LIVEレポ★2010年1月30日(土)14:00~八尾【シュガーベイブ】 vo山下みさ子g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ★2010年1月30日(土)八尾【シュガーベイブ】 にてvo山下みさ子さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

久しぶりのこのデュオLIVE。めったに聴けなくなっかかもです。
ここ【シュガーベイブ】でのLIVEはKukiさんという方のプロデュースで行われているんです。もうかなりの回数になったのではないでしょうか。そもそも山下さんと村山さんが知り合って20年以上?ジャズばかり、長くやってこられた
のは、並大抵のことではないんでしょうね。ジャズって難しいので、途中で挫折してしまうとか、ジャンル変更とかしてもおかしくないんでしょうか?
僕が知り合えたジャズボーカルや、ジャズミュージシャンの方たちは、更に10年後はジャズやっておられるのかな。っていうか、僕は健康に生きているだろうか?ライブに聴きに行けてるだろうか?行けてるように今から体に気を付けておこう!
村山氏は、寝たきり爺さんになってないだろうか?ボケてないだろうか。。。今から心配だ~!

久しぶりのこのデュオのジャズのやり取りは、以前聴かせて頂いた時よりも聴こえ方が違って思えました。お二人がここ数年変わられたのか?僕の耳が変ったのか?
変わらないのはvo山下さんがチャーミングなままということです。
・・・管理人ローリー
vo山下みさ子さんg村山義光氏vo山下みさ子さんg村山義光氏vo山下みさ子さんg村山義光氏
vo山下みさ子さんg村山義光氏【シュガーベイブ】満席
スポンサーサイト
[ 2010/01/31 01:30 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月26日(火)中崎町【common cafe】 vo小柳淳子g村山義光 b権上康志GrandJazzLive♪  

LIVEレポ★2010年1月26日(火)中崎町【common cafe】にて vo小柳淳子さんgt村山義光氏b権上康志さんGrandJazzLive♪に行ってきました。

ドラムレスです。いろんな編成で成り立つのって、ジャズが多いのでしょうか?ロックとかポップスでもあるっちゃ~あるんでしょうけれど。
ドラムレスでも村山氏のギターを聴いているとドラムあるかのように充分、思わせる、感じさせる演奏をしてしまう。それに権上さんのベースとくれば安心して聴けます。
この少数編成の中でベースとボーカルのデュオ演奏もありました。
小柳さんは、結構未熟だと言われているベーシストとの共演も、淳子さんが持つ包容力と実力と度胸?で歌いあげる力があるようです。しかし権上さんとのデュオなので、かなりの出来上がり。

ちまたでは?ベースとボーカルのデュオというマニアックな編成でのライブが増えつつあるようです。ベースは かなりの音数とテクニックがなければ、寂し過ぎてライブはヘンテコリンになってしまうであろうと思われます。ボーカルは 他の楽器とは違う音数とリズム感ともちろん俊敏にベーシストとの意思伝達を持って挑まなければ、難しいだろうに。

この日、飛び入りボーカリストが二人。
田中ゆうこさんと村山氏はもう4年以上前から関わってきているようです。SATOKOさんと村山氏は最近知り合ったそうです。
突然の飛び入り可能なのもジャズならではなのでしょうね。選曲も演奏者全員がメモッているであろう曲を演奏する。少々メモっていなくても、サラっとコード進行等を即席で書き上げれば、即興で演奏し、よりよいものを作りあげる。聴き手専門の僕にしたら、ジャズミュージシャンは、まるで魔法の腕と頭脳を持った人達であります。素晴らしい!
僕みたいなのがジャズをする。というか、しようとすることは自虐的行為に近い。ジャズ演奏者を目指さなくてよかったと、僕は変な気持ちになるのでした。笑。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b権上康志さんvo小柳淳子さんg村お義光氏b権上康志さんvo小柳淳子さんb権上康志さん

飛び入りvo田中ゆうこさんb権上康志さん飛び入りvoSATOKOさんg村山義光氏b権上康志さんvo小柳淳子さんg村山義光氏





[ 2010/01/27 05:48 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

愛読させて頂いているピアニストのパク・ヨンセさんのブログ  

愛読させて頂いているピアニストのパク・ヨンセさんのブログ記事です。
音源もあります。歌っているのは高原かな さん。いろんな場所でお名前を拝見いたします。
・・・管理人ローリー。
ピアニストのパク・ヨンセさんとg村山義光講師


成人式に暴れる若者

尊敬するミュージシャン

高槻ジャズストリート

よく聴く会話

音源
[ 2010/01/26 15:17 ] 皆さんからの記事 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月24日(日)19:30~神戸・元町【BIG APPLE】g 村山義光ソロLIVE  

LIVEレポ★2010年1月24日(日)19:30~神戸・元町【BIG APPLE】にてg村山義光ソロギターLIVEに行ってきました。

【BIG APPLE】でソロライブをさせて頂くのは これで2回目です。ソロライブは終演者、村山氏だけなので、いろいろと気を使う部分もあり、違う部分で気合いも入るようです。
1セット目と2セット目を違ったコンセプトで演奏されました。

1セット目・・・村山氏オリジナル曲「チャイナ」を演奏。(約45分間通し演奏となる。)
2セット目・・・ジャズスタンダード曲、ロックナンバー等を斬新にアレンジで演奏。

この日、石川県在住のギタリストのお客様が聴きに来られていました。村山氏のYoutube動画をたまたま見て聴いたのが切っ掛けで聴きに来て頂いたのでした。恐るべしネット発信。恐るべし村山義光?

大阪からも、わざわざ聴きにお越し頂いたお客様、この日を去年夏から楽しみに来て頂いたお客様、みんなみんな有難うございました。

この模様はmixiフォトアルバムでご覧頂けます。

次回は、5月8日(土)19:30~【BIG APPLE】です。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏g村山義光氏g村山義光氏

g村山義光氏g村山義光氏お客様とg村山義光氏





[ 2010/01/25 04:21 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月24日(日)武庫之荘【千石寿司】 g村山義光 b深尾久徳   DUO! 

