LIVEレポ★2011年8月6日(土)難波駅前【845】 vo東雲真理bトーマス・ポズナー デュオLIVE  

LIVEレポ★2011年8月6日(土)難波駅前【845
東雲真理(vo/pf)さんTomath Posner(b)さんのデュオLIVEに行ってきました。

東雲真理(vo/pf)さんTomath Posner(b)さん
あ!ストリートライブで飛び入りしていったTomath Posnerさんと東雲さんが共演するではありませんか!
友達を誘って聴きに行って参りました。

会場に入ると 凄く歓迎してくれた東雲さんでした。ていうか、いつも東雲さんは、私なんか相手でも 丁寧に対応して下さる。
もちろん、お客様にもお店側にも丁寧なかたであります。
昔話を人から聞くのは、東雲さんは結構、攻撃的だ。とかトンがってはるとか耳にしたりしていましたが、
あ!そうっか。攻撃的でトンがってはるのは「音楽」のことなのか。

演奏や歌というものは、不思議ですね。凄い素晴らしいものを表現しているかたに、なかなか近寄りがたいという、こちら側の勝手なイメージを抱かせたりする。それほど、その表現者のされてきた努力というか、追求してこられたことを想像すると、凡人であればあるほど、恐れ多いと思うとのは 自然なことなのかも知れません。

Tomath Posnerさんはカナダから来た外国人です。最近、ライブハウスのスケジュールによく載り出している27歳のミュージシャンです。
東雲真理(vo/pf)さん
東雲真理(vo/pf)さん


東雲さんもTomath Posnerさんもお互いのソロ演奏を交えながらの演奏。そして東雲さんのピアノも初めて聴けました。
東雲さんの演奏は、ただトンがって攻撃的なものではなく、そこには必ず包容力があるのだ。
共演する意味としうか、どんな共演者とでも、お互いを気遣う演奏の出来てより良いジャズになるのだと、このライブを聴けて、私は少し気がつけた思いになった。





・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。






スポンサーサイト
[ 2011/08/07 00:36 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)