LIVEレポ★2013年5月29日(水)西九条駅前【マーシーオーガモン】 vo播摩有紀 g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ★2013年5月29日(水)西九条駅前【マーシーオーガモン
vo播摩有紀さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

vo播摩有紀さんg村山義光氏

数日前に決定したライブで平日にも関わらず、お店はほぼ満席です。
播摩さんのお客様は勿論の事、マーシーオーガモンの常連様も沢山来られていました!

きっと、マスターの魅力がそうさせるのです☆彡

という下りで、今回はライブレポというより、マーシーオーガモンのマスターについて触れてみたいと思いますが、ご了承下さい。
播摩さん、村山さん、ゴメンナサイm(__)m

マスターは自分の存在を、ほぼ消しておられ、所謂、暑苦しさが無く、謙虚な感じで、人の話に耳を穏やかに傾ける、っというような方なので、人を引き寄せているのだと思います。

vo播摩有紀さん

バーのマスターなら、そんなタイプの人がいいのかも知れない。(私はお酒が飲めないので、酒場とかバーとかに行かないので知らないのですが...) 

他の世界でもそうかも知れませんね。自分を主張する人はある意味、魅力的かも知れないけれど、分不相応や独り善がりな話を繰り出す人は御免であります。笑。
例えば、演奏経験がないのに、演奏者に上から話している人とか、時々拝見しますが、アドバイスなんぞをしちゃったりしていて、大丈夫なのか?そんな事していたら嫌われちゃうぞ~もしくは逮捕なのだ(≧▽≦)

vo播摩有紀さんg村山義光氏

マスターは元ベーシストですが、そういう経緯を演奏者に言った場面を見た事がありません(勿論お客様にも)、当然なのかも知れませんが、ウンチクを言いたいマスターは、他にもいらっしゃるので、もしかしてマーシーオーガモンのマスターのような人が珍しかったりして...

例外が有りますが、相手が訊いてもないのに、アドバイスするとか、更に説教とかも勃発となると、往々にして、お見苦しいもんですね~(+。+)アチャー。

まずは人の話を聴く。聴き上手な人は好かれているはずだ。
客観的には分かっているんだかな~私も気を付けるぞ~m(__)m

これってジャズアンサンブルにも言える事なのかな。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
vo播摩有紀さんg村山義光氏 マーシーオーガモンのウィンナー






スポンサーサイト
[ 2013/05/30 01:31 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月26日(日)難波交差点】ストリートライブ g村山義光b佐々木研太d高野正明  

LIVEレポ★2013年5月26日(日)21:00頃~【難波交差点】 ストリートライブ
g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さんトリオ。

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん

この日は日曜日、日本全国休日です。道行く人々は、レジャー感いっぱい、外国人旅行者も凄く多いです。
演奏している21時~23時って、休日を満喫したであろう人達が気分的には終盤に突入する時間になるのかな~。
そんな時、道端で演奏しているジャズバンドを目の当たりにして思わず足を止めて聴いてしまう。
私が、村山氏達を知らなくても、同じように足を止めて聴いたでしょう、とんでもなく熱いパフォーマンスだから...

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん

1セット目が60分ほど過ぎた頃に、続々と立ち止まっていき、人だかりになっていきました。
それぞれのソロが終わる度に、数多くの人が拍手を送ります。
その数がどんどん多くなっていったので、その拍手と演奏の音で更に人が寄って来るという感じでした。

さすがに100分ぐらいノンストップの演奏で、公道を封鎖しつつある状態だったのもあり、一旦演奏を終了し、10分程のブランクを経て2セット目を開始、演奏はいつものように、曲間ほぼナシ、バラエティーに富んだリズム、テンポ、曲調が都会の喧騒を諸ともせず駆け抜けました!