LIVEレポ★2010年1月24日(日)13:30~武庫之荘【千石寿司】にて g村山義光氏b深尾久徳さんデュオLIVEに行ってきました。
『ふきゃおぷろでゅーす』のライブです。チラシ配り、お店の飲食の準備、お運びまで、深尾さん手作りのライブ。今回は深尾さんのミュージシャン仲間のかたがたくさん聴きに来られていました。飛び入りもありました。ベテランミュージシャンと言っていいのでしょうか?の村山義光氏と20代のミュージシャンの共演は見て聴いてこんなに面白いものはありません。
ジャズは即興というものが欠かさない音楽であると思いますが、いわゆる弾き出しの数がものを言いますね。
練習が多いからと言って、本番で出せるかは、また別ものであるようです。場数(ステージ経験)はミュージシャンのあらゆる力となるのでしょうか。若い頃にステージの数をするのは、なかなか困難のようですが、村山氏も若い頃はかなり自分に投資をされてきたようです。10~20代にどれだけ音楽的貯金が出来ているかは、未来に恐ろしく影響するようです。

「人は、同じ速さで時間がながれている。その時間が過ぎていく中でどれだけするか。」
とある音楽家がおっしゃていました。

ちなみに村山氏は若い頃と変わらず、ギターを触り、音楽を見て聴いているようです。やることは、まだまだある。そうです。
・・・管理人ローリー。
【千石寿司】のにぎり寿司b深尾久徳さんg村山義光氏

b深尾久徳さんソロ演奏を聴くg村山義光氏飛び入りベーシストさんとg村山義光氏LIVE終演後
[ 2010/01/25 04:21 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月23日(土)中崎町【common cafe】 gt村山義光b鷲見和広デュオLIVE  

LIVEレポ★2010年1月23日(土)中崎町【common cafe】にて gt村山義光氏b鷲見和広さんGrandJazzLive♪に行ってきました。

たまたま【common cafe】に入って来られたエレキベースを弾くという青年2人組が聴きにおいで下さいました。
1セット目終演後、お話をさせて頂きました。

青年達 「凄いな~。ビックリしました。お二人はプロなんですか?アルバムとか出してはるんですか?」

ローリー「100円でも頂いてるかたがプロと言うならプロですね。笑。
     彼らは、ここでは、お客さんやお店側の好みの演奏をしているというものではなく、
     自分達がやりたい演奏をやってはります。お金は後からついてきたらええな。って感じみたいです。
     人のアルバムに伴奏で入ってはったりしはるんちゃうかな。(とってもいい加減)」

青年達 「何歳からベースやってたんですか?どれくらいで弾けるようになったんですか?
     僕、理論とかやっていたら頭が痛くなってくるんです。」

鷲見さん「22歳からです。2年くらいやって演奏出来るようになりました。
     理論を凄くやっていたからと言っていい演奏が出来るとは言えないと思います。
     演奏をいっぱいやって、後で理論的に あ!そういうことやったのか!
     って判るものやったりします。」

村山氏 「楽しくて楽しくて気がついたら夜明けまでベース弾いてました。でないとね。笑」

そんな会話をしていて、僕は英会話を思い出しました。会話をたくさんして英語をマスターされるかた。
人はたいてい、生まれてから、人の会話を聞いて、会話をして、文字文法は一番後に入るもの。
そう言えば、鷲見さんて、中国語が上手いんですよ。なんでか?これやったからからでしょうね。

鷲見さんも村山氏も、興味を持ったら、人一倍、夢中になり、つきつめていってしまうみたいです。なんでも器用にこなされることを他の人からお聞きします。

音楽だけではなく、日常の様々の事柄に、人よりも、面白みを感じる触覚がたくさん、しかも敏感に備わっているようです。もしかして、そういうことがあらゆることの重要な引き金だったりするのかも。


次回のこのデュオLIVEは。。。
★2月7日(日)20:00~中崎町【common cafe】
open 19:00~ start 20:00~
GrandJazzLive♪
ドリンクオーダー要。フード持ち込みOK。
gt村山義光     b鷲見和広 

・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b鷲見和広さんg村山義光氏b鷲見和広さん

g村山義光氏b鷲見和広さんg村山義光氏b鷲見和広さんg村山義光氏

b鷲見和広さんg村山義光氏b鷲見和広さん【common cafe】







[ 2010/01/24 02:38 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月19日(火)西九条駅前【マーシーオーガモン】にてvo田中千賀b鷲見和広デュオLIVE 

LIVEレポ★2010年1月19日(火)西九条駅前【マーシーオーガモン】にてvo田中千賀さんb鷲見和広さんのデュオLIVEに行ってきました。

毎回聴きに行かせて頂いてます。【マーシーオーガモン】での このデュオLIVE。
ボーカルとベースというのが珍しくて聴きに来られていたお客様もおられました。と思ったら 僕とちょっとしたお知り合いのかたでした。注目されているデュオということでしょうか。
歌の伴奏がベースだけというのですから、他の楽器よりも音数が少ないイメージの楽器です。しかしそのベースが鷲見さんですから、そんなイメージもぶっ飛ばします。
鷲見さんは、演奏中も いろんなところに反応します。敏感です。俊敏です。もちろん、どんなボーカルにも全力で注意をはらっている様子がうかがえます。そんな鷲見さんに摩擦におきる火花さえ感じる歌いっぷりの千賀さん。
鷲見さんと千賀さんの間には、演奏においては甘いものは一切感じられない「全力」が伝わってきます。
いわゆるお仕事演奏、営業演奏をされない鷲見さんと千賀さんを魅力的に僕は感じています。

このデュオLIVE。生で聴かれることを是非、お勧めいたします。
・・・管理人ローリー。
vo田中千賀さんb鷲見和広さんvo田中千賀さんb鷲見和広さん

vo田中千賀さんb鷲見和広さんvo田中千賀さんb鷲見和広さんvo田中千賀さんb鷲見和広さん




[ 2010/01/20 00:48 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

S40年代初期の義光くん(5才?)フィルム動画 

『僕ちゃん、むらやまよしみつ君』~vol.3

昭和40年代初期の義光くん(5才?)動画。フィルム撮影だとか。
幼い頃の村山義光くん。後ろまわり何回転も出来たんやで~ 笑。

一緒に映っているのは従兄妹と そのお父さん。
義光くんは小さい頃から運動神経がよかったみたい 。後ろまわり30回以上まわってたらしい。笑!
っていうか、チョロチョロ動き回ってしまうのは、今もずっと変わらず?笑。
従兄妹のお父さん撮影。途中、義光くん撮影。
昭和の大阪市西成の町。生まれ育ちました。
村山義光氏本人から映像提供。
[ 2010/01/18 02:50 ] 僕ちゃん、むらやまよしみつ君 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月16日(土)20:00~西九条駅前【マーシーオーガモン】 vo緒方光代g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ★2010年1月16日(土)20:00~西九条駅前【マーシーオーガモン】にて vo緒方光代さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

僕も村山氏も皆さんも楽しみにしている緒方さんのデュオLIVEです。寒い中、ようこそお越し頂きました。
昼間は村山氏のジャズワークショップ。そのままお店に居座り、デュオLIVE。毎月1日は【マーシーオーガモン】に住んでいます。笑。
ワークショップでの緊張感をほぐしてくれるこのLIVE。緒方さんのカラーのおかげであります。あまり耳にしない曲を歌って下さるので新鮮度満点。
村山氏自身、初見は苦手。と言っているので、よい機会?なのでしょうか。

