7月23日神戸【BIG APPLLE】清野拓巳さんソロLIVE 

ローリーは珍しく、村山義光氏以外のギターリストのソロライブを聴きに行ってきました。ジャズにはまる前は山崎まさよし→押尾コータロー→RriedPrideの横田明紀男をよく聴いておりまして、村山氏に出会った時は「もう村山さん以外のギターを聴いてもあんまり感動しいひんねんやろね。」とポツリと言うと、村山さんは「清野さんを聴いたら感動するわ。」と。
村山さんと清野さん本人はお互いに未だ面識がないらしいんですが、村山さんは清野さんのアルバムを聴いて「オリジナル性に飛んでいて、独自のものにしてはる。」と絶賛。そう聞いたら僕は「いつでもどこでもすぐに聴きに行きたくなってしまう症候群」!行ってまいりました、神戸【BIG APPLLE】。おられました、世界に通用するギターリスト清野拓巳さん。
お客さんは8人ほど。皆さん以前からの清野さんのファンのようでした。中には清野さんに機材を提供されたお客さんがおられて、「こんな暖かい方達に支えられて すごいアーティストが誕生するのかな。涙。」とつくづく思いました。
清野さん

これ全部、エフェクターからスピーカー、パソコンまで清野さん自身が持ち込んだ機材であります。実はローリー、ギターの演奏を聴くのは大好きだが、ギターの知識は素人であります。 演奏方法は言うと独特なメロディーで弦を弾いたり叩いたり、ギターのボディーを叩いたり、既にインプットされた?音を呼んできて、足でエフェクターで操作しつつ、様々な音とメロディーを重ねる重ねる!どんどん厚みのある曲となっていく・・・。分かってもらえてますか?こんな説明で。汗。 演奏の感想は・・、凡人な僕の持っている言葉のボキャブラリーが足りな過ぎます。汗。ただ、映画のワンシーンや美術館で流れてきそうなサウンド。人間の本性が出されてしまいそうな音楽でした。  1ステージを終えられ、お話をさせて頂きました。村山義光さんをはじめ馬場孝喜さん、すごいギターリストは皆さんどうしてこんなに腰が低くて人当たりがいいのだ!?!とつくづく思います。
清野さんは「村山さんのことは人づてにすごい噂を聞いています。いつか村山さんと共演してみたい。」と。
たくさんアルバムを出しておられる中から今日のLIVEに近い状態のを頂きたい。と清野さんに選んでもらい2枚購入しました。1枚はカナダ人のギターリストと お互い機材を持ち込んでの共演で【BIG APPLLE】で録音されたものです。  村山さんの演奏を聴かれている方はもうご存知でしょうが、同じ曲でもその時の気分でアレンジを変えてすごいギターテクニックで演奏しはります。なので2度と同じ演奏をLIVEで聴くことは出来ません。清野さんのLIVEも即興でその時にしか出ない音、メロディー。ソロライブは不定期ですが、3ケ月に1回くらいやっているそうです。皆さんも興味を持たれたなら聴きに行ってみて下さい。
清野さん、今度是非、村山さんのLIVEを聴きに来てみてくださいね。
清野さんと村山さんの共演が実現したら世界に例を見ないメッチャ面白いLIVEになりそうな・・。

PS、【BIG APPLLE】のマスターが「村山さんに、こっちにもまた演奏しに来てや~。」と言うてはりました。ええキャラやな~、あのマスター。
エフェクター1
エフェクター2
スピーカー

写真撮影、ブログ掲載について 清野さんから快い承諾を得ております。・・・ローリー

スポンサーサイト
[ 2006/07/24 08:43 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)