LIVEレポ★2011年6月19日(日)難波【ミュージッククラフト】 vo東雲マリg村山義光 b千北祐輔d安井鉄太郎カルテット 

LIVEレポ★2011年6月19日(日)難波【ミュージッククラフト】にて
vo東雲マリさんg村山義光氏 b千北祐輔さんd安井鉄太郎さんカルテットLIVEに行ってきました。

g村山義光氏 b千北祐輔さんd安井鉄太郎さん
19時になっても東雲さんが来ない。。。イヤな予感が浮かび、ご自宅にお電話をする。いはった!
「今日は日曜日なので、スタート時間は19時になっておりました。笑汗。20時までに来て下さったらいいですよ~。」
と伝えました。よかった。時間を勘違いされていただけ。笑。
待っていてくれたお客様全員、心の広い方達ばかりでよかった!

東雲さんの過去の噂になっている「武勇伝」?はお聞きしていたので、
「お!とうとう来たのね!」って感じで ちょっとスリルを味わいました。


g村山義光氏 b千北祐輔さん
ライブ前から少しソワソワドキドキしていたという千北さん。初共演の安井さんと東雲さんだから当然なのでしょうか。お二人共、きっと想像を絶する音楽人生を今現在の進行中のミュージシャンなやもんね。

20時に東雲さん登場と共に、ライブ、インストのFootprintsのスタート!
緊張感を生かしてか、このライブへの意気込みか、千北さんの演奏はとても熱かった。







d安井鉄太郎さん

安井さんは、今年10月にニューヨークから完全帰国されるとのことで、今回の帰国はその前の準備一時帰国だったのでしょう。
ニューヨークでの生活のお話を聞かせて頂くことは、毎回の楽しみにさせてもらっています。
長いニューヨーク生活の中、友達が勝手に安井さんのバースディパーティーをひらいてくれたそうだ。しかも出席者50人!
そんな仲間と別れるのは、非常に残念だったり寂しかったりするのではないか?とか、安井さん、凄い人気者だ~って妄想してしまう。

vo東雲マリさん

さて、また演奏の話でございますが、インストが終わり、東雲さんの歌!♪My Funny Valentine♪
静かに始まるのですが、だんだんだんだん、東雲さ~ん!なんだ~!?!こんなMy Funny Valentine聴くのは初めてです!なんか泣けてきたぞ~、涙出てきたぞ~。
村山氏と東雲さんのデュオの時と、すごい違うものが爆発している~!溢れてきている~!

ああ、東雲さんというボーカリストは、今までどんなことがあったんやろか~。これは、人生浅く?薄く生きてては、こんな歌にはならんのやろな、って感じの思えたです。「素晴らしい!」と言ってしまうのは簡単です。濃過ぎます~。。。












vo東雲マリさんg村山義光氏 b千北祐輔さんd安井鉄太郎さん
続いて、♪My Favorite Things♪ アカン、ノックアウトされました。涙も止まりません。泣。
これは「ジャズライブ」というジャンルですが、そこいらのお洒落なジャズから、離れた、なんやったら宇宙規模で離れてしまっている世界のもののように。
心にグッサリなんかか突き刺さったまま聴いている感じです。

ところで、安井さんのきめ細かく難解でいて心地いいリズムは、東雲さんはすぐに察知されてたみたい。
リズム感の鋭いボーカリストならではなのでしょうね。
後で、しみじみと、安井さんのドラムのことを語っていた東雲さんでしたから。

vo東雲マリさんg村山義光氏 b千北祐輔さん飛び入りvoともともさんg村山義光氏 b千北祐輔さん
【ミュージッククラフト】
終演後は、まるで嵐が過ぎ去った後のような静けさって感じに思えました。
東雲さんは、ずっとお店にある中古CDやアルバムを見ている。
お客様が東雲さんに近寄ってお話する様子はあまりなく、そっとしてあげている感じ。

ライブ中の東雲さんのMCもこれまた濃過ぎて、レポ出来ません。汗。
また、東雲マリ&村山トリオのLIVEは出来る限り続けていって頂きたいと心から願うのでした。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2011/06/20 06:20 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)