vo北橋美輪子さんg村山義光氏vo北橋美輪子さんg村山義光氏

vo北橋美輪子さん【辻川産業前】 客席

☆17:00~17:40【エッテレム フィノン】にて『富田宗雪クインテッド』vo富田宗雪さんcl滝川雅弘さんb東ともみさんdテルシファー高阪さん。
よくLIVEに行かせて頂いている高阪さんのジャズスト。客席には高阪さんファミリーがおられました。奥さんは相変わらず若くてカワイイ!息子さん、娘さん、大っきくなっていた!高阪さんの髪の毛が・・・続く・・・
『富田宗雪クインテッド』cl滝川雅弘さんb東ともみさんdテルシファー高阪さんdテルシファー高阪さん『富田宗雪クインテッド』vo富田宗雪さんcl滝川雅弘さんb東ともみさんdテルシファー高阪さん

☆18:00~18:40【辻川産業前】にて『ムラキコ』vo竹内樹子さんg村山義光氏。
また戻ってまいりました。夕方になってええ感じのステージになりました。LIVE前の竹内さん。あまり緊張していなさそうに見えましたが。客席でテルシファー高阪サンファミリーと一緒に聴いていました。奥さんが竹内さんが頑張って楽しく歌われている姿を見て感心してはりました。久々の演奏する村山義光氏を見て凄く懐かしそうにしておられました。
LIVE前のvo竹内樹子さんとvo北橋美輪子さん『ムラキコ』vo竹内樹子さんg村山義光氏

vo竹内樹子さん客席から

☆19:00~19:40【エッテレム フィソン】にて『ぐあんぐー』vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん。
2回目のこのメンバーの演奏です。あ!岩宮さんがピアノを弾かれるではないですか。4本目の演奏の村山氏は疲れも見せず楽しそうに演奏してはります。ドラム金子さんはテルシファー高阪さんの師匠だそうです。
『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さんsax荒崎英一郎さんg村山義光氏b伊藤修ニさんd金子敏男さん『ぐあんぐー』 vo岩宮三和さんb伊藤修ニさん

『ぐあんぐー』 sax荒崎英一郎さんg村山義光氏d金子敏男さん『ぐあんぐー』 g村山義光氏

番外編・dテルシファー高阪さんg村山義光氏の7年振り?の再会。
村山氏、高阪さんのあまりにも久しぶりの対面にお二人共、声をあげていました。笑。奥様とも再会。みんなニコニコ~。
村山氏「高阪さん、ラーメンマンになっていた。笑!」
dテルシファー高阪さんg村山義光氏の再会dテルシファー高阪さんg村山義光氏の再会

dテルシファー高阪さんファミリーdテルシファー高阪さんg村山義光氏の再会

・・・管理人ローリー。
[ 2007/09/17 04:18 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・32007年9月15日(土)【Cross Road】にてvo大畑明子g村山義光LIVE 

LIVEレポ・2007年9月15日(土)東大阪市布施【Cross Road】にてvo大畑明子さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。
2~3ケ月に1度くらいのペースでこのデュオのLIVEはここで行なわれています。
客席にはvo大畑明子さんのボーカルの生徒さんや『ぴよぴよ会』のヘルパーさんもお越しになっています。お店に常連客のようなかたもいらっしゃいます。
村山義光氏はかなりの数のボーカリストとデュオLIVEをされていますが、このお二人のLIVEほど、ゆったりした時間を感じさせるLIVEはないかも。他のLIVEではかなりの割合で村山氏のギター伴奏は「超絶」を前に出しているように思います。過去には(と言っても1年前くらい)エフェクターもふんだんに使い、斬新な演奏をされていたように思いますが、最近はサウンドはシンプルになってきています。それでいて奥深いものになっていっている感じ。
大畑さんは僕の知る限り、いつも清楚な衣装で歌われています。ジャズボーカリストって結構色っぽい衣装で歌われている人がいたりしますよね。そんなLIVEに限って 年配の男性客の割合が高かったりする。たまに僕は「歌、ちゃんと聴いてはるんかな~?」「どこ見てんねやろ?」とか思うことがあります。そんなお客様に向かって歌っているボーカリストは歌い甲斐はあるのだろうか?とか思ったりします。そんな女性ボーカルが、例えばTシャツGパンとジャージで歌ってみたら客層が変わったりするのでしょうか?試してみたら、ボーカリストの「歌」だけの評価が分かって面白いやろうなって、勝手に想像してしまいます。
お店側も衣装指定してくるのもあるんでしょうね。まあ、村山義光氏は、ほとんど衣装指定のないハコで演奏してはりますが。あったとしてもなんか知らんけどスーツ姿は良い意味で色っぽくないですな。笑。ちなみに大畑明子さんも村山義光氏も同姓客が多いですわ。
次回のこのデュオLIVEは12月4日(金)20:00~東大阪市布施【Cross Road】にてです。
・・・管理人ローリー。
vo大畑明子さんg村山義光氏vo大畑明子さんg村山義光氏

vo大畑明子さんg村山義光氏【クロスロード】の店内vo大畑明子さんg村山義光氏

[ 2007/09/16 07:33 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月14日(金)西宮市【flowers】にてvo藤村麻紀g村山義光 b喜多健博LIVE  

