スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

LIVEレポ・11月12日(日)【common cafe】にてts鈴木央紹さん&村山義光氏デュオLIVE 

LIVEレポ・11月12日(日)【common cafe】にてts鈴木央紹さん&村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。
鈴木さんのサックスを聴かせて頂くのは、今年の夏振りでその時はベースとドラムとのトリオでした。
会場にはもう既に村山氏がセッティング開始。新幹線の絵とバックには「指定席」の文字の入ったカワイイ、シャツを着こなした村山氏。似合い過ぎ。笑。   僕は珍しく、友達を連れてこのLIVEにきたのです。その友達は最近アルトサックスを習い始めたので誘ったのです。日本を代表すると言っても過言ではない鈴木さんと超えげつない超絶技巧を誇るギタリスト村山氏のめったに聴けないデュオLIVEなので、ほぼ、強引に連れてきたのです。笑。
入ってこられた鈴木さん、黒のお洒落なハレンチコーイ、いや、トレンチコートの衿をおっ立てて、芸能人のオーラたっぷりに現れました、カッコエエな~・・・。
村山義光氏・鈴木央紹さんデュオ
鈴木央紹さんソロ
会場は満席!
村山氏「ありがとうございます!」
村山義光氏のおすまし・笑

鈴木央紹さんと村山義光氏はもう10年以上前から共にLIVE活動をされているそうです。お二人の出会いは鈴木さんが大阪市内でストリートライブをされていた時に村山氏が声をかけたそうです。数年前には韓国のテレビで彼らの特集番組を組まれるほどの凄い人気だったそうです。今でも鈴木さんは韓国で活躍されているのです。村山氏は たま~に韓国でのお仕事があるそうですが。当時、凄い人気だった彼らはLIVE会場から移動用の車に乗るまでファンの人達でゴッタがえす中、警備員に助けてもらいながら乗り込んだほどだという。韓国のJAZZ雑誌でCD付で6ページにも渡って特集を組まれたりと、それはそれは凄かったそうです。村山氏も元、準ミス・コリアの女性のファンがおられたという。(ホンマかいな~笑)  話が今回のLIVEとは離れていってしまいました?
1ステージ目、お二人さん、打ち合わせもしなければ、曲目も決めない。楽譜がない中、鈴木さんが、勝手に?イントロを噴出す。村山氏は始めは何の曲やら分からない様子であったが、後に二人のサウンドが重なり始める。BLUESを始め、こんな調子で4曲を終える。2人で4曲1時間。こんなLIVE体験したことがない。2ステージ目、途中、それぞれのソロ演奏もしてくれた。まずは村山氏。カウンターの向こうで鈴木さんが楽しげに?聴いている。そして鈴木さんの出番。鈴木さん「いっぱい音出せていいですね。笑」。村山氏「鈴木さんはどんなに頑張っても1つしか出せないですよね。笑」。鈴木さん「3つくらい出せますよ。笑」
LIVE終了後、村山氏のお聞きしたら、「曲目も決めないでいきなりパートナーが演奏し始めて演奏するLIVEは初めて。」と言っておられました。鈴木さんは東京でもこのようなLIVEをされたいるのでしょうか?しかし、素晴らしい演奏をやってくれたスーパーミュージシャンのお二人の演奏を聴けて凄く嬉しかったし、こんなLIVEを体験できるなんて、もしかして、ここ【common cafe】しかないのかもしれません。凄く得した気分にさせてくれました。
このLIVEがあるまで、僕のボーカルの友達が「このレアな二人のデュオLIVEなんて、もう聴けないかもしれへんで!」と言ってました。ホンマや。次回はあるんやろか?鈴木さん村山氏、また演って下さいね。
それにしても今回の【common cafe】は超満席やった。しかも、どうやら大テーブル側に鈴木さんのファンの女性の方々。小テーブル側に村山氏の統一性ゼロのお客さん。なんかおもろいな。笑。
・・・管理人ローリー
スポンサーサイト
[ 2006/11/13 08:02 ] 2006年11月ライブレポ | トラックバック(-) | CM(2)

どうも~♪

村山さんのライブはホンマ楽しいですね!
鈴木さんは、Duoライブなどのときには曲をいきなり吹き始めるということをされています。聴いてるほうも、ドキドキしちゃうんですが、一緒にされているミュージシャンの方も「ん??」となって、しばらくしてから「あぁ!」と演奏に入るという・・・。見てて面白いです(^-^)。

村山さんと鈴木さんのDUOライブ、絶対またやってほしいです。
28日のCommon Cafe、まだわからないですが、仕事が早く終われば伺いたいです。
[ 2006/11/19 15:14 ] [ 編集 ]

めみさん、どうも~!

はい!村山義光氏のライブは楽しくて、深くて、たくさんライブに行ってますが、まだ聴き飽きませんね。
村山氏は、馴染みのあるミュージシャンとよく曲目を決めないで、メドレーでどんどん曲を演奏しはることがありました。特にストリートライブなんですが、bs佐々木研太さん、ds高野正明さんとのトリオとか。数年前には、ds佐藤英宜さんとベーシストの方は忘れましたが、15時間ブッ通しで、少しの休憩しか取らず、同じ曲の演奏は無しで、ストリートライブをされたことがあったそうです。これを「村山合宿」と言うそうです。笑!この「村山合宿」をいつか15時間の記録を破ることを計画してはります。

JAZZって「即興」であり、その場で直前、もしくは演奏しながら新しい表現していく、あらゆる音楽ジャンルの中で高度で凄くスリルのある面白いものですよね。そのミュージシャンの中でテクニック的にも とんでもない発想的にも「超絶ミュージシャン」鈴木央紹さんと村山義光氏のあのようなライブは貴重ですし、これからもどんどん演っていって頂きたいですよね。
めみさん、いつもコメントありがとうございます。村山氏は毎日このブログを携帯電話で楽しみにチェックされています。(パソコンを持ってないので。)28日のcommon cafeもスーパーギタリスト馬場孝喜さんと村山義光氏のデュオは聴き逃せませんわ。
[ 2006/11/21 10:24 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。