LIVEレポ★2010年2月28日(日)京都 出町柳【いやいやえん】 vo森川奈菜美g村山義光うたうよろこび早春編LIVE   

LIVEレポ★2010年2月28日(日)京都 出町柳【いやいやえん】にて vo森川奈菜美さんg村山義光氏『うたうよろこび 早春編 LIVE』に行ってきました。

好きなハコのかなり上位に入る【いやいやえん】さんです。
年に数本、村山氏が出演させて頂いています。
店主も女将さんもかなり聴く耳が世界レベル。
聴き手も選ばれて聴きに来られたのかしら?と思うくらいのクオリティ高いお客様ばかりです。っていうもの、演奏中は皆さん音にだけ集中している感じの空気があるのです。
もちろん感極まって盛り上がる以外は、皆さん耳をすまして静かに聴いて下さっている。いや、静かに聴きたいのが伝わってきます。そんな周りのお客様のことも心遣い出来るお客様方々。
「周りにも心配り・・」
これが当たり前のようで出来ていないお客さんは、ハコによって大きく違うんですわ。
「客層は店主で決まる!」
と言っても過言ではないことが、最近、ひしひしと感じます。

さて、森川さんと村山氏は1ケ月に1本共演出来るか出来ないかの貴重なライブです。
しかも彼女の選曲は、本当にあまり耳に出来ない貴重なジャズスタンダード曲を歌ってくれます。
他のハコでは、聴き手重視で、ハコ側がどうしてもキャッチーで分かりやすい、馴染みのある曲の演奏が多い中、ここ【いやいやえん】では、店主が、「こんな演奏をして」とか一切言ってこられません。
クオリティ高いミュージシャンを選ぶことだけで、ミュージシャンにすべて任せることが、もう既にライブはクオリティ高いものになることをご存知なのだろう。

森川さんの「内に向いている音楽への姿勢」は、村山氏も大好きであります。
僕も聴いたことのないスタンダード曲をたくさん演奏してくれて新鮮だし発見だし嬉しいし、こんな曲が聴けるライブは、そうないと思っています。
馴染みのない曲も繰り返し聴くと、何故、未だにスタンダードとして歴史的に残っているかが、そのクオリティの高さが森川さんの歌と村山氏の演奏で分かってくるのではないかと思います。しかもこの二人なので、普通な感じではないでしょう!
「馴染みのない曲」なんて、勝手な人の思い込み。何回も聴くと、その人にとって「馴染みのある曲」になる。
そしてそれをどう演奏するか?を聴いてみることの楽しさ、価値が分かってくると僕は思っています。

気が付けば、1セット目も2セット目も、MCをほとんどせず、本当にたくさん演奏してくれました。凄く得した感がありました。

ここの空間は、他のはない空間。
お客様の中で、
「こんな所で こんな演奏が聴けるなんて!」
と感動され、思わず女将さんに伝えてきて、今夜のライブもお越し頂いてたそうです。
若い聴き手も こんな音楽が好きなんだ!っていうか、若いほど?なのかな?分からないけど、「スキモノ」とう有り難い貴重はお客様。そんなお客様が集まる数少ない貴重なハコ。そこで演奏する貴重な演奏家と歌い手。居場所は、まだまだ少ない中、どうか続けて行って欲しいと思います。
次回もまた違ったアレンジの演奏が聴けるんだ。しかもちょっと難しそうな曲だ。と思うと、今から凄く楽しみです。

次回は、5月23日(日)ここ【いやいやえん】であります!

vo森川奈菜美さんg村山義光氏vo森川奈菜美さんg村山義光氏vo森川奈菜美さんg村山義光氏

vo森川奈菜美さんg村山義光氏vo森川奈菜美さんg村山義光氏
さて、ここの【いやいやえん】の店主も女将さんも どうも聴いている音楽がタダのリスナーではないようです。
今夜のライブ終了後、残った皆さんでCD音楽観賞会となりました。
女将さんの反応するところ、聴きどころがタダモノではない感じ。
世界のエエモノを聴いて育ったみたい。どう演奏するか?どう歌うか?と聴いてはる。

最近、ちょっと分かってきた。たぶん。。。というか気が付いてきたような。。。
クオリティ高いミュージシャンの演奏ほど、ハコ側や聴き手から、演奏に関して余計な分かったようなアドバイスなんて言われていない、受けていない。
何をどう演奏するかのミュージシャン自身そのものを求められて演奏しに行っているのですから。
演奏するハコはクオリティ高いほど、特にジャズに関しては、世界のものを耳にし、耳が肥えているのはもちろんのこと、何をどう演奏するかのミュージシャン自身の価値観を承知し、評価して下さっていると思ってしまう。
その評価が更に世界レベルへの音楽家の有り難いサポートとなるのかも知れません。

着眼点はどこにあるか?

間違っているかな?。。。でも、これからもそう勝手に僕は願っているし、そんなハコで森川さんも村山氏も演奏して行かれるかも知れない。ちゃうかな?


「世界のあらゆる物事を知ろうとしないで、今の日本の大多数がウケる音楽、演奏をし続けていくだけなら、町の人気者にはなれるけど、いつか気が付いた時にはオリンピックでメダルは取れないレベルになっている。」
と村山氏は帰りの車中で呟いていました。

・・・管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2010/03/01 06:17 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)