LIVEレポ・2007年9月14日(金)西宮市【flowers】にてvo藤村麻紀さんg村山義光氏b喜多健博さんのLIVEに行ってきました。
久しぶりの【fowers】さん。お洒落で広くて高い天井。なかなか音が良いと評判。お料理も美味しいんです。
よく藤村麻紀さんと村山義光氏のデュオは聴きに行かせて頂いてますが、今回はベーシスト喜多健博さんとの3人の珍しい演奏が聴けるとのことで、予約をして行きました。少し遅刻してしまい、既にインスト村山義光氏作曲「風の唄」を喜多さんと村山氏が演奏していました。満席の客席には歌うスタンバイをしている藤村麻紀さん。大阪芸大生のベーシストも発見。麻紀さんのHPの管理人さんにも久しぶりにお会い出来ました。
藤村さんと喜多さんはよく【ロイヤルホース】で共演されているみたいですが、このような編成は初めてなのかな?お二人の楽しいMCに加え、それをニコニコ笑っていて、ほとんど無言の村山氏。笑。歌唱力バツグンの麻紀さんの歌声が広い会場に響き渡ります。2セット目もインスト村山義光オリジナル「PEACE」が喜多さんと村山氏で演奏されました。喜多さんが「PEACE」の説明をして頂きました。
喜多さん「第一次世界大戦と第二次世界大戦の演奏の違いを表現するのが難しかった~。」
麻紀さん「第二次世界大戦の方が化学的なんでしょう。」

村山義光氏が11月発売予定のvo藤村麻紀さんのセカンドアルバム(全曲ギターのみ伴奏)に全曲ギターで参加されています。
8月末日に奈良のスタジオでレコーディングされたそうです。もちろんギターはいつも使っているトラベルギターです。全曲そのギター1本だけの伴奏のアルバムとなっております。しかも打ち合わせ無し、一発撮り。すげ~!こんなアルバムは日本ではお初ではないですか?「フラ○ドプ△イド」もびっくり?比べるのは失礼かな。やっぱりJAZZは「仕込み無し」「即興」やね。
発売日などの詳細は後日掲載致します。レコ初ツアーとか楽しみですわ。
・・・管理人ローリー。
【flowers】店内vo藤村麻紀さんg村山義光氏b喜多健博さんvo藤村麻紀さん

g村山義光氏 b喜多健博さんデュオg村山義光氏【flowers】お客様

YouTube動画
vo藤村麻紀g村山義光Duo『Afro Blue』 No.1 前半
vo藤村麻紀g村山義光Duo『Afro Blue』 No.2 後半
[ 2007/09/15 01:30 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月13日(木)心斎橋【LIME CAY】にてvo小柳エリコg村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月13日(木)心斎橋【LIME CAY】にてvo小柳エリコさんg村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
このお店は9月15日で閉店となるそうです。その2日前の本日、このお二人のLIVEでありますが、お二人共、初登場なのです。カウンターのみの客席であります。僕が今まで行ってきた大阪のライブハウスの中で一番小さいかも。楽器はありません。PA機器、アンプ類もありません。村山義光氏所有のアンプBINGOを持ってきました。LIVEが始まっても扉は全開のままです。笑。ビル内全体に演奏が響き渡っていたはずです。誰か聴いてお店に入ってきてくれるかな~と思いながら聴いていました。
エリコさんと村山氏のライブを3回聴いて参りましたが、回を重ねる度に丁寧に歌われているように感じました。MCも少な目になっているような。っていうか長いMCは僕にとってはあまり必要なしやな。聴き手が「歌」「演奏」を聴いて自由に感じ取りたいから。たまに「こういう風に聴いて下さい。」なんて言われることがあるけれど、強制的先入観は、これから聴くには詳しい説明、長いMCは正直、必要ないと思っています。 後から演奏の説明を聞くと自分が実際に聴いていたイメージと一致していたりギャップがあったりを発見する方が面白いと思うから。第一、たくさん「歌」「演奏」を聴きたいし、「お話」はLIVE後に聞きたいのが本音であります。 
村山義光氏のインストのLIVEはほとんど、ほぼMCはありません。始めに曲目を告げるくらいですね。1セットをブッ通しメドレーで演奏されます。トイレに行きたくなったお客様は、ご自由に。1曲終わっても客席からの「お決まり」のような拍手はあまりないです。それぞれの楽器のソロ演奏が終わっても拍手がない時があります。お客様は聴き入り過ぎていて拍手すら忘れてしまっている。といった感じなのであります。拍手があってもそれは「思わず」拍手してしまった。というものです。演奏する側が聴き手側に「余計な気」を使ったりして、MCで楽しますことに重きをおくミュージシャンがいますが、「演奏」で勝負して下さい。と思います。その反対にお客様が、演奏する側に「拍手してあげなければ。」みたいなものも「余計な気」を使っていることになるのではないかと思います。「拍手」ってそんなものではないはず。思わず感極まって拍手するのが理想というか、ホンマものの拍手のよう気がします。 
こういった話は村山氏や他のミュージシャンと話題にのぼったりします。なるほどな~。せやんな~。
・・・管理人ローリー。
vo小柳エリコさんg村山義光氏vo小柳エリコさんvo小柳エリコさん

vo小柳エリコさんg村山義光氏vo小柳エリコさんとDVDにサインするg村山義光氏ご飯を食べるvo小柳エリコさんとg村山義光氏


YouTube動画 村山義光ギターソロ演奏動画『Rythm-A-Ning』
[ 2007/09/14 05:17 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月11日(火)長堀橋【PEACE BAR】にてvo寺本裕子g村山義光b佐々木研太d高野正明LIVE 

