004 能なしのためのリズムトレーニング! 

村山義光コミュレッスン 004
g村山義光氏
004 能なしのためのリズムトレーニング!(もう能なしなんて言わせない!)

私が日々実践中の「ウラに強くなるための練習メニュー」を紹介します。

いずれも4拍子で、メトロノームを2拍目と4拍目にならせます。

的確に「ここだ!」という場所に確実に音を出します。

そして正確に演奏出来ているか確認するために私は多重録音し、以下にしるす「オモテ」に対し
て、そのスキマを埋める譜割を「ウラ」と呼び、最終的に重なった「オモテ」と「ウラ」が正確
なビートを刻んでいるかに執着しています。

また、私はギターで以下の練習をしていますが、発音する音は全て同じ強さでレガートに演奏し
ています。そしてオルタネイトピッキング(上下の繰り返し)を用います。これはいかなる時も
揺るがないコンディションを保つ事を目的としています。


以下の表記法:
■は発音する拍
□は発音しない拍
いずれも4分音符1つ区切りで記載します。



①8分音符のウラ
オモテ拍で
|| ■□ ■□ ■□ ■□ ||
となるのをウラ返し、
|| □■ □■ □■ □■ ||
とするだけです。

目標は延々と正確なビートで確実に発音し続ける事です!

また副産物として、安定したピッチコントロールとアクセントの練習にもなります!


②3連符のウラ

(パターン1)
オモテ
|| ■□□ X 4 ||
ウラ
|| □■■ X 4 ||

(パターン2)
オモテ
|| □■□ X 4 ||
ウラ
|| ■□■ X 4 ||

(パターン3)
オモテ
|| □□■ X 4 ||
ウラ
|| ■■□ X 4 ||


異なった3連符のパターンの組み合わせによって使われるバリエーション

(バリエーション1)
2拍3連
オモテ
|| ■□■ □■□ X 2 ||
ウラ
|| □■□ ■□■ X 2 ||

(バリエーション2)
4拍3連
オモテ
|| ■□□ □■□ □□■ □□□ ||
ウラ
|| □■■ ■□■ ■■□ ■■■ ||


③8分音符の3つ取り
(これは以下の3小節を1ブロックとして記載します。)

アタマ
|| ■□ □■ □□ ■□ | □■ □□ ■□ □■ | □□ ■□ □■ □□ ||

ウラ
|| □■ ■□ ■■ □■ | ■□ ■■ □■ ■□ | ■■ □■ ■□ ■■ |

○練習例(8小節)
[1] オモテ + ウラ + ■□ X 8
[2] ウラ + オモテ + □■ X 8


④8分音符の5つ取り
(これは以下の5小節を1ブロックとして記載します。)

オモテ
|| ■□ ■□ □■ □■ | □□ ■□ ■□ □■ | □■ □□ ■□ ■□ | □■ □■ □□ ■
□ | ■□ □■ □■ □□ ||

ウラ
|| □■ □■ ■□ ■□ | ■■ □■ □■ ■□ | ■□ ■■ □■ □■ | ■□ ■□ ■■ □
■ | □■ ■□ ■□ ■■ ||

○練習例(12小節)
[1] オモテ + ウラ + ■□ X 8
[2] ウラ + オモテ + □■ X 8





私がこの練習「ウラ拍をしっかり感じながら演奏する事」を通じて気づいた事。

より正確さをキープしようと口で「1と2と3と4と」とこざかしく数えていると息が上がり、
また体の動きに頼っているとウラ拍で焦り、アホに磨きがかかる!つまり能なしぶりをあますと
ころなくひけらかしてしまう!

できることなら「1と2と……」から「と」を抜き、「2、4」とか「4」だけとか、2小節1
クリックとか4小節、8小節1クリックでリズムをラウンドに捉えながらもしっかりスクエアに
ビートを打ち出したい!

自分のリズムに確固たる自信を持ちたいですよね!

でも多重録音した内容はひたすら不気味なビートとワケのわからないオーラを放ち、まさかここ
まで……とちょっと傷つき、ヤケクソになる!

そこでまだまだ能なしの私は例えば8分音符のウラに関しては2拍目と4拍目で足を踏み、1小
節を半分に割ると
|| □■ □■ の2つ目の□にクリックが鳴るので 発音→足→発音のパターンを1拍目に注意
しながら繰り返し、クリックが鳴るタイミングを感覚に染み込ませようとたくらんでます!

ただ、恥ずかしいながらこんな事を2ヶ月も毎日ひたすら繰り返しながらも、まだテンポ60で緊
張し、テンポ160以上に馴染めずにいます。

だから、だからだから出来るテンポをより強力にしようと繰り返しながら速いテンポに挑戦し続
けている毎日の中で「いつか能なしじゃなくなってしまうんやな~」とちょっとセンチメンタル
な気分!

最後に1つ言い切れるのは、「ひたすらやってたら楽しくなってきます!」

リズムトレーニングした!その記憶の中で「頑張ったな~」なんて思い出に終わらせない!

という事で実際に演奏の中で取り入れてみるアイデア!

!!!!!



アイデア①
ディレイする!

例えばスタンダード曲において、楽譜に書いてあるテーマの譜割りそのままで演奏するのに対して、8分音符後で同じ事をする!

3連のアタマと中と末尾の3重奏なんかしたら(音量バランスに思いっきり注意)きっと最高でしょうね!またこの音量バランスの感覚もウラトレーニングでゲット出来る!と私は望んでいます!

つまりうまくいけばこれらはかなり気持ちいい!


アイデア②
ディレイ変化

基本的にはアイデア①と同じですが、ウラ拍で演奏する『音程』をテーマに対してハモる!


私はまだまだうまくいかないとしょげる能なしですが、基本的に練習は楽しくないといけない!また、練習した内容は『必ず』ひけらかすかのように使いまくって『自分のモノ』にしたいものです!



皆さん、このトピックで私が書いたウラトレーニングやそれらの応用例みたいに、「効果的なトレーニング」や「楽しみ方」など

情報交換して下さい!

おねがい

・・・Yab

村山義光コミュニティより
スポンサーサイト
[ 2010/02/10 18:38 ] 村山義光コミュレッスン | トラックバック(-) | コメント(-)