LIVEレポ★2011年6月1日(水)中崎町【common cafe】 vo小柳淳子g村山義光GrandJazzLive♪  

LIVEレポ★2011年6月1日(水)中崎町【common cafe】にて
vo小柳淳子さんg村山義光氏のGrandJazzLive♪ に行ってきました。

vo小柳淳子さんg村山義光氏


静かに始まりました。しかし、この二人のライブは、どんどん熱くなるのであります。いつものようにスタンダード曲の楽譜(コード譜など)小柳さんが、適当?に並べたものを村山氏に渡します。村山氏は、ほとんど楽譜を見たり、順番を確認することもありません。でも二人は、1セットをひとつの物語になるかのように、自由自在のどんな曲が来ても やはり1セットを一つとしたかのようなステージを作ってくれます。小柳さん、恐るべし!
いつの間にやら、ほんの少しお客様も増えて、いつものお客様の数。人気度があわれています。笑。

vo小柳淳子さんg村山義光氏



小柳さんは、もう「ジャズ」を歌われて何年経たれるのでしょうか。。。おそらく20年前後?あらゆるジャンルを歌われていると思いますが、今現在も「ジャズ進行中」。村山氏もそうなのですが、ジャズをされているミュージシャンとオリジナル曲を主にされているミュージシャンは、どちらがジャズミュージシャンなのでしょうか?わけ分らない表現で、伝わってますでしょうか?キッチリ、カテゴリーにあてはめること自体、変なのかも知れない。無理があるのかも知れない。
vo小柳淳子さんg村山義光氏
例えば、小柳さんくらいのジャズ歴やよりも、短いジャズ?ミュージシャン(ボーカルも含む)が
、スタンダードの演奏が▼×■な演奏だったりなんかして、
「私の音楽の歴史にはジャズがあります。」
なあんて言うてはったりなんかしたら、かなりジャズのことを解ってて出来ている音楽家なんやろなって思ってしまう。とか~。

聴き手が演奏ミュージシャンよりも無知なかたが多いのをいいことに、ミュージシャンが看板あげて商売って、だましだまし出来てしまってたりする~とか~。

同じお金出して聴くならば、なるべく騙されないよう、丸腰のかたの演奏をこらからも聴きに行きたいと思うのでございます。そのためには、具体的に。。。これが私一人だけの判断が出来ていないのが、悔しいところでございます。
ボッタクリ反対!明朗会計!行列になんか並ばないぞ~!!!
vo小柳淳子さんg村山義光氏vo小柳淳子さんg村山義光氏vo小柳淳子さんg村山義光氏
最後の曲は、亡くなられた vo/pマンボ松本さんへと、小柳さんが選曲された歌を歌って頂きました。
私は、そのマンボ松本さんを聴くことが出来なかったのですが、小柳さんの思いがこもった演奏でした。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2011/06/02 05:16 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)