005 1音完結の名曲  

村山義光コミュレッスン 005
g村山義光氏

005 1音完結の名曲
ひたすらリズムトレーニングを繰り返し、悩みに悩み、錯乱を重ね、自分が誰で、いったいどこに行こうとしているのかわからなくなっている人はきっとたくさんいるんでしょうね!

で、

で~、

でっ、

ときたもんで、

はっきりわかった事があります!これは確信に近い!


村山師匠の言葉「拍の尺を守る」の「拍」と「尺」について、

「拍」とはつまりアタックの事にあり!

「尺」とはつまり、その後に続く余韻の事だと今さらそんな事を発表します!


そこで、「拍」であるアタックを繰り返す場合は、そのアタックがそれぞれ均一、もしくは法則にしたがい粒の揃った「点」であるべきで、

例えば全音符を発音するにしても32分音符以下のミクロアクセントでアタックし、全音符分の余韻(サスティーン)を残す!

また、アタックこそが余韻の印象を決定づけるので、リズムトレーニングとはつまり、

■□■□■□■□■□■□■□■□■
①いかに細かいアタックを均一に意識し、表現できるようになるか



②いかにアタックからの余韻を活かせるようにするか

が大切です!

それこそがグルーヴの出発点かもしれない!

要するに、アタックがボケてたらあんた…

余韻もボケボケやがな!
■□■□■□■□■□■□■□■□■


そして副産物として、ナノレベルのアタックを意識してたら全音符すらも「ダーーーーー」じゃなくて「ッダ ーーーーー」と文字では表現出来ない芸術的な世界になるんです!


そして!

演奏中の気分や心は露骨に形に現れます!

だから、「1音」に確信を持つ事の大切さを実感します!



ちなみにこのトピックに村山師匠の言葉は出てきていませんが、内容は全て私が実際村山師匠から聞いた内容(日常会話)からインスピレーションを受けたものです!

え~
!!!!!!!!

この(!)に特に意味はありませんが、

練習は楽しくないと逆効果を炸裂させてしまいます!

またメトロノームと共演もいいですが、CDとの共演も最高に乙なもんです!胸がいっぱいになりもう乙いっぱいもんです!

だから皆さん!

村山師匠のライブには足しげく通い詰め、学びましょう!


・・・Yab

村山義光コミュニティより
スポンサーサイト
[ 2010/02/14 18:52 ] 村山義光コミュレッスン | トラックバック(-) | コメント(-)