LIVEレポ★2011年1月10日(月・祝)中崎町【common cafe】 g村山義光 b鷲見和広GrandJazzLive♪   

LIVEレポ★2011年1月10日(月・祝)中崎町【common cafe】にて
g村山義光氏b鷲見和広さんGrandJazzLive♪に行ってきました。

あれ!?!! 画像がない!撮影したはずなのに、どこへいってしまったのだろうか?
毎回ライブを撮影させて頂いているのに。。。一つでも抜けるとなんだか気持ち悪い。

最近、鷲見さんとの共演はデュオが多いです。
「デュオ」「Duo」。いろんな編成でのデュオがあると思いますが、ボーカルとギターのデュオはよくありますよね。しかしボーカルとベースとのデュオって少なくないですか?
でも鷲見さんは、ボーカルとデュオライブは珍しくなくやっておられます。
4本だけの弦で、しかも太くて弾くみくそうなコントラバスが奏でる伴奏で歌われるのって、なんだか難しそう。
っていうか、ベースだけで、コード感を出しながら、ベース部分や、メロディー部分、リズム感も伝えるというか、表現するのって、ギターよりも難解なイメージがあります。やっぱりそう?

それだけ表現出来るベーシストって、この日本にどれだけのおられるのでしょうか?
今度、鷲見さんにお聞きしてみよう。

鷲見さんは、今や、もう少なくなりつつある、自分にも共演者にも厳しい貴重なミュージシャンではないかと思う。
共演の演奏の指摘って、何かと事情あって、し辛い音楽業界になっているのでしょうか?
10~20年前は、お互いの演奏や歌について、ちょっとケンカ越しや、いじめになるくらいの仕打ち?というか、洗礼?試練?が起こりまくっていたと、ベテランミュージシャンにお聞きすることがあります。

今って、どんな環境なのでしょうか?演奏レベルって、昔よりも上がっているのでしょうか?
アマチュアレベルとプロレベルな演奏者って、昔も今も、チャンポンになっているのでしょうか?
関西は?東京は?

こんなことを、更に知りたくなりました。
・・・管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2011/01/11 04:28 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)