LIVEレポ・2007年9月11日(火)長堀橋【PEACE BAR】にて “JAZZ JAM JAIL”vo寺本裕子さん g村山義光氏 b佐々木研太さん d高野正明さんのLIVEに行ってきました。
本日、生憎、雨です。しかし、たくさんお客様が来て頂きました。寺本裕子さんの音楽仲間はもちろんのこと。同級生のお客様がいらして頂いてました。過去にギターをされていた女性が村山義光氏のトラベルギターを興味深く見ていらしてまして、実際に触って頂きました。思ったより重く、弾き辛そうでした。
高野さんは もう夏の過ぎていくこの頃、髪の毛を下ろして「モナリザ」化していらっしゃいます。佐々木さんは、相変わらず静かで、モノの見方が鋭いと思いました。人も動物も鋭くみてはる人やとつくづく感じました。
LIVE終了後、村山氏、佐々木さん、お客様でお越し頂いてた北橋美輪子さんと4人で軽く?食事をしにいきました。最近、村山氏に外国の人から英語でメッセージが届いたものを佐々木さんに簡単に訳して頂きました。佐々木さんは幼少の頃、アメリカに留学、ホームステイされていたこともあってサラサラっと簡単に説明して頂きました。すげ~!尊敬。と思ったら、村山氏もサラサラっと、その英語の文章を読みあげます。初めてお聞きしましたよ、村山氏の英会話。笑。
北橋さんは10月末からアメリカ・ニューヨークへ英語の勉強される予定だそうです。僕はというと英語全くダメですね~。汗。韓国語は挨拶程度ですわ。しかし、世界で日本のスポーツ選手が見直されてきている中、音楽の面でも日本勢、頑張って頂きたいですね。絶対、日本人って器用な人種なのだから、楽器なんか扱かわしたら、もっとたくさんの人がレベルの高いミュージシャンになる思うんですが、どうでしょう?
・・・管理人ローリー
g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さんvo寺本裕子さんvo寺本裕子さんg村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん

LIVE終了トラベルギターに興味をもって頂いたお客様と村山義光氏食事するg村山義光氏とb佐々木研太さんとvo北橋美輪子さん

[ 2007/09/12 05:29 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月9日(日)【common cafe】にてvo高橋亜希子g金井優貴デュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月9日(日)【common cafe】にてvo高橋亜希子さんg金井優貴さんのデュオLIVEに行ってきました。
【common cafe】出場3回目のvo高橋亜希子さんと初登場のg金井優貴さんのデュオです。ん?いつもPAをして頂いている@茶碗さんがおられません。用意されていたのはアンプのBINGOがありました。見た目は小さいけれど かなりのパワーがあるんですよね。村山義光氏がよく使っておられます。で、高橋さんの前2回のデュオのお相手はギタリストは村山義光氏だったのですが、今回は若干22歳のギタリスト金井優貴さんであります。
 
お二人は既に面識はあり、共演するの、はお初だそうです。お客様も来て頂けるか心配されていましたが、なんのなんの、8人ご来店頂きました。その中にはハイパーNAZOCHUさんの姿も。昨日【BACK STAGE】でお会い出来て、このお二人のライブに行くことをお話しさせて頂いてたんです。興味を持って頂いたみたいで、お越し頂いた時はビックリしたな~笑。もちろん このデュオはお初。ハイパーNAZOCHUさんのHPにもこのLIVEレポをアップして頂いてますのでご覧下さい。

初登場の金井さんは、始めかなり緊張しておられたようですが、先輩、高橋さんのお見事なMCのお陰で?相方の精神的フォローはライブ前から高橋さんの人柄で最良にもっていかれたみたいです。大事なことなんでしょうね。ご自分はというと自分自身、強くもって、勤めて明るくステージを盛り上げます。
金井さんとは、あまりお喋りが出来なかったんですが、ご自分の音楽、ギター、ステージに対する心得みたいのをお聞きしたかったですね。またの機会に楽しみにとっておこうっと。

途中、金井さんのギターソロもあり、2セットをこなしたお二人。まだまだ課題があるような発言されていた高橋さんは、またすぐに前向きな姿勢で音楽、演奏に挑まれるのでしょう。出来る限り僕も応援させて頂きたいです。
・・・管理人ローリー。
vo高橋亜希子さんg金井優貴さんvo高橋亜希子さんg金井優貴さんのギターソロ

vo高橋亜希子さんとカメラマンさん【common cafe】vo高橋亜希子さんとカメラマンのハイパーNAZOCHUさん

YouTUbe動画 村山義光ソロギター演奏『Bye Bye Blackbird 』
[ 2007/09/11 13:19 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月8日(土)天満・扇町【じゃず家】にてVo山嶋真由美CL坂井原正光G村山聡B渡辺春雄DRテルシファー高阪LIVE 

LIVEレポ・2007年9月8日(土)天満・扇町【じゃず家】にてVo山嶋真由美さんCL坂井原正光さんG村山聡さんB渡辺春雄さんDRテルシファー高阪さんLIVEに行ってきました。

僕、失礼なことに存知あげてなかったんです。初めてお聞きしました。ジャズギタリストで同じ姓の「村山」さん!珍しいです。なんか感動。常にニコニコ笑顔なのが村山義光氏と共通。きっとええ人なんや。
そして共演者4名全員、お久しぶりなのです。今回はb渡辺春雄さんのブッキングで実現したこのライブ。渡辺春雄(なべ)さんは今年のタケノコ堀依頼にお会いしたんかな。ベースがかなり腕を上げはったように思われますが。山嶋さんは丁度1年振りです。去年の【泉の国ジャズストリート】でg箕作元総さんとデュオで出演されていたのをお聴きした依頼です。いつも明るく、楽しい方です。CL坂井原さんは【ロイヤルハット】でよく出演されていて、何回か聴きに行かせて頂いてました。D高阪さんとこのLIVEでいろんなお話が出来てホンマに充実させて頂きました。音楽界、レベル、リズム等のお話。つきることがないですわ。
「リズムテンション」について少し教えて頂きました。一拍半とか、2拍3連とか5つどりとか半拍半とかいろいろあるようです。ドラムって本当に難しい。奥深い。リズムに関してだから もちろん他の楽器に言えますよね。ボーカリストもそう。裏づけがあるほどクオリテイ高い演奏が出来るだなとつくづく思いました。これに「芸術的」が加わると想像を絶する演奏となるのでしょうね。
「音楽的裏づけ」を聴き手も理解して聴くことが出来たら恐ろしく楽しいでしょうね。表面上の演奏だけで楽しむだけではなく、感性だけでなく頭で楽しむことが出来たらメチャクチャええでしょうね。「リズムテンションを体で感じれたら演奏の聴こえ方もちがいますよ。」と高阪さんに教えてもらいました。出来るんかな~汗。
そしてミュージシャン同士の補い合い方や、駆け引きを奥深く垣間見ることが出来るんでしょうね。

