LIVEレポ★2013年4月4日木)西九条駅前【マーシーオーガモン】 g村山義光g四方裕介デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年4月4日木)西九条駅前【マーシーオーガモン】にて
g村山義光氏g四方裕介さんデュオLIVEに行ってきました。

g四方裕介さん

長髪になって登場のセクシーな四方さんです。
あ!村山氏も長髪でした。セクシー…?

久々の このお二人のギターデュオライブを凄く楽しみにしていた応援者がおられます。
その方は、凄く耳がイイ!私や村山氏がその方と出会ったのは3年前、その頃は「ジャズ」の妙というのでしょうか、そういうものが、あまり分からなかった様子でしたが、その頃を境にジャズの魔力に取り憑かれていったようで、今では1日の大半をジャズの勉強に費やす事も ざらにあるようです。
村山氏曰わく...「たった3年の内に、凄まじい程の的を得た見解で捉え、感性豊かに成長を遂げてはりますよね~そう簡単になし得れる事とちゃうと思いますわ~」らしいです。
もちろん私も、その方の感性に信頼を寄せています。

g村山義光氏g四方裕介さん

そんな厳しい耳をお持ちの方が、特別このデュオを楽しみにされていました。そして二人に、あらゆる応援をして下さっています。当然この二人を尊敬している想いが、姿勢から見受けられます。
お二人もそれを凄く感じていて感謝をしているに違いありません。
なんと奇特なお客様なのでしょう。

話が変わりますが、たまにライブ会場で見かける場面ですが、お客さんが演奏者に上から目線の言い回しでアドバイスっというのがありますが、演奏経験が無い、叉は、ほぼ無い人なのに~笑汗。
喰らってる側は、お客様だから上手く言い返せていないのがほとんどのようで、長い経験と実力を持ち合わせて要るであろう村山氏でさえ、たまにそんな場面になる事があり、とても見苦しく、聞き苦しい想いに駆られます、そんな客に番犬のように吠えてしまった事があります、なんとも後味の悪いものです... ウ~~ワン!ワン!!

g村山義光氏g四方裕介さん

話はギター奏法に付いて... に変わりますが、
ギターで四つ切り という伴奏を強いられる場面があったりしますが、単純なようで、そう簡単には行かないようです、アドリブとのバランスも考えて音量や音圧には神経を使うのだそうです。
四つ切りを舐めてはいけないそうで、四つ切りを楽しみに聴いているリスナーも居ます。
「四つ切を笑う者は、四つ切に泣く。」笑

g村山義光氏g四方裕介さん

ライブ終了で、カンパーイ!
四方さんと村山氏の共演が、益々スリルあるジャズアンサンブルになられる事を願って...
これからも聴かせて頂きたいと思っております。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
g村山義光氏g四方裕介さんとKOさん

スポンサーサイト
[ 2013/04/04 23:06 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)