LIVEレポ★2012年10月27日(土)難波【ミュージックラフト】g村山義光b光岡尚紀d斉藤洋平MURAYAMA Invitation Live Vol.6  

LIVEレポ★2012年10月27日(土)20:00~難波【ミュージックラフト】へ
MURAYAMA Invitation Live Vol.6 を聴きに行ってきました。
メンバーは、g村山義光氏b光岡尚紀さんd斉藤洋平さん

g村山義光氏b光岡尚紀さんd斉藤洋平さん

私が村山氏と出会ったのは約7年前。その頃から村山氏は比較的、ご自分よりも若いジャズミュージシャンとの共演が多いです。

長年ジャズを演奏し続けていると、自分のしたい演奏スタイルというのでしょうか?演奏への価値感というのでしょうか?ある程度、定まってくると、それに賛同してくれそうなミュージシャンとの共演を希望されているように感じます。
村山氏がしたい演奏スタイルは、リハーサル、打ち合わせせず、「即興」「ガチンコ」であります。
共演者に、「こうして欲しい」とか言いません。

g村山義光氏

演奏中に、音で示して、それに応えて音で返してもらう。
っていう、「ジャズ」がしたいみたいです。

なので共演者は何をしようが自由なのですが、自由と言っても、共演者の音を無視して一人勝手気ままに自由に演奏するのではないです。(共演するなら当然か。)
主に音で意思疎通をするのですから、豊富な知識と感性が必要となるのでしょうね。

MURAYAMA Invitation Live に来られるお客様には常連が多く、主に「音」に焦点を合わせ、ゆとりが有れば奏者のやり取りも楽しんでおられる様子です。

愛想いいとか、お話が面白いとか、それは「音」の次に見ているに過ぎないようです。
村山氏をはじめ、演奏者が演奏以外に気が回る暇がないほど、「音」に集中している演奏者というだけなのでしょうけれど。

b光岡尚紀さんd斉藤洋平さん
演奏に対して真剣さや誠意に欠ける振る舞いは、見ていて気持ちの良いものではないと、お客様からよくお聞きします。
皆さん、厳しい~!怖っ!

・・・g村山義光ブログ管理員ローリー。
【ミュージックラフト】お客様

スポンサーサイト
[ 2012/10/28 05:55 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)