そんな盛り上がりをみせた、この夜のストリートライブでありました。

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

難波交差点の人々
[ 2013/05/27 06:01 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月20日(月)20:00~難波【ミュージックラフト】 vo大野いずみ g村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年5月20日(月)20:00~難波【ミュージックラフト
vo大野いずみさんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

vo大野いずみさんg村山義光氏

大野いずみ さんは、例年出演されている高槻ジャズストリートに今年は出演されず(村山氏は毎年出演しておりませんが...笑)、ベトナム旅行に行かれたようで、沢山のお菓子をお土産に頂き、皆でご馳走になりました。
食文化が違う為か、味わった事のないものも多く、味覚談義に盛り上がる中、極めつけは...
「これ、畳の味がする!」
黒い種みたいな、おつまみらしき物もありました。笑。
畳以外は美味しかったです! 

この日はg畑ひろしさんも1ステージだけ聴いておられました。
畑さんは村山氏に、演奏中のコードの事を訊いていたようです。
そして大野いずみさんに
「綺麗な声してますね~」と言っていました。

vo大野いずみさん

さて、ジャズを歌う事の醍醐味の一つに、オリジナルメロディーをストレートに歌う事と、フェイク(変化)させて歌う事があるようですが、伴奏されているコードを無視して好き勝手にやらかしちゃうと、さぞかし気色悪い事になりますね。笑。
なので、ある程度コードに準拠してフェイクしないといかん訳でしょうが、そう簡単にいかないらしく、なんとも器量とセンスの問われる厄介なもののようです。
スキャットはそれ以上に難しいようです、何故なら、伴奏側も閃いたコードをとっさに挿入する事があるので、予定外のサウンドを浴びる事になるからだとか...

当然、コードが変る事などボーカルが持参した楽譜には記載されていません。このような打ち合わせしないジャズ演奏を演者側の技量や発想力を推進するチャレンジ精神などが、問われるのでしょうが、聴き手はお金を払う限り、そういう要素を聴き(感じ)逃さず楽しみたいものです。
私の場合、演奏が転けそうになっても、もしくは転けてしまっても、そういう ありのままを醍醐味として味わいたいので、そんな演奏を生のジャズで聴き続けて行く事だと思っています。

vo大野いずみさんg村山義光氏とg畑ひろしさん

演者側は机上の勉強というものに、どの程度のウエイトを置いるのでしょうか、叉どう向き合っていっているのでしょうか...

村山氏は?
「勉強」ではなく、「何を楽しむか?」をし続けている人生のようで、そういうスタンスが現在のスタイルを形成しているように思えてなりません。

vo大野いずみさんg村山義光氏 反省会?

この日の動画です。

1つ目は、ライブ中、2セット目の中の1曲です。
2つ目は、ライブ終了後、ちょっとしたお遊びで Subconscious Lee のテーマを、150bpmぐらいから徐々に速度を上げ300に達した、7つある内の7つ目のバージョンです。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

09 You'd Be So Nice To Come Home To 大野いずみvo 村山義光g

http://www.youtube.com/watch?v=1QNPeibOv1Q&list=PLSWlGnBAR-WOS7Lnc7Xi82b5rWFPEIRU6&index=15

after play 7/Subconscious Lee (theme) 大野いずみvo/p 村山義光g

http://www.youtube.com/watch?v=7Ss89PDP81c&list=PLSWlGnBAR-WOS7Lnc7Xi82b5rWFPEIRU6

[ 2013/05/21 05:38 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月17日(金)20:00~難波【ミュージックラフト】 村山義光(g)Thomas Posner(b)中野圭人(d)MURAYAMA Invitation Live Vol.14  

LIVEレポ★2013年5月17日(金)20:00~難波【ミュージックラフト
MURAYAMA Invitation Live Vol.14
を聴きに行ってきました。
村山義光(g)氏Thomas Posner(b)さん中野圭人(d)さんトリオ。

村山義光(g)氏Thomas Posner(b)さん中野圭人(d)さん

ベースのトーマスさんと村山氏の出会いは難波交差点ストリートライブでした。
あるピアニストがトーマスさんを誘って、ストリートを聴きに来たのが切欠です。3年前だったかな~。
そして、2012年2月にvo高原かなさんとトーマスさんと村山氏のトリオでライブをしてからの再共演となりました。