Dテルシファー高阪さんは今年9月16日【和泉の国ジャズストリート】にも出演されます。
  13時~場所1【ぞうさん公演】
  17時~場所3【エッテレム フィソン】
僕は聴きに行けないかも。残念。
・・・管理人ローリー。
まずはCL坂井原正光さんG村山聡さんB渡辺春雄さんDテルシファー高阪さんVo山嶋真由美さんCL坂井原正光さんB渡辺春雄さん

G村山聡さんDテルシファー高阪さんVo山嶋真由美さんCL坂井原正光さんG村山聡さんB渡辺春雄さんDテルシファー高阪さんDテルシファー高阪さん

YouTUbe動画 村山義光ソロギター演奏『I Concentrate On You』
[ 2007/09/09 15:20 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ番外編・2007年9月7日(金)宝塚市・逆瀬川【BACK STAGE】にてvo小柳エリコg村山義光デュオLIVE後 

LIVEレポ・2007年9月7日(金)宝塚市・逆瀬川【BACK STAGE】にてvo小柳エリコさんg村山義光氏のデュオLIVEの後、ファミレスにてプチ音楽講座となりました。
大盛況と言っていいほどのLIVEでありました。しかし、出演ミュージシャンはその日を満足して終わりません。またすぐに前進であります。
本日の反省会も含め、お二人とお食事を共にさせて頂ました。話題は本日の反省、音楽論だけではありません。音楽、演奏にいたるまでのいろんなものに対しての姿勢や精神面的な話題ものぼります。何を基準として、どこに視点を持つか。何のどこを見、聴くべきか。価値観など・・・。
音楽論の一つとしてリズムのプチ講座となりました。村山氏手書き即席のリズム譜を元にvo小柳エリコさんと村山講師は右手と左手でリズムをきざんでみます。
今度は「オール・オブ・ミー」歌いながらリズムをきざみます。
エリコさん「気持ち悪~い。」と思わずもらします。笑。ほんまや。
ただ、上手く聴こえるように歌うだけではなく、「裏づけ」をもって歌うのとはエライ違うようです。
こういった村山氏とボーカリストの方との光景を最近よく拝見いたします。ボ-カリストの方が興味を持ち、更にヤル気に満ちてきていらっしゃる表情にかわります。
次回は いつまた このような講座となるのでしょうね。
・・・管理人ローリー。
ファミレスで語り合うvo小柳エリコさんとg村山義光氏音楽講座を始めるg村山義光講師とvo小柳エリコさんg村山義光講師が即席で書いたルズム譜。

YouTube動画 村山義光ソロギター演奏動画『Speak Low』
[ 2007/09/09 15:05 ] ローリー日記 | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月7日(金)宝塚市・逆瀬川【BACK STAGE】にてvo小柳エリコg村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月7日(金)宝塚市・逆瀬川【BACK STAGE】にてvo小柳エリコさんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。
【BACK STAGE】は なんて綺麗でオシャレなお店なんでしょう。まだ新しいお店だそうです。オーナー・マスターはサックス奏者です。このお店で各楽器レッスンも行っています。そのギター講師である酒井広隆さんも本日のライブにお越し頂けるとのこと。酒井さんは以前、 2007年12月6日(水)京都【Room335】にて村山義光氏・馬場孝喜ギターデュオLIVE 同年11月28日(火)【common cafe】にて村山義光&馬場孝喜ギターデュオLIVEにもお越し頂いていて、セッションにも参加して頂いたギタリストです。なんとジャズギタリストだけれどフライングVのエレキギターでジャズを演奏される表面的なカテゴリーにとらわれないギタリストであります。しかも斬新で技術的にも人格的にも魅力的であり、凄く村山氏好みのギタリストであるそうです。本日のライブにお越し頂いた理由はご自分のギター教室でたまたま村山氏がライブするからではなく、村山氏のインストと 歌伴のギターはどう違うのか?という興味を持って聴きにいらしたそうです。「流石に歌伴での村山氏は、いつもの超絶、そしてマニアックなギターとは違うのだろう。」と予想して来られたそうすが、もちろんその予想を裏切る形の村山節のライブとなるのでした。そこに小柳エリコさんのボーカルときますから、濃いいライブですわ。今回でエリコさんと村山氏は2回目の共演となります。

店内は続々とお客様で満席状態となりました。エリコさんの魅力が人脈として現れています。村山氏のことを名前だけは知っていたというお客様もかなりおられたようです。これも小柳エリコさん効果?一体どのようなイメージを抱きながら村山義光氏のライブにお越し頂いたかお聞きする暇なくライブスタート。
この日はカメラマンさんがたくさんおられました。独自のHPでライブレポを添えてアップされています。「しろいひよこのジャズのすすめ」さんや「ハイパーNAZOCHU」さんがお越し頂いてました。お越し頂いた理由の一つに「村山氏の歌伴はボーカルが代わればどう演奏がかわるか?」とか。