ミュージシャンの皆さんは、一体何曲のメモリーをお持ちなのでしょうね。
村山氏は、インストのライブの時、曲目だけ決めて、全曲楽譜をたてずに、(共演者も)演奏をしている光景を拝見いたします。共演者がお互いメモリーしている曲を演奏しているわけですが、その時に出てくる、出す、演奏を楽しんでいるようです。ジャズならでは?いや、「ジャズ」と言うと人それれぞれ、とらえかたが違うので、即興演奏ですね。お互いメモリーしている曲が、やはりジャズのスタンダードナンバーが多いので、その曲を即興演奏することにやり甲斐というのか、楽しんでいるように感じますし、村山氏はそうみたいです。

さて、演奏経歴何年で何曲のメモリー曲があるか?音楽的裏付けを把握された上で、その曲をどれだけ自由に演奏するのか?
そのくらいメモリー出来ているほどになると、演奏への目的というか価値観も変わってきたり、別の技量も問われるものなのでしょうか。
疑問だらけのレポでした。???
・・・管理人ローリー。
vo緒方光代さんvo緒方光代さんg村山義光氏vo緒方光代さんg村山義光氏

vo緒方光代さんg村山義光氏【マーシーオーガモン】g村山義光氏と二番弟子さん





[ 2010/01/17 06:14 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月16日(土)14:30~西九条駅前【マーシーオーガモン】 『第16回g村山義光ジャズ・ワークショップ』   

LIVEレポ★2010年1月16日(土)14:30~西九条駅前【マーシーオーガモン】 にて
『第16回g村山義光ジャズ・ワークショップ』 
が行われました。

講師g村山義光  
受講者 ボーカル 1名 ギター3名。 (1人持ち時間35分)

最近、ギタリスト率が高くなって参りました。何故かしら?
ボーカルのかたが来られるまでの時間は、楽器奏者ならではの、会話が飛び交っていました。
コード進行のことはもちろんのこと、強弱のことや、テンポについて。。。
それぞれの指導内容をご自分のために皆さん、真剣に聴いておられました。

ボーカルのかた登場!歌伴ももちろん楽器奏者にとって難しく、学び甲斐満点の内容。
今回はいろんな色合いで歌い方を即興で。
朗読のように。。。とか、主旋律のメロディーをずらしながら。。。とか、強弱を変えて。。。とか。
伴奏が引っ掛けテンポ?のようにアプローチに 
歌い手も常にリズムを体で刻みながら歌う。

思わずリスナー側も、前のめりになるほど、聴いてしまう。
ご自分も歌い手の立場で受けている証拠。
思わず笑ってしまう場面が多々ありました。

誰もが凄く充実した時間を過ごされたワークショップでした。

この模様は、mixiフォトアルバムをご覧ください。

・・・管理人ローリー。
g村山義光講師と受講者ギター奏者g村山義光講師と受講者ギター奏者g村山義光講師と受講者ギター奏者




[ 2010/01/17 06:14 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月15日(金)中崎町【common cafe】 g村山義光b権上康志ds斎藤洋平GrandJazzLive♪   

LIVEレポ★2010年1月15日(金)中崎町【common cafe】にてg村山義光氏 b権上康志さんd斎藤洋平さんGrandJazzLive♪ に行ってきました。

今日は花の金曜日だ!で、お客様は。。。3人!笑汗。。。
そんなこと関係なしで、演奏は聴きごたえのあるライブを聴かせて頂きました。
斎藤さんのドラム、迫力があります。こんな表現しか出来ない僕は情けないですが、熱くなりました。
村山氏の演奏の途中に盛り込まれる、4拍3連のアプローチ?今、どこ演奏しているのか?僕なりに拍子をとって、捜し当て。演奏者の表情を拝見する楽しさ。演奏出来る立場なら、こんな面白いジェットコースター気分を味わえるのでしょうか?
結構いい年された少年の遊びに見えるこの光景。。。日本でこのような体験を出来るのは、数少ないのでしょうか?僕が知らないだけ?気が付いてないだけでしょうか。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏g村山義光氏b権上康志さんd斎藤洋平さんg村山義光氏b権上康志さんd斎藤洋平さん


[ 2010/01/16 03:34 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

愛読ブログ記事より 

すっかり愛読させて頂いているピアニスト パクヨンセさんのブログ
凄く目から鱗。。。ころころ。。。 記事です。
ピアニストのパク・ヨンセさんとg村山義光講師

グレン・ミラー物語

何がジャズか?

音楽は癒しか?


(ご本人から記事リンクの了解を得ております。)
・・・管理人ローリー。
[ 2010/01/16 01:00 ] 皆さんからの記事 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月9日(土)難波【ミュージッククラフト】 vo田中ゆうこg村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ★2010年1月9日(土)難波【ミュージッククラフト】にてvo田中ゆうこさんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

ミュージッククラフトに行くのは とても久しぶりです。
僕はお酒が弱く、飲めないので、よくカフェオーレを注文して飲むことがあります。
今夜は、ちょっと寒かったので、ホットオーレが飲みたくなって、コンビニで牛乳を買って行きました。
もしも お店に牛乳が置いてなかったらオーレは作れないからです。はい。【ミュージッククラフト】は今まで ほんとんど、牛乳があった日はなったのです。笑。
マスターは快くホットオーレを作ってくれました。ちゃんと料金は支払いましたよん。折角なので、ホットオーレをアホみたいに?4杯も飲みました。

さてさて、田中ゆうこさんと村山氏のデュオライブは前回の場所を変えて行われました。お店には、見知らぬお客様と男性2名のお客様。尋ねると、【common cafe】に村山氏のライブを聴きに来られたことがあったようです。その時は、2セット目の途中に帰られたので、あまりお気に召さなかったのかな?と思っていたのですが、ご自宅が遠いので、早く帰らざるを得なかったそうです。で、今夜は大丈夫!全部聴いてい頂けました。ありがとう!!!