村山義光(g)氏Thomas Posner(b)さん

久々にお会いしたカナダ人のトーマスさんは日本語ペラペラになっておられ、まるで関西人のようでした。笑。
コントラバスも新しく日本で購入したとのことで、関西方面で忙しく稼動されている様子でした。

村山氏とのインストライブは初めてで、
1セットをメドレーでどんどん進めていくやり方は、他での経験が無かったようで、音程の狂いが激しいガット弦を使用している彼にとって、わずかな曲間の隙を縫ってのチューニング作業が忙しそうでした。

トーマスさんが言うには、「ビーバップは難しい。」と。
ジャズに欠かせないであろうビーバップは、ジャズミュージシャン共通の関心事であり、かつ難解なのですね。

中野圭人(d)さん

ここからは、村山義光 談ですが。。。

自分発信な演奏(表現)と、受身な演奏(共演者の出方次第で自分の演奏を変える、表現する等)っというものが有ると思いますが、スキル差が大きく有る共演者とのアンサンブルの場合、往々にして達者な側が誘導して、そうでない側が乗っかるという図式になる傾向が有ると思いますが、是認(相手を認める事)する心持ちが幾ら有っても、乏しい者同士では、何かが勃発する事無くドラマチックな展開に成らず、ただ曲を遂行するだけの味気ない演奏になり易いでしょう。
ここは!「自分がなんとかしてやる!」的な心持ちで在りたいところですね~なんなら人柱上等な男前でありたいところです。
当然ですが、高スキル同士なら、どう転んでも面白い展開になりやすいです。

以上、村山義光 談でした。

イマイチな展開に陥るのは、相手のせいではなく、紛れもなく自分発信の出来なさが原因だと言えるそうです。
実力とは、知識、経験、発想力、人間力、様々な要素が必須となるのでしょうね。

こりゃ相当、厄介だぞ~(*´Д`*)

では、この日の演奏の一部を動画でご覧下さいませ。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。


01 Alone Together 村山g T.Posner b 中野ds

http://www.youtube.com/watch?v=h6IuKkZDKY0

02 All Blues 村山g T.Posner b 中野ds

http://www.youtube.com/watch?v=uYs9FZHlylo

04 Turnaround 村山g T.Posner b 中野ds

http://www.youtube.com/watch?v=smUReW-sSkA

[ 2013/05/18 05:18 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月13日(月)21:00~なんば交差点すとりぃとライブ  

LIVEレポ★2013年5月13日(月)21:00頃~なんば交差点すとりぃとライブ
g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さんトリオ

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん

私はいつもそうなんですが、立ち止まって聴いて下さる人が気になってしまいます。
この日は、思い掛けない顔見知りのミュージシャンも聴きに来てくれていた中、木板を運んでいる工事現場帰りの青年かな?という風の人が、ビデオ撮影している私に話し掛けて来られました。

「僕、タップダンスするんですど、一緒にコラボさせて貰ってもいいでしょうか?」

青年が持っていた物は、タップダンスに使う板であった事に初めて気付きました。
休憩時間に村山氏との交渉でトリオ演奏にタップダンスが加わる事になりました...因みにステージとしての絵図等が面白かったです。
ドラムソロの場面では、ちゃんとタップはストップしていてジャズ共演をしているように思えました。

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さんとコラボするタップダンサー

大阪帝国(笑)難波交差点に、ついさっきまでは知り合っていなかった人と空間を共有する。

偶然か?必然か?運命だったのか?(必然とややカブってますが...)

