LIVEレポ★2010年2月24日(水) 十三【13ベース】 vo池田杏理g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ★2010年2月24日(水)十三【13ベース】にてvo池田杏理さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

初共演です!池田杏理さんは、今や関西を中心にお店からもミュージシャンからも引っ張りだこという噂をよくお聞きしております。スケジュールも売れっ子楽器ミュージシャン?と思うくらい埋まっておられます。

店主の吉見さんが池田さんと村山氏の共演の切っ掛けを下さいました。
ブログや他のかたのライブレポートの画像のどおり、美しいカワイイかたでした。カワイイけれど強い意思をお持ちの印象がありました。
二人はテキパキと打ち合わせ。数曲以外のジャズスタンダード曲は本番までのお楽しみ。

本日の【13ベース】も超満席です。部屋からはみ出て、酒屋コーナーまでお客さんが埋まっていました。
あれ?その中に小柳淳子さんと淳子さんの娘さんの姿が!快調に飲んではるようでした。笑。
池田さんと淳子さんは、ボーカリスト同士ですが結構、共演が多いみたいで、仲良しみたいです。

初共演のライブでは、共演者はもちろんのこと、拝見したことのない、お客さんとの出会いがあります。
村山氏を目掛けて来て頂いたお客さんは、池田さんも以前から凄く興味があったのと、村山氏との組み合わせが凄く興味が持ったとの理由で聴きに来られていました。

いろんなかたとの共演を聴いてみたくなるのは僕もです。
そして、その共演者は村山義光の即興演奏にどれだけサウンドするのか聴きたい。聴いてみたいのであります。
小柄な池田さんからは想像していなかった声量でビックリしました。凄い迫力!声量のないボーカリストは羨ましくなるのではないかと思います。

1セット目。スキャットから始まるスタンダード曲。MCは池田さんのオリジナルな感じ。お互いの感触を確かめ合い、2セット目へ。途中、村山義光ワールド突入!池田さんの大きな瞳が更に大きくなって、思わず素で笑ってしまう瞬間。
「今頃になって緊張してきました。笑。」
客席から
「ビックリしたやろ~?」
の発言有り。誰に言いはったんかな?笑。
アンコール曲は吉見さんの大好きなボーカルの曲でした。

池田さんが村山義光の即興演奏スタイルに、興味を持ってくれたり、更に意欲を抱いてくれたら更に興味がわくジャズボーカリストだと思いました。また共演の機会があったらいいな~。
vo池田杏理さんg村山義光氏打ち合わせ中g村山義光氏vo池田杏理さん

vo池田杏理さんg村山義光氏vo池田杏理さんg村山義光氏【13ベース】
さて、ライブレポートは ここまで。

ライブ終了後、居残った池田さんのファンのかた、小柳淳子さん、村山氏、吉見さんと深夜2時までお喋りしました。
「現在の日本のジャズは~・・・」「ミュージシャンは~・・ボーカリストは~・・・」
皆、音楽が大好きで、強いこだわりや、夢を持ってたり、現実を知ってしまっているのも分かりました。

メジャーの世界の話になりました。
みんな芸能人とか、業界人間ではないけれど、どうもメジャーと言われる芸能界の世界は 音楽、演奏とは全く関係ないことにエネルギーを使わなくては、売れないようだ。
演奏、歌が少々ヘタでも、お金をかけて宣伝したり、伝手、縁故関係が強ければ、売れたりするみたい。
いかに「露出」していくか。どんな肩書きを作って背負っていくか。

本業のクオリティを高める職人的価値観は、二の次になったり。
あれ?ジャズシンガーとかの肩書きですけど、やってることはタレントでしょ。ってこと。
「いつか有名になって、いつか自分のやりたいことをするねん!」
って、じゃあ、やりたいこと出来るまで、やりたくもないことをやるの?演技だってするし、嘘だってつけるも~ん!とか?

自分が好きなジャンルの歌を歌いたかったのに、今していることは、聴き手が聴きたい曲を歌っていたり。。。
もちろん、聴き手が聴きたい曲を演奏するのが好きな人もいますよね。それもその世界があって当然でしょうが。

音楽だけではない。自分がしたいことって何やったか?今も好きなことに没頭出来てますか?
だって、聴いて見てくれるお客さんが少なくなるんやもん。たくさん聴いて見てほしいし、演奏出来るハコを増やしたいし、お金も欲しいし。。。

自分の人生は、まずは自分が楽しむためにあると僕は思っています。
「皆のために生きます。」「皆のために死にます。」
っていうのも、結局自分のためでしょう。
そんなありのままの自分を必要としてくれているほど幸せなことはないな~と僕は思っています。
自分だけのために人生を送るって、誰が責めることが出来るんでしょうか。
自分のために音楽をすることが原点だったりする人が、今も自分のために音楽をすることを誰が責めることが。。。モロモロ、ブツブツ。。。

もしや?聴き手のために音楽します!というスタイルじゃない自分ベクトルのミュージシャンって実は凄く少なくて貴重だったりするんではないでしょうか?

淳子さんも、村山氏も、僕も、本根で喋りまくっていたように思います。
【13ベース】オーナー吉見さんも本音で話ししてくれるから信用出来るし、(偉そうにすみません。汗。)
村山義光氏や小柳淳子さんを理解して下さっている、末永くお付き合いしたい大切な人だ。

自分のしたいことを演奏している村山義光でよければ、村山義光はどこへでも演奏しに行くでしょう。
こんな村山義光でよければ本音で表現する人となら、これからも共演するでしょう。
お金が少なくても、お金が欲しくて好きなことをしているんじゃなく、好きなことをしたくてお金がないなりにもしたいことをし続けている村山氏はストロングだ!ハングリーだ~!笑!

で、僕は、淳子さんと娘さんと村山氏を車に乗せて帰宅したのでした。楽しかったです。お疲れ様でした!
・・・管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2010/02/25 04:39 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)