LIVEレポ★2013年4月14日(日)13:30~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン】 予約受付中『第28回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ』  

LIVEレポ★2013年4月14日(日)13:30~18:30西九条駅前【マーシーオーガモン】へ
『第28回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ』 に観覧に行ってきました。

講師g村山義光  
受講者 ギター1名。ボーカル1名。
1人持ち時間40分+最後は受講者同士のセッションによる指導。

g村山義光講師とギター受講者g村山義光講師とギター受講者ボーカル受講者とギター受講者

初めての受講の方と久々の方、共にとても濃い時間を過ごせたのではないでしょうか。
ギタリストさんは、既にライブ稼動されている人ですし、ボーカリストは、村山氏と昔からの顔馴染みで「ジャズ」の知識が豊富で前向きに努力される方で、更に踏み込んで、一つ上の段階を想定した指導内容となっていました。

さて、村山義光氏の得意とする分野は、リズム感ではないでしょうか。
高速なだけでは無く、かなりの正確さで、点と点を最適化する様を音で示されます。

例えば、ゆれているリズムの中間(近似値?)を追従しながらテンポ感を共有したり、テンポ400の間(八分の裏打ち)をなんなくやってのけたり(本人は必死と言ってましたが... )、
それらを実際の演奏で生かそうとしているようですが、
こういう意識って、日本の全てのジャンルの演奏家で極めて少数ではないかと思う程です。

ボーカル受講者とギター受講者とg村山義光講師

まず出来るかどうかですが、挑めば手中に収めれるかもしれないのに、大多数は「出来るわけない」と頭っから挑もうとしなかったり、「芸術的な事とは思えないのでしない」な~んて、紛らわしい発言をされたり、聴き手側でも、似たようなやり取りを見た事があります。

村山氏のコメです... 自分の許容範囲を上回ると否定する(笑)よう な、公明正大さを著しく欠いてる者から、まともに光線(影響)を喰らってしまっているようでは、『御主、立った姿に隙(スキ)あり杉~笑』なんて事になっちゃいます、呉々もそうならぬよう、鼻を利かせて地味に奮闘努力を継続するしかないと思っています、やがてその先にはオリジナリティという世界が待っていると思います_(_^_)_

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。
g村山義光講師

【マーシーオーガモン】のチキンカレー

スポンサーサイト
[ 2013/04/15 03:30 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)