ライブ中、彼らの視線が気になり、一人はギターに。一人はボーカルに。それぞれ興味の対象の違いに面白みを感じました。
また聴きに来てくれるかな。リピーターは演奏者にとってかなり嬉しい存在のようです。僕も嬉しい。

僕自身のことですが、村山氏のアプローチ?にボーカリストがどう応えるか?応えられているか?気が付いているか?
な~んてことを自分なりに聴くことが面白くて仕方ありません。もちろん大した耳ではないんですが。。。
その時に出てくる音で共演者同士のやり取りは本当に面白いですね。


◎ 好評につき、次回も このデュオライブが決定いたしました。
★3月5日(金)難波【ミュージシッククラフト】
vo田中イゆうこ g村山義光 デュオLIVE

・・・管理人ローリー。
vo田中ゆうこさんg村山義光氏vo田中ゆうこさんvo田中ゆうこさん

vo田中ゆうこさんg村山義光氏vo田中ゆうこさんg村山義光氏vo田中ゆうこさんg村山義光氏
[ 2010/01/10 06:27 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

003 ○超基礎リズムの話( 1拍と1拍半の音符の繰り返しパターン )○  

村山義光コミュレッスン 003
g村山義光氏
003 ○超基礎リズムの話( 1拍と1拍半の音符の繰り返しパターン )○

超基礎リズムの話( 1拍と1拍半の音符の繰り返しパターン )

今回は●現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム●で紹介させて頂きました3連の4つ取りと4拍3連の応用例と練習方法(いずれも私の考案したもの)を紹介させて頂こうと考えていましたが、それよりもっと大事な事、「しっかり確実な1音を出せるか?」をテーマに
村山師匠から学んだ「1拍と1拍半の音符の繰り返しパターン」を「超基礎リズムの話」として紹介します。

これも●現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム●同様に、感覚を身に付ける為に手で打ってみましょう。

右手のパターンだけ(4拍子で8分音符中心に)表記すると、以下のようになります。

【図1】
||: ■□ ■□ □■ □■ | □□ ■□ ■□ □■ | □■ □□ ■□ ■□ | □■ □■ □□ ■□ | ■□ □■ □■ □□ :||

図では5小節表記しています。

-------------------------------------------------------------------------

そこで、上記の図を1小節ずつバラしてみると、

【図2】
Pattern 1 | ■□ ■□ □■ □■ |
Pattern 2 | □□ ■□ ■□ □■ |
Pattern 3 | □■ □□ ■□ ■□ |
Pattern 4 | □■ □■ □□ ■□ |
Pattern 5 | ■□ □■ □■ □□ |

以上の5つのパターンに別れます。つまりこれらPattern1から5へ進む5つのパターンの連続という事になります。

-------------------------------------------------------------------------

口で言えば、(私なりにですが「■」は「タ」、「□」は「ン」そして「□□」の部分は「ッッ」で表記します。)

【図3】
Pattern 1 | タン タン ンタ ンタ |
Pattern 2 | ッッ タン タン ンタ |
Pattern 3 | ンタ ッッ タン タン |
Pattern 4 | ンタ ンタ ッッ タン |
Pattern 5 | タン ンタ ンタ ッッ |

こうなりますね。

-------------------------------------------------------------------------

このパターンを練習するにあたって、より確実な位置で明確に主張すべき音を出す為に一案として1小節毎、つまりPattern1であればそれだけを反復するのもいいかもしれません。


こうする事によって、より4分音符を感じながら正確に演奏位置を把握できる「きっかけ」につながるのではないでしょうか?


またついでに、気づいた事として【図3】で見てみれば「タ」(アクセント)が1小節内に4回入るのはPattern 1 だけで、あとは1小節内に3回しか入らないのも特徴の1つですね。

そして、何より大事なのは、【図2】を見ていただいても分かるように8分音符で考えれば1拍(4分音符1つ)の中に「■□」と「□■」と「□□」の3種類しかありません。

これはつまり、「ウラ拍」に強くなければ「1拍と1拍半の音符の繰り返しパターン 」を正確に演奏する事は出来ない!という結論に至ります!

またこれは当然「3連の4つ取りと4拍3連」にも全く同様です。



なので、今回はまず「4分音符のウラ拍」をしっかり把握する練習をオススメします。

これは私の「確実な4小節を演奏するコンセプト」の練習方法ですが、

私はMTR(多重録音の機械)を使用します。

そこで、

①2拍目と4拍目にクリック(メトロノーム)を鳴るように設定します。

②トラック1に同じ音程で4分音符をアタマ拍で、1-2-3-4-と4小節録音し、そのトラックをミュート(消音)します。

③続いてトラック2にウラ拍で4分音符を録音します。

作業は以上ですが、録音後トラック1と2を同時に再生して、8分音符がキレイに並んでいるかを確認します。

その後同じ位置でも4分音符をスタッカートに演奏したり、音階を追う、もしくはフレーズを当てはめるなど音程を変化させたり、ゆっくりすぎるくらいから限界速度までテンポを変化させながら「確実に気持ちいいリズム」を「別時間で演奏された1人デュオ」で完成させます!


極端にゆっくりテンポになれば、それをいかに細かい音符で感じられるか?速いテンポではいかにアタマの位置を把握し続けられるかが大事になります。

最後に余談ながら、フラットピックを使用してギターを演奏される方はオルタネイトピッキングがいいかもしれません。個人的な意見ですが、これはピッキングによる運動習慣の幅を広げる意図によるものです。


そしてもしどなたか「ウラ拍強化」の良い練習方法などを知っておられれば、どうか教えて下さい。 

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

【格言】
聞き手にとってトリッキーであっても、演奏者にとっては確信を持った「1音」でないといけない!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

ちなみにこのトピックに書いた内容は村山師匠から教えていただいた事ではなくて単なる私の研究レポートです。

でも●現代の~●の村山師匠の言葉や、師匠からよく聞く言葉にあるように「みんなリズムが甘すぎ、拍を守れていない」とすれば、この練習はイケてるかもしれません!

また暇作って3連4つ取りと4拍3連のレポートを書きますが、その他の内容(代理コードやそこから導き出すメロディーなど)も本気で楽しいです!ただ、楽譜をどう活字化するかといかに全ての楽器及びオタクなリスナーの方々に対応するかを思案中。


その他に基本素数として(3、5、7、11)があります。

このトピックではまだ3つ取り留まりですが、そういった目標を持ったらいかにウラ拍に対して強い確信を持つべきかを痛感します。

ウラ拍の把握や素数の把握に向けて何かいいアイデアはありますか?