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん
 
この日のストリートライブ動画です。
突然、犬も登場いたします。笑。
  
07 All The Things You Are 村山g 佐々木b 高野ds

http://www.youtube.com/watch?v=r_L-Hl9GsBw&list=PLSWlGnBAR-WNeUBkGdvFX4K8dDUmXpZQ6

13 It Could Happen To You 村山g 佐々木b 高野ds 犬ワンワン登場!

http://www.youtube.com/watch?v=F1lkLjDGHEY

14 Danny Boy 村山g 佐々木b 高野ds

http://www.youtube.com/watch?v=86gHRXEhz18 height=
[ 2013/05/14 04:55 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月12日(日)難波【ミュージックラフト】 ホストg村山義光ジャムセッション 

LIVEレポ★2013年5月12日(日)19:00~難波【ミュージックラフト】へ
ホストg村山義光によりジャムセッションを聴きに行ってきました。

g村山義光ホストとセッション参加者

急遽、セッションが決定したものです。
誰も来ないかも?と悲観的な予想をしていましたが...笑、マメにスケジュールをチェックして下さっていたのか?そこそこ賑やかな感じになりましたヽ(^0^)ノ

予想外の参加者として、お店でお茶しに来ていたアルトサックス3人組の方々が、セッション開始前までセッティング中の村山氏と会話が弾んだという経緯もあって?セッションも観覧するという流れで、残って頂く事になりました。
3人組さんと村山氏との会話内容は、一般的なジャズの話やセッション時の心得やマナーなどを、村山氏の目線から説明したものであり、セッションデビューを目指している3人組さんは、そんな村山氏に興味を持ったのでしょうね。

g村山義光ホストとセッション参加者

セッション参加者は、ギター1名。ボーカル1名。ピアニカ1名。アルトサックス1名。観覧5名。という観覧者の方が多い珍しい集客となりました。

アルトサックス参加者以外の方は村山氏との接触数の多い方々ばかりだったので、公開スパルタ・セッションとなりました。
そんな熱い光景を観覧されていたのに、セッション初心者のアルトサックス奏者の方がセッションにチャレンジしたいとの事。
村山氏は丁寧に楽譜の事、セッション参加者同士の本音、立ち振る舞いなどの概要をザックリ説明した後に、やっとセッションに突入。

村山氏よりも年上であろうサックス奏者の方がとても前向きで謙虚な方だったので、
「凄く勉強になります、ありがとうございました!」
と言って気持ちよく参加してくれた事を、村山氏を含め、皆さんと喜びを共にした空気となりました。

もしかしたら、良いセッションとういうものは、演奏レベルの高低以上に、ホストと参加者の相性のようなものが要で、上手く絡み合ってこそ充実したものになるのだと思いました。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

ミュージックラフト林貞夫マスター
ミュージックラフト林マスター



[ 2013/05/13 04:05 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月11日(土)難波【ミュージックラフト】 g村山義光p大友孝彰デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年5月11日(土)20:00~難波【ミュージックラフト
g村山義光氏p大友孝彰さんデュオLIVEに行ってきました。

g村山義光氏p大友孝彰さん

今回が2回目の共演となりました。
大友さんは初共演の時と違い、とてもラフな格好で登場!
演奏以外の大友さんは、20代の青年、いや少年の感じでした。
一方、村山氏はというと、どこぞのお笑いお喋り好きの兄ちゃん風でライブ前の歓談は、リラックスムード満開です...笑

p大友孝彰さん

演奏開始!一発目から難しそうなリズムのやり取りでガンガンに弾いていたお二人で、互いに惑わし合うかのような展開!
 
これは戦いなのでしょうか?...

と思わせる速いテンポの中でのアンサンブル
互いにライバルを負かすかのように...

「音楽は戦いではない」

なんて、この共演を観たら言えなくなります!
私の席からでは、あまり村山氏の表情を捕らえる事が出来ませんでしたが、大友さんの表情はよく見えましたが、ちょっと怖かったですね~笑
演奏する上で当然なのでしょうけれど、真剣過ぎるが故に、まるで、喧嘩でも始めそうな勢い

「私この二人とよう喋られへんわ…」

と心の中で呟いてしまいました。

g村山義光氏p大友孝彰さん


過去に、大友さんが歌伴奏の立場になるライブを聴きに行った事がありましたが、スロー・ナンバーの中に早いパッセージが煌めく一味違う演奏が印象的で、感動した覚えがありますが、そんな中、休憩時間になり、お客さんの一人が、大友さんに声をかけてはりましたが、軽々しく何の尊厳も感じとれない態度で接していた事がショッキングでしたね~、大友さんは笑顔で応対されていましたが...なんだか更に切なくなりました。

