LIVEレポ★2013年1月11日(金)谷九駅前【SUB】g竹田一彦b宮上啓仁 

LIVEレポ★2013年1月11日(金)谷九駅前【SUB】g竹田一彦さんb宮上啓仁さんのライブに行ってきました。

g竹田一彦さん

今までに幾度か、竹田さんのライブに行かせて頂いたことがあります。
その時は歌伴をされる竹田さんでしたが、本日は、芸術性が高い(村山氏の個人意見)と言われているベース宮上さんとのデュオとのことで、以前よりチェックしていた私は、とても楽しみにしていました。

入店すると宮上さんのセッティング中で、お客様は、まだ3人しか居ませんでした。
ライブスタート予定時間の15分ほど前に竹田さんがお店入り、打ち合わせは無く、竹田さんが本番上で、思い付いた曲を宮上さんに投げかけていました。
曲名を思い出せなくても
竹田さん「こんな曲や。」と弾き出します。
受け答えスムーズに宮上さんが対応
懐と勘が絶妙な竹田さんと宮上さんの、素晴らしいジャズを聴くことが出来ました。
b宮上啓仁さん

2セット目は、お客様で来ていたd中野圭人さんが飛び入り。
1曲目。早いテンポの演奏に竹田さんの力強いピッキング。
2曲目。スローな演奏の中での、竹田さんの音数多めのアドリブが映えます。
竹田さんって、一体おいくつなのだろうか?と、ふと思う。
鋭い魅力的な演奏。

村山氏も、昔から竹田さんのジャズ演奏が憧れの存在であったギターキッズの一人でありました。
 
g竹田一彦さんb宮上啓仁さん 飛び入りd中野圭人さんg竹田一彦さん

私はジャズギタリスト竹田一彦さんについて あまりにも無知です。
日本にジャズが入って来た頃、ギターさえも日本にいつ入ってきたのかも知りませんが、竹田さんがギターを始められたのって、どんな環境だったのでしょうか?
ましてや、ジャズの教則本なんて全くなかったでしょうし、どうやってジャズを理解されて来たのでしょうか?
時代を考えると、とても貴重なジャズギタリストで、きっと国宝モノに違いないのかも知れません。

g竹田一彦さんb宮上啓仁さん 飛び入りd中野圭人さん、他

きっと、昔も今も変らず、若いジャズをし始めたてであろうミュージシャン達が、竹田さんとのセッションに挑み、集まって来ているのでしょうね。
いつの間にか、今夜のSUBには、たくさんのお客様と駆け出しミュージシャンのかたで満席となっていました。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

g竹田一彦さんと飛び入りの皆さん

スポンサーサイト
[ 2013/01/12 05:36 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)