エリコさんは思いっきり度というのでしょうか、潔いというのでしょうか、迷いなく、やらかしてくれるボーカリストですね。聴き手側も気持ちいいです。伴奏している村山氏の「共演していて おもしろいボーカリスト」の中の一人だそうです。いつもよりエリコさんのMCが少な目と どなたからかお聞きしましたが、それ程?村山氏との共演はかなり歌い甲斐をもって挑んでいらっしゃるのがこちらにも伝わってきて聴き応えがあります。

途中、村山氏のギターソロもありました。客席から実際に ため息が聞こえる程の反応が僕個人的に凄く嬉しかったですね。
持参していった村山義光ソロDVD(ライブ会場のみ販売)は、気転のきくエリコさんのお陰でたくさんのお客様にお買い上げ頂きました。本当にありがとうございました。

9月16日(木)も心斎橋【LIME CAY】でvo村山義光氏とg小柳エリコさんのデュオLIVEがあります。是非、お越し下さい。きっと素晴らしいLIVEですよ。

LIVE終了後、マスターが村山氏のベタ褒めのお言葉を頂戴いたしました。
「彼の演奏は素晴らしい。ビックリした。しかもカテゴライズしていなくていいですね。そして彼は優しい。凄く優しい。演奏を聴けばわかる。そして『愛』をたくさん受けてはる人ですね。しかも『真実の愛』ですよ。」
後から思ったんですが、村山氏はたくさんの人から『愛』を受けていると同時に、又は先か後がわかりませんが、村山氏自身もいろんな人に、たくさんの人に『愛』を放出しているから、人からも『愛』を受けて、あの演奏にあらわれているのではないかと思うのでした。しかも『真実の愛』ですよ。なんか『愛』『愛』と書いていたら、恥ずかしくなってまいりました。ではこの辺で・・・。
・・・管理人ローリー。
vo小柳エリコさんg村山義光氏vo小柳エリコさんg村山義光氏vo小柳エリコさんg村山義光氏

ステキなお店【BACK STAGE】満席の【BACK STAGE】でした【BACK STAGE】のマスターと語り合うg村山義光氏とvo小柳エリコさん

YouTube動画 村山義光ソロギター演奏動画『Bye Bye Blackbird 』
[ 2007/09/08 07:02 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(2)

LIVEレポ・2007年9月4日(火)中崎町【common cafe】にてg村山義光b時安吉宏d佐藤英宜LIVE 

LIVEレポ・2007年9月4日(火)中崎町【common cafe】にてg村山義光氏 b時安吉宏さんd佐藤英宜 さんのLIVEに行ってきました。
なんと、本日はお客様の数が少ない・・・。しかし、そんな情況でも出演ミュージシャンは演奏への姿勢、力の入れようは「死ぬ気」際々。又は「本気」「全力」モードであります。相変わらず聴き手が拍手するタイミングを忘れるくらい聴き入てしまうほどのエグい演奏であり、構成となっておりました。
この日、g村山義光氏に出会って間もない、ベースを勉強中の現役大学生の方が聴きに来られていました。始め、後ろの方に座っていらしたんですけど、このエグい演奏に相当、驚かれていました。かなりのカルチャーショック状態? LIVE後半はかぶりつき席で聴いておられました。
村山義光氏のボーカルデュオのLIVEは何回か聴いて来られたそうすが、
「このトリオの演奏の時の村山氏はあまり笑わないのですね。」というのが彼の第一声でした。
村山氏「ボーカルデュオの時とインストのこのような編成の時とは神経の使い方が違いますからね。」
エレキベースもウッドベースも勉強されている彼は、村山氏に本日の共演者ベーシスト時安吉宏さんを紹介され、彼は隣に座られ、少し緊張されているように見えました。

きっと僕がギターをもっと具体的に勉強していたら、もっと村山氏の演奏に驚き、口もきけない程、緊張してしまうんだろう。このブログだってやっているかどうか分からないところであります。「無知」というものはある意味「幸い」であり、恐ろしく「危険」なのかも知れません。いろんな事柄のおいてもそうなんでしょうね。

本日はお客様で懐かしい方が!ニューヨークで3ケ月滞在されていた佐藤英宜 さんのお弟子さんのが帰国されて師匠のLIVEに来られていたのです。なんだか、すっかりワイルドになられて。お話しさせて頂きましたが、ニューヨークと日本の音楽においての意識の違いを身をもって体験されてきたようです。

で、最近、なんだか体がムキムキの佐藤英宜 さん。お会いする度に筋肉質になられているように思います。筋トレされているのでしょうか?時安吉宏さんは8月22日に待望の長男さんが誕生されました。おめでとうございました。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b時安吉宏さんd佐藤英宜さんg村山義光氏b時安吉宏さん