私も含め、大友さんレベルの演奏が理解不能なら仕方ないかと理解出来ますが、年下とか、腰が低いとやらで、調子に乗ってるのは浅はか極まりないぞ!と感じる場面でした...
と吐いたものの、私も似たり寄ったりなところがあり、この時、反面教師として、しっかりと焼き付けてた於きたいものだと思った次第です。

g村山義光 p大友孝彰 Duo ライブレポートは、
変な方へ向いての終了でございますm(__)m が、
g村山義光氏p大友孝彰さんのお客様g村山義光氏p大友孝彰さんとお客様

最後にライブの模様の一部です。
ご覧下さいませ。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

05 Bye Bye Blackbird 村山義光g 大友孝彰p

http://www.youtube.com/watch?v=dq43bETWX1w&feature=player_embedded

08 It's Been A Long Long Time 村山義光g 大友孝彰p

http://www.youtube.com/watch?v=DxTRy_0BO0k

09 My Little Suede Suede 村山義光g 大友孝彰p

http://www.youtube.com/watch?v=VzrckthPnLI


[ 2013/05/12 05:37 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月11日(土)14:00~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン】 『第55回g村山義光ジャズ・ワークショップ』 

LIVEレポ★2013年5月11日(土)14:00~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン】 へ
『第55回g村山義光ジャズ・ワークショップ』に観覧に行ってきました。

講師g村山義光  
受講者 ボーカル 1名。ギター1名。 (1人受講時間30分)

g村山義光講師とボーカル受講者

回を重ね、いつの間にやら50回をとっくに過ぎていました...って~ことは、5年目に突入しているワークショップという事になります。
継続は力なり!指導する側も年々達者になっております...笑、少なくとも受講者の立場からすれば、きっとそうなのです。
毎月受講される方もいらっしゃいますが、確実にレベル強化に繋がっておられます。
更に村山義光講師による個人レッスンや、レッスンライブを実践され、更に磨き込む方もおられます、良い結果が得られた手応えは、苦戦の末に手に入れた感覚だけに喜びも一入(ヒトシオ)のようです。

g村山義光講師とボーカル受講者

私は今までに行われたワークショップの全観覧をさせて頂きましたが、レベルアップのコツというか条件は、セッションであれ、ワークショプであれ、ライブであれ、人前でコンスタントに演奏する事や、常日頃からの集中力の高い練習のように感じております。
自分に甘く、悪い意味で平らになっている人は、全力で投げかける村山講師の熱い個人レッスンで啓発されてみては...笑

やはり、要領よく極めるって無いようですね~
結局、地道な努力の積み重ねというのが一番近道かも...笑
講師である村山氏や受講者皆さんの姿を拝見して強く思います。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー

【マーシーオーガモン】岡本マスター
マーシーオーガモン岡本マスター

[ 2013/05/11 19:01 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月9日(木)難波【ミュージックラフト】 vo松坂憲子g村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年5月9日(木)20:00~難波【ミュージックラフト
vo松坂憲子さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

vo松坂憲子さんg村山義光氏

私は松坂さんと村山氏のデュオライブを前回のライブを聴かせて頂いてから約3ケ月。もう既に?村山氏は前回より緩急を大幅に広めた演奏を浴びせかけての共演となっていたように感じましたが、松坂さんの表情は凛(リン)としたものを貫いた、もしくは、貫こうとしていたように映りました。

vo松坂憲子さん

松坂さんは、青春時代に(今現在も真っ只中)、あらゆる面で刺激的な体験に自ら向かっていく傾向にあるようで、まるで好奇心と恐怖心の狭間を行ったり来たりを、本能的に欲する体質なのかな?と思わせます。

快感なのか?人生の肥しにする目的で確信犯なのか?
もしくは、そんな事意識ゼロなのか?
oh!ミステリアス!

