小説「momiji 夢をつかむノート」 

g村山義光のお弟子さんYabさんの妹の羽山裕浬さんが書かれた小説「momiji 夢をつかむノート」が昨年の春、文芸社から発売されました。

タイトルは「momiji 夢をつかむノート」
小説「momiji 夢をつかむノート」

   ※ 以下、Yabさんの日記をそのまま転載いたします。



内容はかつて彼女は縁あってイギリスで働き、そこから彼女の大好きな絵(天才やと私は思います!)を学ぶべく通った学校で出会ったグレイシーという先生との貴重な思い出を綴ったものです。

また、この本が発表される経緯の中にも、美しく本当に心暖まるエピソードもあり、それらの逸話が今後伝えられるかどうかは私はわかりません。

そして妹に頼まれ、私はイメージソングを作曲し、録音しました。全部で4曲。全てアコースティックギター2本の多重録音です。また、そのイメージソングを収めたCDは本に入っているアンケートに答えていただいた方に無料で送付させていただいております。

でも歌ってはいませんが、本当は全て私がその時の私の心情を綴った歌詞もあります。

それらの曲は実は私が、ある人に心を込めて作曲したものだからです。

なんか秘密だらけですが、妹が小説を発表した経緯、私がイメージソングを完成させた経緯には多分今後語られる事のないであろう埋もれたたくさんのドラマがありました。

妹が張り裂けそうな思いを胸に書いた小説、私が夜中の工場にて轟音を立てるボイラーの横で1音づつ魂を込めて、下手さも至らなさもさらけ出して録音した曲達も今現在は縁があり、たくさんの方々の手元にあります。

そして、数人の方々はインターネットにてAmazonのレビューに、妹の小説だけでなく私が作成したイメージソングの感想までをも書き込んでくれています。

それらを読ませていただき、本当に嬉しいのは、妹の情熱も私が見上げた空も、空気も景色も温度も、そういった全てを彼らは垣間見てくれているのを感じる事です。

私の下手な演奏も、数人の方々の心に届いています。

伝わっているんですよ!

やはり、動くべきですね!熱くたぎる魂は大声で叫ぶべきです!

自分は今を生きている!恥ずかしさもカッコ悪さもひっくるめて自分だからこその今を生きているんです!

もしご興味あれば、見てみて下さい。


momiji 夢をつかむノート (単行本(ソフトカバー))
羽山 裕浬 (著)
スポンサーサイト
[ 2010/02/15 14:53 ] 皆さんからの記事 | トラックバック(-) | コメント(-)