私の今のテーマは「確信」にあるので、いかに簡単な事を反復しまくるかと、やや難しい事を小規模に録音し、確認しまくる事に精一杯になってます。

・・・Yab

村山義光コミュニティより
[ 2010/01/06 20:09 ] 村山義光コミュレッスン | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2010年1月5日(火)中崎町【common cafe】vo田中千賀 g村山義光GrandJazzLive♪  

LIVEレポ★2010年1月5日(火)中崎町【common cafe】にてvo田中千賀さんg村山義光氏GrandJazzLive♪に行ってきました。
月1本のペースでいろんなハコでこのデュオLIVEは行われていますね。
同じパートナーとコンスタンスのライブを続けていく重要性というか価値感というか新化性というのでしょうか、村山氏の過去の経験上、必ずクオリティアップにつながることを知っていて、これからも望んでいるようです。
僕も短い間に かなりの数の村山氏のライブを聴きに行かせて頂きましたが、それぞれの共演者と村山氏のライブが数を増すごとに ゆっくり進化される共演もあれば、ある日突然、急激に進化される共演ライブを体験させて頂いております。
同じ共演者と言っても いろんなミュージシャン、ボーカルとのライブを続けることも凄く意味があるようで、レベルが高い者同士のライブ共演だけが ミュージシャン自身の進化につながるだけではないようです。
皆さんもご存じのとおり、駆け出しのミュージシャンとの共演も、自分がどうにかしてライブをよりよいライブに最善を尽くすことも自分自身の進化につながる大事なことであるようです。

そもそも 音楽関係の世界だけの話ではなく、日常生活においての 人との関係もそうなのでしょうね。
相手が良い、悪いだけではない。自分にとっての相手のイメージというか印象、存在価値観は、自分というものを通して感じた相手なのだそうだ。素晴らしいボーカリストのかたが言うてはったんです。なるほど!
自分が発信しているオーラというか言動行動は ほぼ必ず相手に繁栄するもの。繁栄してしまうもの。
なんか感じのいい人は、周りもいい感じの人が集まっているように思います。そして、いい感じの人に対しては、いい感じの態度をとってしまうもの。イヤが態度を相手がとったなら、もしかして それは自分が発端。原因ではないか?と考えても、当たっていたりするもの。なんだかこの法則にあてはまっているように思います。

で、僕自身、自分自身に置き換えます。自分の周りには いい感じの人は多いですか?と。いい感じの人が周りにいるということは、自分自分も、その人といる時は いい感じの人になっているかもです。
文句ばっかり言うてる人は文句ばっかり言う人が集まっていたりする。ちなみに「文句」と「意見」は似ている。笑。
僕が思うポイントというか課題は、常に誰に対しても自分はいい感じに接しているか?であります。これが難しい!

千賀さんは、とてもいい感じの人が常に周りにおられる印象があります。きっと千賀さんが いい感じやからだ。
村山氏は、そんな千賀さんが大好きであります。
このデュオは きっと末永く続くような予感がします。っていうか続いて欲しいと願ってしまうのです。
・・・管理人ローリー。
vo田中千賀さんvo田中千賀さんg村山義光氏g村山義光氏

g村山義光氏と飛び入りb千北祐輔さんvo田中千賀さんg村山義光氏b千北祐輔さんg村山義光氏




[ 2010/01/06 05:30 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

若かれし頃の義光くん音源 

若かれし頃の義光くん音源が入っているMDです。
g村山義光氏演奏MDメニュー
義光くんの青春時代に演奏した音源を最近ご自身がMDに編集したものです。
Yabさんに近々CDに焼いて頂く予定です。もう焼いてくれてるかも?
で、何人かのかたは既に聴きましたね。ちょっと面白いです!これがホンマに15~18歳の演奏なんですか!って。凄過ぎた!笑。
たまにLIVE会場で流したりするかもです。お楽しみに~です。
・・・管理人ローリー。
[ 2010/01/05 23:34 ] ライブ音源・動画 | トラックバック(-) | コメント(-)

002 現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム(2)  

村山義光コミュレッスン 002
g村山義光氏
002 現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム(2)

■②4拍3連■  
 (4拍の中で3回均等に音符を並べる。 これは前項現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム(1)の3連の4つ取りとアクセントの位置は同じ。)

 ●4拍子の1小節内にて3連が4拍分、つまり

   (パターン1) || ■□□ ■□□ ■□□ ■□□ ||

    このように音符が12並んだ状態から均等に3つのアクセントを考えると

   (パターン2) || ■□□ □■□ □□■ □□□ ||
  
    となります。 *注意*(■=アクセント、 □=休符)

 ●要は3連の4つ取りが出来ないと4拍3連は出来ない!

 ●両手で ここでは左手で(パターン1) 、右手で(パターン2)を同時に叩いてみると、前項の3連の4つ取りと違う点は(□)を刻まず、休符にする事。

 ●これら(左右)のアクセントを混合して口で言うと、

    || タァン タタン タンタ タッ□ ||

     となります。

   注意すべきは4拍3連のアクセントがしっかり右手で叩かれている事です。


  蛇足ながら私は上記の4拍目の(タッ□)の(□)の部分に(ク)を入れてます。
  その理由は休符で拍を見失いたくないからです。

・・・Yab

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

『このエクスチェンジが自由自在に体に染み込んで、2+3=5とか3+2=5とか5-3=2になるとか、そんなんは4拍3連か3拍の4つ取りとか関係なしに、どっちからどうでも10円10枚が100円とか、50円2枚が100円とか関係なくて全てすぐ価値がわかってる!長さがわかってる!という価値が匂いがかぎわけられるようにする為には こればっかりをやったらいい!極力早いテンポで!

おのずとこういうのはRockになっていないといけない!そうでないとイカさない!でもデータとしてはそういうクールな状態で数学的にお勉強しましょう!みたいな感じやけど、実際音楽しようとしたらこれが躍動しないといけない!

更にこれで音階とコードのお遊びがつくのでそう簡単には出来ない!こういった事を「基本言語」として捉えておかないと僕(村山師匠)が日頃演奏しているような世界を理解する事は不可能!

問題は「偶数と奇数の組み合わせ」が要!(まず奇数として8分音符3つの)1拍半フレーズというのは3つフレーズ!

3つフレーズを4つリズムの中で 

  || ■□ □■ □□ ■□ | □■ □□ ■□ □■ | □□ ■□ □■ □□ ||

   (上記の図は8分音符で3小節を表記)

もしくは2つリズムの中で

  || ■□■ □■□ ||

   (3連符で表記、 これはいわゆる2拍3連)

とか、そういう二段構造くらいのヒネリがないとしない方がマシ!

これら(拍をしっかり把握した上で、二段構造でリズムを感じられるような状態)が基礎にならないといけない!でも実際演奏では難しい!そこでいかに世のプロフェッショナルがいいかげんかに気づき嘆かなくてはいけない!

これが基本になっていないといけないと話しているのにこれが出来ていない!こんな人はめちゃめちゃいっぱいいる!かの有名なあの人もそう!

つまり「リズムの構造」を知っておかなければいけない!

これらを超絶技巧で魅せてくれないと「びっくりした!」にはならない!

たくさんの音符を(譜面上)真っ黒に埋められる(細かい音符をしっかり感じている状態)けど、シンプルを選択する人はイケてる!でも音符を埋められないからアクセントの所だけを間引いて演奏している人はリズムが失速している!つまり(テンポが)狂っている!