村山氏の伴奏にも、刺激的な体験を満たす何かがあるのでしょうか...
小柄で可愛らしい表情の松坂さんからは、想像し難いストイックな感じです。笑。

この先、どう変貌していくかが、楽しみなジャズボーカリストだと思いました。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

vo松坂憲子さんg村山義光氏

[ 2013/05/10 03:53 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月7日(火)21:00~なんば交差点】すとりぃとライブg村山義光b佐々木研太d中野圭人  

LIVEレポ★2013年5月7日(火)21:00頃~なんば交差点すとりぃとライブ に行ってきました。
g村山義光氏b佐々木研太さんd中野圭人さんトリオ。

g村山義光氏b佐々木研太さんd中野圭人さん

この日もストリートライブに挑む村山トリオです。
中野さんは今年初のストリートライブ。
中野さんから「今年もストリート一緒にして欲しいです!」
言って来てくれたそうです。だから終始嬉しそう。
中野さんはストリートが大好きなんですって。道端ですけど?…笑。

無事、ストリートライブはスタート出来てよかった!
最近 難波ストリートでは、警察にお片づけを言い付けられる(時には準備中に..笑)始末で、インケツ引きっぱなしでございました。

g村山義光氏b佐々木研太さんd中野圭人さん

今回は、連休明けの世間では仕事始めの日でしょうかね~道行く人はビジネスマン、OLさん、学生さん…外国人旅行者など…

この日も?g高木鏡之介さんが聴きに来ていていました。
高木さんは、ストリートライブを聴きながら、ご自分も生ギターで合わせて練習いていました。
そして2セット目に飛び入りとなりました。
積極的な高木さんです。
ストリートライブが終わってからも ずっと一人で生ギターを弾き続けています。
す、す、すご…い…

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

飛び入りしたg高木鏡之介さんは、ずっと練習していました。
[ 2013/05/08 04:11 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月6日(月祝)21:00頃~【難波交差点】 ストリートライブg村山義光 b佐々木研太d高野正明 

LIVEレポ★2013年5月6日(月祝)21:00頃~【難波交差点】 ストリートライブ に行って来ました。
g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さんトリオ。

この日の昼間は村山義光ジャズ楽器ワークショップだったので、受講参加者の方々を誘ってストリートライブを聴きに行く流れになりました。

しか~し!前回のストリートもそうでしたが、今回も3曲目に入ってすぐ、逮捕なのだ~!と発砲しながら...それはウソですが、本官さん登場!... 聞き分け良く、お片づけという事に...大型連休は厳しいのかな。。

めげずに、素早く淀屋橋へ移動!

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん


ビジネス街の淀屋橋、しかも休日、静かだな~そんな中でのストリートライブで、観客はワークショップ帰りの面々。
1セットを無事終えて、すぐさま2セット目に突入!
楽器持参だった観客の皆さんが一人ずつ飛び入り演奏する流れとなりました。
受講者にとったら、なんてラッキーなんでしょう!
ギター2人に続いて、ピアニカ、ボーカルと順々にに飛び入りです。
ボーカルは生声で参加です。めい一杯 声を張り上げます。
村山氏が「まだまだ~!!聴こえへん!」といって、村山氏自身がスキャットで歌い出しました。笑。

飛び入りg菊岡千津さんb佐々木研太さんd高野正明さんを聴くg村山義光氏

人通り疎(マバ)らな深夜のビジネス街に、一体何の集団なんだ?!! と思わせるステキなステキなステージでした。。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

g村山義光氏b佐々木研太さんd高野正明さん飛び入りピアニカ福井杉子さん


[ 2013/05/06 22:29 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月6日(月祝)13:30~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン】 『第29回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ』 

LIVEレポ★2013年5月6日(月祝)13:30~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン
『第29回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ 
講師g村山義光
 
受講者 ギター3名。ピアニカ1名。ボーカル1名。
(1人持ち時間40分+最後は受講者同士のセッションによる指導。)

