LIVEレポ★2013年1月13日(日)20:00~難波【ミュージックラフト】 vo大野いずみ g村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年1月13日(日)20:00~難波【ミュージックラフト
vo大野いずみさんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

vo大野いずみさんg村山義光氏

ジャズの演奏のひとつに、ある曲(スタンダード)の1コーラス目をオリジナルメロディーをそのまま歌われ、2コーラス目を違うメロディー(即興か仕込み)で歌われる事がありますよね...
基本的に何コーラス目でも、元は同じコード進行でしょうが、大幅に変化する事もあるようで、その時々のコードにマッチしものを選択しながら創り出す事が、さぞかし難しいんだろうなと、こんな私でも察しはつきます。

大野いずみさんは、もちろんジャズ・ボーカリストなので、コードに沿った違うメロディーを歌おうと奮闘されているのであります。
当然の事でしょうが、この当然が難しく、かなりのバランス感覚を要するものなんでしょうね。
村山氏『いわゆる楽器というものが、自分自身というボーカルの宿命的な課題の一つに、「体にコード感が染み込んでいるか?」を、どれだけ深刻な問題として捉えれるかが鍵になると思います。』
という事だそうです。

vo大野いずみさんvo大野いずみさんvo大野いずみさんg村山義光氏

彼女はコードというものに重きを置き、村山氏に対応しようとしているさまを感じるからこそ、彼女の2コーラス目を聴くのが楽しく醍醐味となってきました。

少しそれますが、事前準備をした2コーラス目のメロディーは、即興性を楽しむという趣向者からすれば、楽しみが一つ減って少し残念ですが、即興要素の程度には幅があるでしょうから、引き出しからセンスよく部品を一つ二つチョイスして、少し即興要素の加わった2コーラス目なんてのも素晴らしいですね~簡単に言うなって感じでしょうが...イメージだけで云っております_(_^_)_

彼女は...ピアノに向かってコードをチェックしたり、いろんなジャズ音源を聴いたりしてモノにしようと奮闘しているのでしょう…
ジャズのスタンダードを誰かの物まねではなく、
カラオケ上手なだけではない!
大野いずみさんのジャズは、これからも前進されていくのだと思います。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

vo大野いずみさんg村山義光氏





スポンサーサイト
[ 2013/01/14 06:39 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)