LIVEレポ★2013年10月3日(木)西九条【マーシーオーガモン】g馬場孝喜g四方裕介デュオLIVE 

LIVEレポ★2013年10月3日(木)西九条【マーシーオーガモン】g馬場孝喜さんg四方裕介さんデュオLIVEに行ってきました。

g四方裕介さん

このライブの企画は、四方さんから馬場さんへ共演依頼をされた経緯ですが、数年前から四方さんは、村山・馬場 デュオライブを目の当たりにして来て、実現が決まった時、
「とうとう、この時がやってきた!」
と、何か覚悟のような意気込みを感じさせる言葉を口にされていました。

以前、私は馬場さんに、
「馬場さんに共演オファーとかする若いギタリストとか あまりいないように思いますが、何故なんでしょうね~ 馬場さんが怖いのでしょうか…?」
すると、馬場さんは、
「…誰のための演奏なんでしょうね…」
と、一言、シンプルなコメント。
きっと、率直に出た言葉だったんでしょうが、意味のある大事な言葉で、もしかして、多くの者が、いつの間にか忘れがちな初期衝動を、馬場さんは未だに持ち続けているのだな-と感じる一言でした。

g馬場孝喜さん

選曲は四方さんが決め、内1曲は四方さんのオリジナルで、他はスタンダードど真ん中の曲ばかりで、ジャズの妙を魅せて頂けました。
半分は速いテンポで、主に八分音符中心のソロ演奏時、四方さんは、
「ん~っ!! ふんが~っ!!」
とか、うなり声を発しながら馬場さんに投げかけていました。
四方さんのインストライブを久々に聴いた私にとって、今まで知らなかった彼の一面を垣間見たような気がしました。

g馬場孝喜さんg四方裕介さん

終演後「ボコボコでした…」
と言う四方さんは、清清しく充実感に満ちているようで、映った表情が輝いていました。
また共演依頼をされる予定だそうです。

馬場さんはというと、いつもと変らない調子でお酒を楽しみ、残ったお客様と東京での音楽事情の話をしておられ、華やかな表舞台、裏事情、現状、実力とは、モロモロ…
現在の馬場さんは「やっていくしかないんです!…」
と、言っておられました。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

g馬場孝喜さんg四方裕介さん


スポンサーサイト
[ 2013/10/04 01:02 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)