ギター受講者デュオ演奏を聴くg村山義光氏

受講者5名が、ピアニカを含めバラエティに富む集まりとなり、偶々、赤組(女組)白組(男組)の2チームに分かれてのセッションとなりました。
15分の時間制限でのセッション・ステージで、15分キッチリに終われるか?をテーマに挑んでもらいました、然も芸術的(カッコ良く)が課題です。

受講者同士のセッションを指導するg村山義光講師

画像のとおり、ギター+ギターDuoチームと、ボーカル+ピアニカ+ギターTrioチームに分かれて演奏してもらいました。

初めての共演者同士で、既に誰が、どんな性格、立ち振る舞い、役割を果たそうとしているかが垣間見れて凄く面白かったです。
演奏者は必死です。
積極的にまとめようとする人や指示待ちの人など、セッションによって人柄が露になるところがあり、受講者の皆さんは、自分の長けている部分と、至らない部分を垣間見たのではないでしょうか?

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

受講者同士のセッションを指導するg村山義光講師




[ 2013/05/06 17:03 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月4日(土祝)『第15回 高槻ジャズストリート2013』 2日目  

LIVEレポ★2013年5月4日(土祝)『第15回 高槻ジャズストリート2013』 2日目
に行ってきました。

2日目も行って参りました~(^^)v

いっぱい聴きました!いっぱい観ました!呆れるほど....笑
流石にち~と疲れましたが、皆さんの素晴らしい演奏とボランティアの皆さんのお陰で楽しい時を過ごせました。
ありがとうございました!

2日目もレポートではなくフォトだけの紹介です。m(__)m

Clap Stomp Swingin' g高田亮介さんb斉藤一郎さん

高槻の商店街の気ぐるみの呼び込みさん

gt高木鏡之介gt菊岡千津be秋山開dr桃田大輔

face bookフォトアルバム  mixiフォトアルバム にも沢山画像をアップしております。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

Tsax里村稔g大野こうじb時安吉宏d


[ 2013/05/05 01:34 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月3日(金祝) 『第15回 高槻ジャズストリート2013』 1日目 

LIVEレポ★2013年5月3日(金祝)『第15回 高槻ジャズストリート2013』 1日目
に行ってきました。

今年も行ってきました~( ^o^)ノ

有名どころのミュージシャンの会場は立見が出るほどの満席というのもあって、やはり馴染みあるミュージシャンの演奏を聴きに行ってしまいます~楽しかったな~ 
年々歩くのが辛くなってきたぞ。汗。

1日目、レポートではなくフォト紹介だけです。_(_^_)_


第15回 高槻ジャズストリート2013 パンフレット

vo浦嶋左織Trio

vo播摩有紀g高木鏡之介Duo

face bookフォトアルバム mixiフォトアルバム にも沢山画像をアップしております。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

vo緒方光代g四方裕介Duo

[ 2013/05/04 01:30 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月2(木)20:00~難波【ミュージックラフト】g大野こうじg村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年5月2(木)20:00~難波【ミュージックラフト
g大野こうじさんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

g村山義光氏g大野こうじさん

回を重ねていくにつれて、お互いの魅力が上手く融合していってる感じの、このお二人。
ジャズアンサンブルに興味の対処が向けば向くほどに、その面白みを味わうことが出来ます。
私?まだまだ分っておりません。汗。
でも聴き続けるのであります。
ジャズは難しい!敷居が高い!その通りだと思います。
分り安い演奏にすべき?しなくていいと思います。
より多くの一般大衆に楽しんで頂く事を目的とするならば、究極、ジャズでなくても良いんではないかと思います。
ジャズ・ナンバーを予定通りに演奏をする「なんちゃってジャズ」とか、手拍子の し易い演奏でよいかと思いますし、ジャズ・ナンバーではなく、一般大衆がよく聴いている歌謡曲やポップスの方がより効率的ではないかとも思います。
ジャズを広めたり、分って欲しい願いより、理解されに難くとも、ジャズがしたくて演奏をする事にだけ目を向ける、もしくは、本能的に向けてしまうというのも、また一つのスタイルかと思います。

