LIVEレポ★2013年11月27日(水)難波【ミュージックラフト】 g村山義光p竹下清志デュオLIVE  

LIVEレポ★2013年11月27日(水)難波【ミュージックラフト
g村山義光氏p竹下清志さんDuoLiveに行って来ました。

待望の共演ライブです!
今回のライブは、vo三田裕子さんのご紹介で実現したものです。
以前からお話を頂いていたのですが、村山氏は、自分よりも年上で、音楽経歴の長いベテランミュージシャンとの共演を、いろんな気苦労の為、避け気味なのですが... 笑 1年がかりでお二人の快諾を得る事が出来ての今回の共演の運びとなりました!

g村山義光氏p竹下清志さん

両氏の出会いは、今から30年ほど遡る事になりますが、両氏がまだ20代の頃にキャバレーの演奏会場のようでありました。
既に竹下さんは『神童』と呼ばれたいたそうで、
扱いは天と地ほどの差だったという村山氏の話しを、ニコニコしながら聞いていた竹下さんでした。

さて、いつものように、1セット、スタンダード5曲ほどを決めるだけの打ち合わせです。
お客様は7人だけ(予想より少なかった)でしたが、ライブはスタートしました。
1曲目が始まってすぐの時点で、お互いの実力や心の内を測れたのでしょうか?早くも二人の世界だけで楽しんでいるかのような演奏となっていました。
その演奏はバトルではなく、全てに物語があり、「それはホンマに初共演なのか?」と思うほどのドラマチックなものでありました。私は、まるで映画を観た時のような感動で一杯になりました。

村山氏が感じるには、
「あえて全曲リズムを出さないイントロを出しました。竹下さんに自由な選択をしてもらおうと思ったから。中には、アンサンブルし難い場面があったと思うんですが、竹下さんは、感性や耳が良く、それらを十分に使い僕の事を汲んでくれようとしているのが音から感じとれました。」

p竹下清志さんg村山義光氏p竹下清志さん

そして、話は続きました...
「おそらく竹下さんは、小難しい事はエエねん、ブワーッ!と、ガーッ!と素直に喋ってくれたらエエねん!って感じがしましたわ~、賢人ほど素朴な物を大切で魅力と感じ、なんなら憧れると思う。愚人ほど難しい事を語りたがるものやと思う。」
これは、突き詰め成し得た者ほど説得力があるんだろうと思いました。

g村山義光氏p竹下清志さん

g村山義光氏p竹下清志さん

ライブの一部をどうぞ( ^-^)_旦~
生で目の当たりにすると、息を飲むほどの緊迫感もあって、凄く気持ちイイ~時間が更に倍増します。

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

07 My Blue Heaven 村山義光g 竹下清志p

http://www.youtube.com/watch?v=1wVe1pnQI4M&feature=c4-overview-vl&list=PLSWlGnBAR-WPVuwZ7IUIbdZcNpzvzrXiC


08 When You Wish Upon A Star 村山義光g 竹下清志p

http://www.youtube.com/watch?v=2RVwY-5P1m8&list=PLSWlGnBAR-WPVuwZ7IUIbdZcNpzvzrXiC


09 'S Wonderful 村山義光g 竹下清志p

http://www.youtube.com/watch?v=WTSl3yyzKqs&list=PLSWlGnBAR-WPVuwZ7IUIbdZcNpzvzrXiC


10 Danny Boy 村山義光g 竹下清志p

http://www.youtube.com/watch?v=6pjPh_ihurI&list=PLSWlGnBAR-WOR9d1zrHcpG82D9Kz4E5wV&index=10
スポンサーサイト
[ 2013/11/28 05:27 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)