d佐藤英宜さん楽譜?を書くg村山義光氏大阪芸大の学生ベーシストさんとb時安吉宏さんとg村山義光氏が語り合う

[ 2007/09/05 06:57 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ番外編・2007年9月1日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】にてvo青山奈穂子(なんしー)g村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ番外編・2007年9月1日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】にてvo青山奈穂子(なんしー)さんg村山義光デュオLIVE
1セット目2セット目が終了し、間もなく3セット目が始まりました。「村山義光氏に挑め~!セッション」です。笑。
本日のご自分のLIVEを終了させて急いでお越し下さったsax篠崎雅史さんと【グリニッチハウス】のオーナーの娘さん(ピアニスト)も来て下さいました。
画像のとおり、たくさんのミュージシャンと村山氏はセッションされました。小さいお店はなんて濃いい時間だったのでしょうか。
それぞれ、演奏された方々が次々に村山氏から先ほどのご自分の演奏にアドバイスを受けるのに列を作っているのが面白いですね。どこかの玉砕公演のようです
LIVE終了し、お片付けをし、ホっと一息。残って下さっていたsax篠崎雅史さんとお店の娘さんと村山氏はお酒を飲みながら語り合っていました。と思ったら、またお客様?どうやらオーナーさんの約八の友人の方々でした。その方々のリクエストで1曲3人で演奏されました。ちゃんとお客様からチップも頂きました。残業演奏でした。笑。お疲れ様でした。
・・・管理人ローリー。
大阪からわざわざお越し頂いたギタリストさんとg村山義光氏のギターデュオvo田口菜穂美さんとg村山義光氏 vo「おみえどん」さんとg村山義光氏
sax篠崎雅史さんとg村山義光氏最後の村山義光講師のアドバイスを聞くvo田中亜希さん【グリニッチハウス】のスタッフ(娘さん)のピアニストさんとsax篠崎雅史さんとg村山義光氏と残業セッション?

[ 2007/09/02 20:04 ] ライブレポ番外編 | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年9月1日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】にてvo青山奈穂子g村山義光デュオLIVE  

2007年9月1日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】にてvo青山奈穂子さんg村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
今回で3回目の【グリニッチハウス】でのLIVEです。1回目も2回目も昼間のLIVEをされていたミュージシャンやお客様が夜の村山氏達のLIVEも聴きに残っていて下さっていて、満席状態でした。しかし、本日の昼間のLIVEは青山さんのお友達ミュージシャンではないようでして、前回のような満席は期待してはダメかもね。と村山氏と話していたら、本日もたくさんの方々が聴きに来て下さっていました。しかも大阪からや、ご自分のLIVEを終わらせて急いでお越し下さったかたも!う~、嬉しいさをかみ締める村山義光氏と僕でありました。青山さんは課題を抱えた勉強中のボーカリストですが、人間的に凄く魅力のある人です。お客様の層を拝見していて分かります。旦那様もミュージシャンです。ピアニストなのです。この日も3セット目も設けセッションとなりました。初めてかな?【グリニッチハウス】のピアノの音を聴いたのは。
続く・・・
・・・管理人ローリー。
打ち合わせするvo青山奈穂子(なんしー)さんg村山義光氏vo青山奈穂子(なんしー)さんvo青山奈穂子(なんしー)さんg村山義光氏

g村山義光氏のギターソロなんしーさんのお客様は本当に良い人々vo青山奈穂子(なんしー)さんの旦那様はピアニストなのです

[ 2007/09/02 19:41 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

ローリー日記・2007年9月1日(土)京都でのひと時 

ローリー日記・2007年9月1日(土)京都でのひと時。
夏の京都へ行く時、僕は必ずと言っていいほど、宇治カキ氷を食べます。LIVE前に老舗有名店【辻利】に画像のとおりのカキ氷を食べました。村山義光氏も。奥が一番いろんなもんがトッピングされているカキ氷。手前がレモンが少し入った、あっさり味で美味しいはず!と注文したカキ氷。失敗しました。レモンはダメです。宇治(抹茶)のみでないと「宇治」ではなく別物の味ですわ。汗笑。
・・・管理人ローリー。
京都四条の商店街にあるお茶屋【辻利】のカキ氷カキ氷を食べるg村山義光氏カキ氷を食べるg村山義光氏

[ 2007/09/02 09:17 ] ローリー日記 | トラックバック(-) | CM(0)

LIVEレポ・2007年8月31日(金)長堀橋【PEACE BAR】にてvo藤村麻紀門下生 玉砕発表会  g村山義光  

LIVEレポ・2007年8月31日(金)長堀橋【PEACE BAR】にて『vo藤村麻紀 門下生 玉砕公演』に行ってきました。ホストギタリスト村山義光氏。出演者はvo藤村麻紀門下生5名はvo阪口利恵さん、voギボタカコさん(カタカナで失礼しました。)、vo辰巳誠治さん、vo田中千賀さんvo平田絵理さん。g村山義光門下生からvo高橋亜希子さん。
今回で3回目のこの玉砕公演。3回目の出演者もおられます。LIVE稼働されているボーカルの人。まだ稼働はされていないが、あらゆる場所へ歌いに勉強されているボーカルの人。一度、歌をあきらめるような挫折を経験されたボーカルの人。歌って勉強し始めて年数の違いも様々の出演メンバーです。
くじ引きで組み合わせを決め、いきなりボーカルデュオから始められたそうです。(僕、遅刻しまして1曲目を聴き逃してしまいました。) そしてボーカル1人3曲をg村山義光氏の超独りよがりな?ギター伴奏で歌われていくのです。経験年数関わらず、自分から村山氏に歌で仕掛けていく頼もしいボーカルもおられます。ちょっと選択ミスか?と思える場面もあったりでこれも聴いていて凄く面白い。又、自分の得意とするテンポで出だしたり、相手が別のテンポで変化させてきても、やっぱり自分の得意なテンポに戻したりしているような場面もあったりします。こういう時っていろんな引き出しを持ってるいるボーカリストって得?というか武器なのでしょうか。
なんしか、出演されるからには、自分からやらかさないと本人さん的にも聴き手的にも面白くないのではないかと思うのですがどうでしょう?

