多分マニアックな弦の話  

ギタリストのかたへの情報。
村山氏が凄く頼りにしているギタリスト四方裕介さんのブログの掲載されていた記事を 
そのまま転載させて頂きます。
四方さん了承済み。


多分マニアックな弦の話

最近試した特殊弦の報告。
高音弦、まずはこれ。

アクイーラというやつです。ガットを意識して作られたナイルガットという素材らしいです。

一見サバレスのプラ弦みたいですが、全然違います。
つるっつるでそうめんみたい。張りは強め、と書かれていましたが弱めやと思います。

弾いてみた感想は…あかんわ。

一弦の響きが細い。暖かくない。三弦が変なとこで共鳴して使えません。二弦は良かった。
ノーマルハード両方同じ感想です。

ナイロンとは全然違う音と感触で、弦高高めの生のクラシックギターには面白いかもしれませんが、僕のギターには合わない。
興味がある方、差し上げます。


次。

前から興味があったやつです。ハナバッハのゴールデン。
色付きのカーボンです。

アリアンスと同じで、細い!そして音は暖かい。
アリアンスはキンキン感があって僕には難しいんですが、これはイイかも!

しかーし、一弦が…オーガスチン黒並みにピッチが悪い。
これはあかんわ。カーボンにも当たり外れあるんかな?

それに高い。1~3弦だけで千円以上します。

残念…。

結局もとに戻しました。今張ってるのは1、2弦がプロアルテのハード、3弦がアリアンスのハイ、4~6弦がラベラのポリッシュです。

もはやいつも通販で買うお店の広告塔です。


ついでに紹介しときます。これ。

1~3弦はブラックナイロン、4~6弦はポリッシュ弦です。

ポリッシュ弦とは。

ラウンド弦の表面が磨かれていて、キュッというノイズが減ります。
ピエゾで増幅するエレガットは、生のクラシックギターよりもキュッが派手に響くので、低音でスライドなんて恐ろしくてできません。ベースライン弾くのもかなり神経使います。

フラットワウンドではない、ラウンドに近い感触でノイズも出ない。
音はシルバーより重く鈍い感じですが、ええ具合に使い込んだ弦やと思えば良いです。てか僕はその方が好みです。

値段も三本で1000円くらい、ポリッシュ弦はこれが一番安いみたいです。
エレガット弾くひとには絶対おすすめ!


で、見慣れないパッケージですけど実はこれ、梅田の○カイ楽器で買えます。地下の方。

奥の方にバラであります。このブラックナイロンの1~3弦、ポリッシュの4~6弦、それとフラメンコ用の黄色いナイロンの1~3弦が1セット常にストックしてあるみたいです。

ブラックナイロンは良いです。ダダリオのよりはっきり鳴る気がします。フラメンコぽい音にしたいときはこのセットでOKや!

黄色のやつはぶよぶよ、音がぼける。僕のギターには合わんかな。

今気づいたけど、○カイ楽器て書いときながら弦のメーカーは全然伏せてないわ(笑)ま、いいか。


しかし、夢中でこんなことばっかりやってて…ほんま病気やな。ナイロン病。
さよならスチール、さよなら磁力。多分



四方裕介さん、ありがとうござました。
・・・管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2010/07/02 23:08 ] 皆さんからの記事 | トラックバック(-) | コメント(-)