「このアンサンブルは熱くはあるけど、録音した作品物としてはクオリティの低いアンサンブルやな!」となる!共演者がしっかりしたリズムを把握しているかどうかに優柔不断になってしまい、どこがアタマかわからなくなってパーンとアクセントを入れられない!そんな様子見の状態がいつまでも続いてしまい、確実でわかりやすい所を確証があるまで提示できない!この問題は(あなたが)確証が無い状態の時に確証のある事を提案する事が出来る人(リズムの集団迷子になったアンサンブルの事態を収拾出来る人)にならないといけない!

でもその時に「自分の立場なんかでは・・・確証のある事を提案するべきではない」とかいう姿勢は「言い逃れのいい材料」として謙虚を装う「逃げ」が働いてる状態。「あの・・・言うてる事間違えてたらオレのせいになるやん・・・」こんな事はその量は人それぞれながら誰しもある!

そういったアンサンブル上の問題点で「より高質なアンサンブルを楽しく知的にぶっ飛ぼうぜ!」ってなったジャズでHeavy Metalをぶっ飛ばせ的知的ジャズを遊ぶ!その時にそういった優柔不断や自信のなさや日頃の訓練の至らなさや、自分の許容範囲を超えた場合、色んなトラップがあって、そのトラップを踏むとみんないきなり弱くなる!

それには何が来ても、リズムが強力であろうと、テンポ 速度がめちゃめちゃ速かろうと強力に遅い、めちゃめちゃ緊張感があって音数が少ないとか色々な種類のアンサンブルにおいても「かかってこんかい!めっちゃ楽しいぜ!」と言えるくらいの「自信」を持っておくしかない!

それがあれば自信を持ってポーンと(これこそ説得力)いけるけど、やっぱり様子を伺う人々。

そのグループから抜け出さないといけない!!!!!』


・・・村山義光の指導コメントより


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

まとめ

拍をしっかり把握した上で、二段構造でリズムを感じられるようになる!

|| ■□□ □■□ □□■ □□□ ||

3連の4つ取り、4拍3連ともに上記のアクセントを基本に、基礎練習としては

3連の4つ取りの練習では図の□の部分を音で埋めて演奏し、

4拍3連の練習では図の■の部分だけを演奏する!

次回は「3連の4つ取り」と「4拍3連」の私なりの応用例と練習例を記載予定ですが、村山師匠の言葉はそこには登場しません。

でももしどなたかアドバイスもしくは、録音物などで、このアルバムのこの曲のこの部分などで「3連の4つ取り」や「4拍3連」を見事に使用されているアンサンブルの紹介などして頂ければ嬉しいです。

意識を高め、よりアンサンブルを楽しめるようになる為にがんばっていきましょう!

それと、村山師匠の言葉は( )内の私の補足を除き、一切の装飾や編集をしていませんので、かなりイケてる世界をじっくり堪能して下さい!ここから学ぶ事は広く深く、一生物の価値アリ!と私は思います!

・・・Yab

村山義光コミュニティより
[ 2010/01/02 23:11 ] 村山義光コミュレッスン | トラックバック(-) | コメント(-)

『道楽者と趣味人』 ・・・ぽむぽむさんより 

『道楽者と趣味人』

・・・アマチュアピアニストぽむぽむさんのあるコメント記事より


道楽者にはプロもアマも関係ありませんし、私もそうでありたいと願っています。
生活を気にせず、とことんのめり込めるのがお金持ちが多いというだけの話で、
私には《道楽者》は最上級の褒め言葉なんですよ。
そこまで好きになれるものがあるのは、幸せなことだから。
社会生活を大事にしたければ「趣味です」でいい訳で、
それは優先順位や個人の価値観の問題だから趣味が悪い訳では決してないと思います。
道楽は破滅への道でもあるし、
そこまで好きになれないなら無理して目指すべきでもないですよね。
(道楽に<頑張る>や<努力>は不要です)
ただ村山氏も含めた素晴らしい芸術家や、人間国宝、
またはノーベル賞受賞者などは、《好きでやった結果》の人が多いはずで、
私からしたら彼らは皆、素晴らしき道楽者なのです。


道楽で身を滅ぼす可能性はあるけれども、趣味で身は滅ぼさない。

何かを楽しむ為に他の生活をコントロール出来るのであれば、
それはどれだけ好きでも道楽ではなく趣味なのだと解釈していますが、
趣味から仕事になった人も居るから、優劣をつけれる問題ではないし、
結局のところ個人の性格に起因するところが多いのではないでしょうか?

ただ私にとっての道楽とは、全てを犠牲にしてもその道を楽しみ抜くことで、
間違っても【それでヒトヤマ当てよう】だとか【周りに迷惑をかけずに出来る範囲で】
だなんて考えもしない、または考えても我慢がきかないことだと思っています。
(それでお金を稼げるかどうかは結果論でなければいけません)

昔どこかのゲイノウジンの奥さんが、サルサダンスにはまりすぎて、
離婚してキューバに移住した話があったけれど、そういうレベルが道楽だと思います。

自分の出来る範囲で最大限の努力をして楽しむ趣味の方が、絶対に賢いですが、
コントロールのメーターが振り切れた時が道楽者への第一歩なんだと思います。

だから道楽者への道は遠く長く、孤立してしまう可能性も果てしなく高い。

個人的な観点ですが道楽者と趣味人の1番の違いは退廃か否か、だけだと思います。
だからお酒やギャンブルで身を滅ぼすタイプの人も道楽者と呼ばれます。
芸術や文化の話に戻れば、
作品の完成度については、趣味人と道楽者のどちらが劣ることはないと思います。
なぜなら画家の話になって恐縮ですが、家庭があり地位も名誉も財産も守りながら、
世俗的趣味も堪能したピカソやダリの様に素晴らしい作品を残した人も居るからです。
ただ生活を全て投げうった方が、世俗離れしてる分だけ、
芸術家としての成功は、統計的にはどうしても高くなると思いますし、
実際に家庭を守りつつ、財産まで残した芸術家は圧倒的に少ないです。
私は選びたくなくてもデカダン(退廃)的にしか生きれないタイプの人間です。
だからせめて道楽的に粋に生きたいと思うので書きました。
ただ迷いはいつもあるので、村山氏みたいに迷いなく(仮にあっても外に出さない様に)
生きてる道楽者を見ては、心底「ああなりたい」と思う次第でございます。

道楽者は《者》で、趣味人は《人》ですから、そういう観点からも
《人》として生きていけるので、趣味人は美しくも賢い選択だと思います。
《者》は、ならず者や馬鹿者などネガティブな言葉が多いですから。


