LIVEレポ★2013年12月9日(月)難波【ミュージックラフト】 g四方裕介b宮上啓仁d中野圭人LIVE 

LIVEレポ★2013年12月9日(月)20:00~難波【ミュージックラフト】へ g四方裕介さんb宮上啓仁さんd中野圭人さんのLIVEに行って来ました。

g四方祐介さんのリーダーライブ、今回はギター、ベース、ドラムでのトリオという今まであまりされていなかった編成でのライブという事もあって、特に楽しみにしておりました。

楽しみの一つに、関西の若手実力派のメンバー揃いというのも魅力でした。
勝手なイメージですが、お三方は一見控え目なキャラのようですが、演奏になると豹変する(控え目じゃないという事です 笑)ところが大好きなわけです…

集客というものは ほぼ「人気」を表していると思うのですが、必ずしも「実力」と比例しているものでは無いと感じています、また別の次元の話なのかも知れません。
強引な二例ですが、音楽を意識するミュージシャンと、人気を意識するミュージシャンが居たとすると、両者の優先するべき対象は全然違う訳です、どちらがどうという話ではなく、いろんなやり方があるという事なんですが、この夜のお三方は、限りなく前例に属すと感じます、お三方は音楽追求に大半の時間を費やしてしまって、人気をどう獲得するなんて事を考える余力はあまりないのか?余力はあるが興味がないのか?いや、気にする必要なんて全く無いのか?音楽追求型は必然的に寡黙(カモク)なイメージなのでありました。

g四方裕介さんb宮上啓仁さんd中野圭人さん

お三方は寡黙ながらもエネルギッシュ、それに演奏に対しとても誠実な印象で、大変魅力的です。

宮上さんは…このメンバーだからでしょうか?演奏で気になった箇所を遠慮なくメンバーに伝え、話し合っておられました。
中野さんは…「もっと練習して来ます!」と男前に帰られました。
四方さんは…今宵も寡黙に何かを考えながら帰られました。

演奏をサービス業と捉えるか、自身の追求と捉えるか、両方と捉えるか…
それらは演奏者の自由であり、他人が求めるものではないのを前提ですが、どこに比重を置いているのか、私のような者でも少しは分かったりします、そういうのって悪趣味な観察かも知れませんが、人それぞれの機微に触れ(錯覚かも 笑)、いろいろ面白いものだな~と妄想して楽しんでおります。(^_^)ゞ

・・・g村山義光ブログ管理人ローリー。

g四方裕介さんb宮上啓仁さんd中野圭人さん
スポンサーサイト
[ 2013/12/10 02:51 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)