ボーカルデュオでは音程を保つというか頼りになる楽器がないので、更に面白いですね。無理して?ハモッてみたのがいけなかったのか?、パートナーの音程が狂い出したら、さあ大変!その狂ったパートナーの相手も正しい音程を保って歌い通せるか?反対に狂った相手の音程に合わせるのが無難なのか?これってどっちの方がいいのでしょうか?誰か教えて下さい。
アカペラとなると誰も頼れないですよね。自分だけで自分の音程を保つという、耳、音程感覚の正しい聴き手にはこれまた面白い代物です。どんどん狂った音程は自分では気が付かないものなのでしょうか?ご自分で音源を聴いてのお楽しみというところでしょうか。

3組6名の出演者のステージ終わり、しばらくたって、またセッションが始まるのです。次回の出場者や、予備軍、大阪芸大の現役学生さんも参加です。楽器を持参して挑む学生さんもあり。村山氏も思わず参加します。
村山義光氏の門下生として参加出演された高橋亜希子さんは初出演です。彼女は既に稼動中のジャズボーカリストです。vo辰巳誠治さんとのボーカルデュオでは、ハモリに使う音の選び方について藤村麻紀さんのアドバイスを受けるシーンもありでした。こういうのって出場することで無料レッスンを受けているという特典があります。ありがたいことですよね。
最後の最後に僕、藤村さんと高橋さんのボーカルデュオが聴きたくて、厚かましくリクエストさせて頂きました。高橋さん、「藤村さんデュオなんて~!」と恐れておりましたが、ステージに立てば腹をくくった?の姿勢で挑まれました。藤村さんも凄く楽しそう。流石、お互いを誘導したり、されたりが既に出演された組み合わせの中で一番スムーズでありました。(当然か。) 時にはお互い仕掛け合うのに思わず笑ってしまったり。聴いている側のお客様もかなり面白く聴き応えがあったのではないでしょうか。
次回、藤村麻紀先生にボーカルデュオを挑まれるほどのボーカルが出演、又は最後のセッションがあればチャレンジするボーカルがおられたら僕の楽しみが増えるんですけどね。

やはり3回目となると目まぐるしく実力を上げられてきたボーカルのかたもおられれば、どうしたんでしょう?と思われるかたもいました。僕の素人な耳でも肥えてくるのか?何かの勘違いなのでしょうか?

この日も演奏終了後の【PEACE BAR】は、出演門下生、お客様生徒の皆さんは、村山義光先生、藤村麻紀先生による音楽、演奏についての講義を朝まで受けていたのでした。本当にお疲れ様でした。遅くまでお店を提供してくれたマスターありがとうざいました。
次回は来月9月19日(水)ですよ~。
・・・管理人ローリー。
vo阪口利恵さんvoギボタカコさんのボーカルデュオvo高橋亜希子さんvo辰巳誠治さんのボーカルデュオvo田中千賀さんvo平田絵理さんのボーカルデュオ

大阪芸大の学生さんもセッション参加g村山義光氏の希望で大阪芸大の学生ピアニストさんもセッション最後にvo高橋亜希子さんvo藤村麻紀さんボーカルデュオ

YouTube動画
vo藤村麻紀g村山義光Duo演奏動画『Afro Blue』 No.1 前半
vo藤村麻紀g村山義光Duo演奏動画『Afro Blue』 No.2 後半
[ 2007/09/01 16:35 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

2007年9月ライブスケジュール 

★9月1日(土)19:30~京都【Greenwich House グリニッチハウス
open18:00 start19:30~
チャージ チップ制
vo青山奈穂子  g村山義光
営業時間 13:00~17:00 18:00~24:00(Lo.23:00)
京都市中京区新京極通四条上ル中之町577-5
電話▼075-212-5041




★9月3日(月)21:00~豊中【Bar CHET】
start 21:00~
Fee チップ制
vo藤村麻紀 g村山義光




★9月4日(火)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~ (2st)
チャージ 2500円 (1ドリンクオーダー要)
GrandJazzLive♪
g村山義光  b時安吉宏 d佐藤英宜
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★9月5日(水)21:00~豊中【Bar CHET】
start 21:00~
Fee チップ制
vo藤村麻紀 g村山義光




★9月7日(金)19:30~宝塚市・逆瀬川【BACK STAGE
vo小柳エリコ  g村山義光
start 19:30~
チャージ 1500円 
PM18:00~AM00:00  ラストオーダーPM23:00 
兵庫県宝塚市野上1-5-6
阪急今津線逆瀬川駅より徒歩2分、
調剤薬局の隣の黄色いテントのお店。
電話▼0797-74-0147




★9月11日(火)20:00~長堀橋【PEACE BAR
“JAZZ JAM JAIL”
チャージ 2500円 (500円ドリンク券付)
vo寺本裕子 g村山義光 b佐々木研太 d高野正明
大阪市中央区島之内1-18-16 長堀橋駅③出口東へ20秒
電話▼0662517701




★9月13日(木)21:00~心斎橋【LIME CAY
open 20:00~ start 21:00~
チャージ  1500円
vo小柳エリコ  g村山義光   
大阪市中央区心斎橋筋2丁目2番2号 日宝畳屋町プラス1 3F
地下鉄心斎橋駅を下車し、心斎橋筋商店街を難波方向へ。途中、ユニクロと不二家がありますのでそこを左に曲り、一つ目の十字路を右に曲った黄色いビルの3Fになります。
電話▼06-6211-9981




★9月14日(金)20:00~西宮市【flowers
open 19:00~ start 20:00~ (2st)
チャージ 2500円(飲食代別途) 入替なし ご予約をお勧めいたします。
vo藤村麻紀  g村山義光    b喜多健博
兵庫県西宮市南越木岩町6-12 リーストラクチャービル3F
(阪急甲陽園線苦楽園口駅 徒歩3分)
TEL.0798-70-5611




★9月15日(土)13:00~八尾【シュガーベイブ
open ??:00~ start ??:00~
チャージ 500円 (1ドリンク付)
朗読 『COSMOS』 勝矢敦子  郷田則江  横田礼子
ギター 村山義光 