・・・アマチュアピアニストぽむぽむさんのあるコメント記事より

ホットケーキ

ぽむぽむさんご本人の了解を得て、あるコメントから抜粋して掲載させて頂きました。

僕は今まで「道楽者」とは、お金持ち限定の世界のものだと思っておりました。
そう思われているのは、僕だけではないと思われますし、善悪関係ないこと。
「道楽=趣味」も一般的解釈というとも ぽむぽむさんもご承知のこと。

道楽なことを出来てしまっているかたがお金持ちのかたが多いのが結果論だけであって、
なかなか金銭面的に裕福でないかたが「道楽」をやっているかたが少ない現状であろうという理由で
お金持ち限定のイメージがあっても当然のようでもある。

僕が思うに、本人が「はい!道楽者です!」とか「趣味です。」とか思うのは個人の自由だと思います。
ちなみに僕は、未だに親スネかじり状態でライブに行ってる「この道楽者!」の道楽者です。
人に聞かれたら堂々と「道楽者です。なにか?」と答えます。笑。

僕的にも村山義光氏は、ぽむぽむさんのおっしゃるとおり「素晴らしき道楽者」に思います。そして素晴らしい「芸術家」であると。
で、村山氏本人自身は どっからどう見ても楽しんで音楽をしていらっしゃるように拝見いたします。
いや?人生そのものが楽しんで送っているように見える。
どう見ても、どう考えても 村山氏は金銭面的に「楽」ではないのに、
人が羨ましく、人に妬まれるほど「楽しんで」いらっしゃるように見えます。確かに楽しんでいはる。

でも村山義光氏の芸術性は、かなり音楽にのめり込み、身体的にも精神的にも
ある意味、自分をストイックに追い込まなければ、今の音楽芸術にはなっていないだろうと思って仕方ないんです。
そんな見えない影の部分を外に出さずして常に自分の道を楽しんでいる。楽しもうとしているのか?
これは音楽に関してだけではありません。日常生活においても垣間見ることが出来ます。
例えば熱が40度あっても、ことが終わるまで皆の前では、
体調が悪いことなど1ミリたりとも見せないで、その場を常に楽しい空気にさせてくれていることがあります。
人に気を使う行動言動から、村山義光氏は、そんな人でありながら
(これは僕や、僕の周り、村山氏の周りの人たちの目撃による解釈)
あるがゆえ?音楽という道楽人生を文字どおり楽しむことが出来ているのだろうか?とも思えます。

当の本人は「道楽者」とか「芸術家」とか「音楽家」とかのカテゴリーに全く意識ゼロなところが実に面白いです。
その価値観にふりまわされていないくらい音楽に没頭している村山義光氏。
(Hビデオを見ることが一番好きみたいですが。。。)
ぽむぽむさんや僕も含めたいわゆる村山氏の音楽が好きなお客様は、
村山義光氏の音楽を支持して下さっている理由の一つがそんなところにもあるようです。
人の性格とか、「芸術家」とか「音楽家」の肩書きやカテゴリー分けは、
本人自身が判断するものではなく第三者が自由に判断するものでもあることでしょうから。

ぽむぽむさんの記事により、人生の楽しみ方と、村山義光という芸術家を改めて発見したような感動を頂きました。
ぽむぽむさん、ありがとうございます。

・・・管理人ローリー。
[ 2010/01/01 19:14 ] 皆さんからの記事 | トラックバック(-) | コメント(-)

001 現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム(1) 

皆さま。2010年あけましておめでとうございます!
g村山義光氏

突然ではありますが、今後村山義光コミュニティにて、私が村山師匠から直接ご指導頂いた内容、

技術論とその練習方法及びその必要性の理由と応用。
知識論とその練習方法及びその必要性の理由と応用。

に的を絞ってお伝えさせていただきます。

これはトピック●フレーズのセンテンス●と同様のコンセプトながら、1つのトピックに限定した内容を1つ紹介させて頂く予定です。
基本的に全て村山師匠から直接ご指導頂いた言葉の中から要点を絞ってお伝えさせて頂きます。
また、これらは俗に教科書的な見解からは順不同になるはずですが、有志の皆さん是非ご注目お願いします。

・・・Yab




村山義光コミュレッスン 001
g村山義光氏

001 現代のBe-Bopにおいて最低限必要なリズム(1)

目的 = 演奏する曲の中で、自分の位置をはっきり、より細かく認識し、自由度を高める為の基礎知識を確認する。

■①3連の4つ取り■  
 (3連符上で4つの音符のメロディーを用いる事。)


 ●簡単に
  -3-   -3-    -3-    -3-
|| ドレミ ファドレ ミファド レミファ ||
     
         と口ずさむ事から慣らしてみましょう。


 ●机を左右の手で叩きながら上記のように口ずさんで感覚を掴んでみましょう。
   また、足を2拍目アタマと4拍目アタマに踏んでみましょう。

  (例)
   a)まず普通に3連で、
-3-   -3-  -3-   -3- 
|| ドレミ ドレミ ドレミ ドレミ ||
  右左右 右左右 右左右 右左右
    足       足

     *注意*
     ここでは「ドレミ」の「ド」の部分にアクセント(強くたたくなどして強調)を置き、
      続く「レ」と「ミ」では、それぞれ均一の強さで「ド」の時と比べて極端に弱くたたきましょう。



   b) 上記の3連の手法にて、口ずさむ音名とアクセントを「4つ取りフレーズ」にすると




  -3-   -3-    -3-    -3- 
|| ドレミ ファドレ ミファド レミファ ||
  右左右 右左右 右左右 右左右
     足       足

     *注意*
     ここでも同様に「ドレミファ」の「ド」の部分にアクセント(強くたたくなどして強調)を置き、
      続く「レ」と「ミ」と「ファ」では、それぞれ均一の強さで「ド」の時と比べて極端に弱くたたきましょう。



 ★ 実際村山師匠はアクセントとアクセント以外のアタック(力のバランス)を2つだけと仮定した場合 10 対 2 くらいで「演奏」(ここ重要!)されていました。


 ★ 上記のシンプルな内容で しっかりグルーブを出せる事が演奏上での「説得力」に大きくつながります!

@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

『極端な話ながら、
(自分が日頃演奏になじまない楽器や手段にて、)例えばピアノで3分間フリーソロ、ウッドベースで、ドラムでフリーソロ演奏をして下さいと依頼されるなんて事になったりして、「え・・・そんなんやった事ないんですけど・・・」となるところでもイケる!(それが出来る人というのはリズムの根本と展開の遊び方をわかっている!)

例えばピアノでカーンと2つ(の音が重なる)不協(和音)で弾いたら、次に下(低音)でバーン。手がピッと黒鍵になった(当たった)から黒   鍵  ばっ  か り 弾いてるうちに だんだん速くなってきた気持ちになって上(の音階)まで行くと思いっ
            きり 下の方(音階)でブーンと弾いて   全く無音にしてしまったり、  こういうのの連鎖で3分くらい持たせてチャンネルをひねられないフリーソロをしましょう!  ドラム(上記のように机を叩く)のも一緒です。


(実際演奏において)
3連で 1拍  2拍  3拍  4拍 が
    カッ カッ カッ カッ と聞こえてくるように(演奏しましょう)!

