詩「ぼけたらあかん ながいきしなはれ 

「ぼけたらあかん ながいきしなはれ」

1.年をとったら 出しゃばらず
憎まれ口に 泣きごとに
人のかげ口 愚痴言わず
他人のことは ほめなはれ
きかれりゃ 教えてあげてでも
知ってることでも 知らんふり
いつでもアホで いるこっちゃ

2.勝ったらあかん 負けなはれ
いずれはお世話に なる身なら
若いもんには 花もたせ
一歩さがって 譲るのが
円満にゆく コツですわ
いつも感謝を 忘れずに
どんな時でも ヘェーおおきに

3.お金の欲を 捨てなはれ
なんぼゼニカネ あったとて
死んだら持って 行けまへん
あの人は ええ人やった
そない人から 言われるよう
生きてるうちに バラまいて
山ほど徳を 積みなはれ

4.そやけど それは表むき
ほんまはゼニを 離さずに
死ぬまでしっかり 持ってなはれ
人にケチやと 言われても
お金があるから 大事にし
みんなオベンチャラ言うてくれる
内証やけれど ほんまだっせ

5.昔のことは みな忘れ
自慢話しは しなはんな
わしらの時代は もう過ぎた
なんぼ頑張り 力んでも
体がいうこと ききまへん
あんたは偉い わしゃあかん
そんな気持ちで おりなはれ

6.わが子に孫に 世間さま
どなたからでも 慕われる
ええ年寄りに なりなはれ
ボケたらあかん そのために
頭の洗たく 生甲斐に
何かひとつの 趣味持って
せいぜい長生き しなはれや


@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@

どなたかが見付けられて掲載されていたものを
g村山義光氏が見付けて私に教えてくれました。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2012/06/22 01:31 ] 村山義光のお勧め | トラックバック(-) | コメント(-)