LIVEレポ★2013年3月20日(水祝)17:30~22:00西九条駅前【マーシーオーガモン】 『第27回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ』  

LIVEレポ★2013年3月20日(水祝)17:30~22:00西九条駅前【マーシーオーガモン
『第27回g村山義光ジャズ楽器ワークショップ』
講師g村山義光  
受講者 ギター2名。ベース1名。
(1人持ち時間40分+最後は受講者同士のセッションによる指導。)

g村山義光講師と受講者g村山義光講師と受講者

この日、終日ワークショップ観覧いたしました。
長い長い一日、ずっと受講や観覧をしていた、熱心な方も居られました。

何処かの村山氏のライブを聴きに来ていた、楽器をされるお客様が、村山氏のワークショップも気になっておられ、この日の観覧に足を運んでくれてました。
「凄いですね!」
と、ちょっとビックリされていました。

g村山義光講師と受講者と岡本マスター
マーシーオーガモン岡本マスターが書いたリズム表

私は、村山氏のワークショップ以外の、他の方が行っているワークショップやセッションには、あまり出向いていません(過去5年で10回程観覧)が、村山講師ほど、辛口であれど、受講者を素早く問診し、スバッと中に入り込んでいく方っておられるでしょうか、しかも必ず笑いという飲み易くしての処方も忘れていません。

アンサンブルにおいて、悪い意味で、何もおこらなかったり、バランスが崩れたり、が、頻発するような状態では、熱い(もしくは良い)演奏に転じる事は、かなり難しい段階なんだろうと思いますが、これには、共演においての自分の在り方や共演者への気配りを持ってして、上手く意志層通しながら、助け合いの精神も欠かせないのでしょう。
その技を音だけで表現するには、あらゆる知識や経験が必要となるのでしょう。
日々、吸収吸収!でしょうか。
吸収するには、自分が「したい!」という、いてもたってもいられない衝動があってこそ。

これは、当然の事でしょうけれど、沢山、曲を覚えたいという衝動があるなら、誰に言われなくても挑んでしまっているのでしょうね。
「好きこそものの上手なれ」

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

受講者同士のセッションを視聴するg村山義光講師


スポンサーサイト
[ 2013/03/21 03:10 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)