立体的に聞こえてこないといけない! 自分で伴奏しながら同時に自分がフロントを演奏している状態を体現する! 』

・・・村山義光の指導コメントより


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

前述の村山師匠の言葉は徹底的にその意味を考えてみて下さい!

まず簡単に
「いかなる偶発的な音も、それをきっかけ(発端)にして魅力的な音楽世界に昇華させるという意志及び、常日頃の意識の持ち方に触れる」

それは村山師匠のテーマである
「音楽において最も大事なのは道徳、きちんと挨拶することからはじまる。」

この「挨拶」の仕方と基本姿勢を表し、かのパンツ論ほか、全てにつながる名言だと私は誤解じゃなくて認識してます。

コメント1の文中の( )内の私の補足以外は全て完全に村山師匠の言葉そのままなので、ここから学ぶべき事を発見してみて下さい。

・・・Yab

村山義光コミュニティより
[ 2010/01/01 09:18 ] 村山義光コミュレッスン | トラックバック(-) | コメント(-)

2010年1月ライブスケジュール 

★1月5日(火)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~
GrandJazzLive♪
ドリンクオーダー要。フード持ち込みOK。
vo田中千賀   g村山義光       
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★1月9日(土)19:30~難波【ミュージッククラフト
start 19:30~
チャージ料 2000円 (1ドリンク付) 
vo田中ゆうこ   g村山義光
大阪市中央区難波千日前6-5 音楽ビル2F
電話▼0643962027
地図
最寄り駅「南海なんば」
行き方  なんばCITY北館と南館の間の通りを東へ日本橋筋ちょい手前進行方向左側に楽器屋(テイクオフ) その隣りにドトールコーヒーが1階に入っているそのビルの2階




★1月15日(金)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~
GrandJazzLive♪
ドリンクオーダー要。フード持ち込みOK。
gt村山義光     b権上康志   ds斎藤洋平  
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★1月16日(土)14:30~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン
open  11:30~  集合14:00 start 14:30~18:30
『第16回g村山義光ジャズ・ワークショップ』 

講師g村山義光  
受講者募集 ドラム以外の楽器奏者とボーカル 定員5名。 (1人持ち時間30分。楽譜持参)
♪ピアノあります。ギター、管楽器も歓迎。
メール murayaman@hotmail.co.jp (寺西)にて予約受付中。
基本的に定員5名。予約定員に達し次第 受付終了

参加受講者  受講料 3,500円 (カレーセット・ドリンク付 珈琲orチャイ) 
勝手でありますが、キャンセルの場合、キャンセル料金を頂いておりますので 
ご了承下さいますようお願いいたします。


一般観覧者  チャージ 500円+ドリンクオーダー要   予約不要

大阪市此花区西九条3丁目14−2   シャルム西九条1階
車・・・「西九条」交差点東へ100m。地図
スーパー「ライフ」有料駐車場有。(地上青空部分24時間)
電車・・・阪神なんば線・西九条駅 又は 
JR大阪環状線・西九条駅から100m。
電話▼090-4561-8885(マスター岡本)   
ドリンク350円~、おつまみ300円~、カレー700円~




★1月16日(土)20:00~西九条駅前【マーシーオーガモン
open  11:00~ start 20:00~22:00
チャージ 1000円
vo緒方光代   g村山義光  
大阪市此花区西九条3丁目14−2   シャルム西九条1階
車・・・西九条」交差点東へ100m。地図
スーパー「ライフ」有料駐車場有。(地上青空部分24時間)
電車・・・阪神なんば線・西九条駅 又は 
JR大阪環状線・西九条駅から100m。
電話▼090-4561-8885(マスター岡本)   
ドリンク350円~、カレー700円~ 




★1月23日(土)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~
GrandJazzLive♪
ドリンクオーダー要。フード持ち込みOK。
gt村山義光     b鷲見和広 
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★1月24日(日)13:30~武庫之荘【千石寿司
open  13:00~ start  13:30~ 
料金 3000円(お寿司+1ドリンク付) 予約制 
ご予約は、各ミュージシャン、お店まで。(キャンセルは3日前まで)  
g村山義光 b深尾久徳   DUO!     
尼崎市南武庫之荘1-20-8
電話▼0664365188
阪急神戸線 武庫之荘駅南出口より西へ約100m。駅から徒歩2分




お待たせ!村山義光ソロLIVE
★1月24日(日)19:30~神戸・元町【BIG APPLE
open  18:30~ start 19:30~ close 00:00
チャージ     2000円 (事前予約)   2300円(当日)
g村山義光 solo 
事前予約  メール big-apple@i.bekkoame.ne.jp か電話 078-251-7049 にて。
神戸市中央区山本通3丁目14-14ト-アハイツB-1
☆ 三宮駅・元町駅~
トアロードという道がみつかったら、勝ったも同然です。
まっすぐ北に上がってきてください。三ノ宮、元町駅からだと約13~15分ぐらいです。
電話▼078-251-7049  




★1月26日(火)20:00~中崎町【common cafe
open 19:00~ start 20:00~
ドリンクオーダー要。フード持ち込みOK。
GrandJazzLive♪
vo小柳淳子   gt村山義光     b権上康志     
大阪市北区中崎西1-1-6 吉村ビルB1F
電話▼0663711800




★1月30日(土)14:00~八尾【シュガーベイブ
open 13:30~ start 14:00~
チャージ 2000 円 (1ドリンク付)
vo山下みさ子  g村山義光 
大阪府八尾市北本町2丁目5-1 ラ・フォレステリア1階
近鉄大阪線八尾駅徒歩3分
電話▼0729951200  営業時間18:00~24:00




★1月31日(日)17:00~20:00大阪・本町駅前【Sin】
『ボーカルセッション』
ホストg村山義光    vo山下みさ子
open 16:30~ start 17:00~20:00  時間変更になりました。ご注意下さい。  
チャージ 2000円(1ドリンク付)  追加ドリンク 500円 
参加者も聴くのみの一般のお客様も同額

ご自分のキーの譜面を要持参。 一人2曲。 
注!遅くの来場のかたは、もしかして1曲になることがあります。

◎セッション終了後【Sin】にて会費2000円(ドリンク別オーダー)で会食(自由参加)
地下鉄四つ橋線 本町駅24番出口すぐ
電話▼06-6110-8838
[ 2010/01/01 00:46 ] 今後と過去のスケジュール詳細 | トラックバック(-) | コメント(-)