1部 童話 エッセイ 詩
2部 芥川竜之介を読む 
  
大阪府八尾市北本町2丁目5-1 ラ・フォレステリア1階
近鉄大阪線八尾駅徒歩3分
電話▼0729951200  営業時間18:00~24:00

★9月15日(土)19:30~東大阪市布施【Cross Road
open 19:30~ LiveTime 20:00~22:30
チャージ 2000円(1ドリンクオーダー要)
大畑明子(vo) 村山義光(gt)
東大阪市荒川1-16-7
近鉄布施駅南東出口を出て左へ近鉄大阪線沿いに俊徳道方面へ徒歩8分
電話▼06-6736-8870




★9月16日(日)   ~和泉市【和泉の国ジャズストリート
すべてチップ制となっております。
vo北橋美輪子さんオリジナル地図
和泉ジャズスト地図・みわさん作


☆『ぐあんぐー』
 14:00~14:40【和泉府中駅】
 vo岩宮三和 sax荒崎英一郎 g村山義光 b伊藤修ニ

☆『北橋美輪子・村山義光デュオ』
 16:00~16:40【辻川産業前】
 vo北橋美輪子  g村山義光

☆『ムラキコ』
 18:00~18:40【辻川産業前】
 vo竹内樹子  g村山義光

☆『ぐあんぐー』
 19:00~19:40【エッテレム フィソン】
vo岩宮三和 sax荒崎英一郎 g村山義光 b伊藤修ニ


他ミュージシャンも主演されますのでご覧下さい。

☆『豊田久理子・金正大デュオ』
 13:00~13:40【ルージュ○トマト】
 vo豊田久理子  g金正大

☆『M-VOICE』
 17:40~【ルージュ○トマト】
 vo山下みさ子  g木下良介
   
☆『高原かな・武内薫央デュオ』
 18:00~18:40【コンポステラ
vo高原かな g武内薫央




★9月17日(月・祝)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~ (2st)
チャージ2000円?(1ドリンクオーダー要)
GrandJazzLive♪
g村山義光  g馬場孝喜
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★9月19日(水)19:30~長堀橋【PEACE BAR
『vo藤村麻紀 門下生 玉砕公演』
一般のお客様もご覧頂けます。
open18:30 start19:30~
チャージ 2500円 (500円ドリンク券付)
vo藤村麻紀門下生   g村山義光
大阪市中央区島之内1-18-16 長堀橋駅③出口東へ20秒
電話▼0662517701




★9月20日(木)19:30~難波【845
open 16:00~  start 19:30~(1ドリンクオーダー要)
チャージ 2000円
g村山義光  b佐々木研太  d 小前賢吾
大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビルB-1
新賑橋ビル B1 地下鉄「難波」駅 29番出口右へ10m  なんばwalk1番出口
電話▼06-6633-6288




★9月21日(金)20:00~難波【navel
open 19:00~ start 20:30~
チャージ 900円 (1ドリンクオーダー要)
「JA道ZZ!!ナイト☆」その他スペシャルレギュラーイベント
vo 高橋亜希子 g村山義光    
大阪市中央区千日前2-3-9 味園ビル2F
電話▼0666440665




★9月22日(土)19:30~西宮市【Corner Pocket
start  19:30~
チャージ 3000円(前売り)  3500円(当日)
vo藤村麻紀   g村山義光
西宮市甲風園1-12-15富永ビル2F
阪急西宮北口駅北西出口から北へ2分
電話▼0798-64-5402




★9月23日(日)19:30~萱島駅前【OTO屋
open??:00 start20:00~
チャージ 2000円 (1ドリンクオーダー要)
vo高橋亜希子 g村山義光
大阪府寝屋川市萱島本町5-21
商店街内 携帯用地図
電話▼072-811-0566




★9月24日(月・祝)19:30~十三【マダム&ムッシュ
open19:00 start20:00~ (2st)
チャージ 1500円 (飲食代別)
vo藤村麻紀   g村山義光
大阪府大阪市淀川区十三本町1-7-4 プラザパオ1階
阪急十三駅西口より梅田方面へ徒歩3分
電話▼06-6390-1449




★9月25日(火)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~ (2st)
チャージ 3000円 (1ドリンクオーダー要)
GrandJazzLive♪
vo小柳淳子  g村山義光  b佐々木研太  d小前賢吾
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★9月26日(水)21:00~豊中【Bar CHET】
start 21:00~
Fee チップ制
vo藤村麻紀   g村山義光



★9月27日(木)20:00~長堀橋【PEACE BAR
open19:00 start20:00~ (2st)
チャージ 2500円 (500円ドリンク券付)
g村山義光  b佐々木研太  d小前賢吾
大阪市中央区島之内1-18-16 長堀橋駅③出口東へ20秒
電話▼0662517701




★9月28日(金)19:30~北新地【Mr.Kelly's
open 17:30~ 1st 19:30~ 2st 21:15~
Fee  3000円
ライブ営業中はお1人様につき1ドリンク、1フード以上のオーダーをお願いします。
「SUPER DUO LIVE 」
vo藤村麻紀   g村山義光
大阪市北区曽根崎新地2-4-1サンガーデン堂島1F
電話◆06-6342-5821




★9月29日(土) 20:00~天満・扇町【じゃず家
open 17:00~  start 20:00~、21:00~、22:00~
チャージ 2500円 (1ドリンク・1フード付)
vo山下みさ子   g村山義光
JR環状線 天満駅  地下鉄堺筋線 扇町駅 より徒歩 約3分
電話▼06-6377-1130
[ 2007/09/01 01:37 ] 今後と過去のスケジュール詳細 | トラックバック(-) | コメント(-)