広まったり理解されれば、集客や、お金儲けに繋がる事にもなるでしょうが、それらを前提とするならば、ジャズミュージシャンなんて選んでいないのかも知れません...

g大野こうじさん

g村山義光氏g大野こうじさん

このライブの模様を沢山動画にして公開いたしました。
生の方も更に素晴らしいんですよ。是非、ライブをお越しになってみてくださいね。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

07 My Little Suede Suede 村山義光g 大野こうじg

http://www.youtube.com/watch?v=EeKCQ7kYq5w&list=PL62FAC6E39DCEE8D7

08 It Could Happen To You 村山義光g 大野こうじg

http://www.youtube.com/watch?v=XmxxOm4M7MI&list=PL62FAC6E39DCEE8D7


09 All The Things You Are 村山義光g 大野こうじg

http://www.youtube.com/watch?v=xtlSJAADTm4&list=PL62FAC6E39DCEE8D7


[ 2013/05/03 04:17 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ★2013年5月1日(水) 京都・先斗町歌舞練場前南側【Room335】g村山義光g馬場孝喜デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年5月1日(水) 19:30~京都・先斗町歌舞練場前南側【Room335
g村山義光氏g馬場孝喜さんデュオライブに行ってきました。

g村山義光氏g馬場孝喜さん

やっと馬場さんを捕まえました!二人の大ファンでもあるK.Oさんの協力による捕獲です。笑。

珍獣その1の村山義光の稼動状況は私が把握しておりますが、珍獣その2の馬場孝喜 情報は常に乏しのでファンとしては困ったものであります。
所謂、芸術家であるが故の一般社会不適合者であるのでしょうか?笑、ほおっておくと、いつのまにか絶滅に追いやってしまうかと勝手に一人で心配しております。
珍獣は大切に保護して欲しいと願っております。笑。

g村山義光氏

珍獣1のヤンバルクイナは、今夜も珍獣2のイリオモテヤマネコに限界という記録を投げかけているかのようなアンサンブルを仕掛けます。
それにしても激し過ぎるではないか?!
この迫力は、生でしか味わえない部分が多いにあると思います。

g村山義光氏g馬場孝喜さん

ライブ終了後も、いつの間にやら、馬場さんがセッション・ホストかのように演奏が始まっておりました。
珍獣は、演奏に長時間にもわたり没頭できる才能をお持ちなのでしょうか。

世界と比べてジャズのレベルは低いと言われている日本のようですが、珍獣が更に増え、末永く皆を魅了し続けていって欲しいと強く願うのでありました。

g馬場孝喜さんホスト状態g村山義光氏が聴く

最近、Subconscious Lee をどれだけ高速で演奏出来るか?しかも芸術的(イイ感じで...笑)に!
ということで、馬場さんにもリクエストして演奏して頂く事に...
久し振りにこの曲をするという馬場さん、本番前に楽譜を凝視しての指慣らしをしてはりました。
で、なんと!テンポ315~320!速っ!彼らに「アホ」という最上級の褒め言葉を捧げたいものです。笑。

村山氏曰わく...テーマに関して云えば、前半部に出てくる16分音譜の関係で、Donna Lee を400でするより、Subcon の300超えの方が格段に絶対速度という意味に於いて難しい。らしいです。

Subconscious Lee 休憩時間と本番の村山義光g 馬場孝喜g をご覧下さいませ。

_(_^_)_ 本番動画は撮影時の配線ミスにより音声が右側(馬場さん側)しか録音出来ておらず聞き苦しいかもですが、ご了承下さい。実際のバランスより馬場さんのギターの音が少し大きめとなっています。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

07 Subconscious Lee 村山義光g 馬場孝喜g

http://www.youtube.com/watch?v=3Dm8UIf08yg&feature=player_embedded

おまけ動画。。村山義光g 馬場孝喜g Duo Live (rehearsal seen)

http://www.youtube.com/watch?v=iDwa6qVvcJs&list=PLSWlGnBAR-WM7szDgZJHKK-UNTLo-JntK
[ 2013/05/02 04:26 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)