「カラオケエレキ合戦」~Return To Forever (チックコリア) のアルバム『浪漫の騎士』より 

村山義光氏がギターを弾き始めてから現在に至るまで、コレといったた経歴や勲章が有りませんが、唯一、16歳の時(1978年頃?)に大阪は心斎橋の三木楽器で行なわれた「カラオケエレキ合戦」とうものに出演して優勝した事くらいでしょうか… カラオケって!笑。

当時の様子が垣間見れますね…

タイトルはカラオケですが、実際はレコード音源をカセットテープに録音したものをバックで流しながら、完コピ度合いを競うといものだったそうです。

合戦の参加者は、村山君(当時)以外は全てロック(Led Zeppelin、Deep Purple、Rainbow、他)の中、だいぶ周囲の色合いと違う Return To Forever (チックコリア) のアルバム『浪漫の騎士』より「道化と暴君の決闘 パート2」後半部分 5:55~ 最後までのギタリストAl Di Meola の丸コピで挑んだようです。

これって、やはり難しいのでしょうね?
無知ですみません。
速弾きだという事だけは分かります…笑

Return to Forever - Duel of the Jester & the Tyrant (Romantic Warrior)

http://youtu.be/sa21WPH4_U4

審査員。。ハルヲホン(当時)というバンドの小林克己というギタリストと、g村山義光少年

村山義光さんが16歳の時(1978年頃?)に大阪は心斎橋の三木楽器で行なわれた「カラオケエレキ合戦」とうものに出演した時の写真だそうです。右側のロン毛が村山さんですね。笑。

左側の方もロン毛ですが、実は審査員です。
ハルヲホン(当時)というバンドの小林克己というギタリストです。
この頃、教則本やレコードを沢山出していて、当時のギタークリニック等でも絶大な人気があったそうです。

村山さんは、まさにこの10代の頃って、あえて難しいものに挑んでスキルアップをしていく時期だったようで、まさに「弾ける気にならないような感じ」をわざわざ選んでいたそうです。笑。

練習したいけど新聞配達のバイトとかに追われる中、練習時間を作るにはどうしたらよいか?となるわけですが「寝えへんかったらええねん」となるわけで、お金が無かったら「食べへんかったらええねん」「借金したらええねん」(普通、簡単ではないけど。笑汗) 毎日10時間?13時間?どっちやったかな?以上を練習をしてきたそうです。

決して楽しさだけではなく、自らのストレスになるような課題を持って『養成ギプス』を付けての訓練が貯えとなり、今の形を成しているようです。

色々な過程を経て、今では唯一無二な世界観を持って、即興で創り上げるスタイルで、楽器のセッティング、弦の選択や弾き方、他モロモロに関しても現在も進行中であるようです。

やっぱり『おもろい』からやっているのでしょうけれど、村山さんの『おもろい』の次元は凡的ではないように思えます。

『ジャズは根性です!』 by 村山義光

スポンサーサイト
[ 2014/12/10 00:10 ] 僕ちゃん、むらやまよしみつ君 | トラックバック(-) | コメント(-)