あらためて「JAZZ」…ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より 

最近、村山義光氏がチェックされ、私に教えてくれたものです。

「JAZZ」
ウィキペディア 無料のウェブ百科事典より

「ジャズ」は、19世紀末から20世紀初頭にかけてアメリカ南部の都市を中心に派生した音楽形式。西洋楽器を用いた高度な西洋音楽の技術と理論、およびアフリカ系アメリカ人の独特のリズム感覚と音楽形式とが融合して生まれた。演奏の中にブルー・ノート、シンコペーション、スウィング、バラード、コール・アンド・レスポンス(掛け合い演奏)、インプロヴィゼーション、ポリリズムなどの要素を組み込み奏者の力量と才覚に大きく左右されることが特徴的とされている。 その自由な表現形式は白人音楽家にも注目され、技法や理論など急速に発展した。20世紀半ばには人種の枠を越えた現代音楽の主要ジャンルの一つとして認識され、現代音楽理論を先導する高度な体系をつくりあげた。その結果、ジャンルを越えた音楽芸術の現代的様式の一つとなり、様々な方向性に発展を見せ、現代の音楽の源流を形作った重要な役割を担う存在である。

歴史
起源 - 1930年代

ジャズは西洋音楽とアフリカ音楽の組み合わせにより発展した音楽である。スピリチュアル、ブルース、ラグタイムの要素を含み、根底的には西アフリカ、西サヘル(サハラ砂漠南縁に東西に延びる帯状の地域)、ニューイングランドの宗教的な賛美歌やヨーロッパの軍隊音楽にある。アフリカ音楽を起源とするものについては、アフリカからアメリカ南部に連れてこられたアフリカからの移民(多くは奴隷として扱われた)とその子孫の民族音楽としてもたらされたとされており、都市部に移住した黒人ミュージシャンによってジャズとしての進化を遂げたといわれている。



なるほろ~。。。私には、専門用語でわからない部分もありますが、
でも的確に分りやすく説明されているのではないかと漠然と思いました。
既に皆さんもご承知のとおり、メッチャ難しいやん!!!

だからこそ思うというか疑問なのですが、
一体この日本で「ジャズ」をされている、出来ているジャズミュージシャンて、どれくらいおられるのだろう?
と。。。全く想像つかないのですが…

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2012/07/11 00:01 ] 村山義光のお勧め | トラックバック(-) | コメント(-)