LIVEレポ・2007年8月31日(金)長堀橋【PEACE BAR】にてvo藤村麻紀門下生 玉砕発表会  g村山義光  

LIVEレポ・2007年8月31日(金)長堀橋【PEACE BAR】にて『vo藤村麻紀 門下生 玉砕公演』に行ってきました。ホストギタリスト村山義光氏。出演者はvo藤村麻紀門下生5名はvo阪口利恵さん、voギボタカコさん(カタカナで失礼しました。)、vo辰巳誠治さん、vo田中千賀さんvo平田絵理さん。g村山義光門下生からvo高橋亜希子さん。
今回で3回目のこの玉砕公演。3回目の出演者もおられます。LIVE稼働されているボーカルの人。まだ稼働はされていないが、あらゆる場所へ歌いに勉強されているボーカルの人。一度、歌をあきらめるような挫折を経験されたボーカルの人。歌って勉強し始めて年数の違いも様々の出演メンバーです。
くじ引きで組み合わせを決め、いきなりボーカルデュオから始められたそうです。(僕、遅刻しまして1曲目を聴き逃してしまいました。) そしてボーカル1人3曲をg村山義光氏の超独りよがりな?ギター伴奏で歌われていくのです。経験年数関わらず、自分から村山氏に歌で仕掛けていく頼もしいボーカルもおられます。ちょっと選択ミスか?と思える場面もあったりでこれも聴いていて凄く面白い。又、自分の得意とするテンポで出だしたり、相手が別のテンポで変化させてきても、やっぱり自分の得意なテンポに戻したりしているような場面もあったりします。こういう時っていろんな引き出しを持ってるいるボーカリストって得?というか武器なのでしょうか。
なんしか、出演されるからには、自分からやらかさないと本人さん的にも聴き手的にも面白くないのではないかと思うのですがどうでしょう?

ボーカルデュオでは音程を保つというか頼りになる楽器がないので、更に面白いですね。無理して?ハモッてみたのがいけなかったのか?、パートナーの音程が狂い出したら、さあ大変!その狂ったパートナーの相手も正しい音程を保って歌い通せるか?反対に狂った相手の音程に合わせるのが無難なのか?これってどっちの方がいいのでしょうか?誰か教えて下さい。
アカペラとなると誰も頼れないですよね。自分だけで自分の音程を保つという、耳、音程感覚の正しい聴き手にはこれまた面白い代物です。どんどん狂った音程は自分では気が付かないものなのでしょうか?ご自分で音源を聴いてのお楽しみというところでしょうか。

3組6名の出演者のステージ終わり、しばらくたって、またセッションが始まるのです。次回の出場者や、予備軍、大阪芸大の現役学生さんも参加です。楽器を持参して挑む学生さんもあり。村山氏も思わず参加します。
村山義光氏の門下生として参加出演された高橋亜希子さんは初出演です。彼女は既に稼動中のジャズボーカリストです。vo辰巳誠治さんとのボーカルデュオでは、ハモリに使う音の選び方について藤村麻紀さんのアドバイスを受けるシーンもありでした。こういうのって出場することで無料レッスンを受けているという特典があります。ありがたいことですよね。
最後の最後に僕、藤村さんと高橋さんのボーカルデュオが聴きたくて、厚かましくリクエストさせて頂きました。高橋さん、「藤村さんデュオなんて~!」と恐れておりましたが、ステージに立てば腹をくくった?の姿勢で挑まれました。藤村さんも凄く楽しそう。流石、お互いを誘導したり、されたりが既に出演された組み合わせの中で一番スムーズでありました。(当然か。) 時にはお互い仕掛け合うのに思わず笑ってしまったり。聴いている側のお客様もかなり面白く聴き応えがあったのではないでしょうか。
次回、藤村麻紀先生にボーカルデュオを挑まれるほどのボーカルが出演、又は最後のセッションがあればチャレンジするボーカルがおられたら僕の楽しみが増えるんですけどね。

やはり3回目となると目まぐるしく実力を上げられてきたボーカルのかたもおられれば、どうしたんでしょう?と思われるかたもいました。僕の素人な耳でも肥えてくるのか?何かの勘違いなのでしょうか?

この日も演奏終了後の【PEACE BAR】は、出演門下生、お客様生徒の皆さんは、村山義光先生、藤村麻紀先生による音楽、演奏についての講義を朝まで受けていたのでした。本当にお疲れ様でした。遅くまでお店を提供してくれたマスターありがとうざいました。
次回は来月9月19日(水)ですよ~。
・・・管理人ローリー。
vo阪口利恵さんvoギボタカコさんのボーカルデュオvo高橋亜希子さんvo辰巳誠治さんのボーカルデュオvo田中千賀さんvo平田絵理さんのボーカルデュオ

大阪芸大の学生さんもセッション参加g村山義光氏の希望で大阪芸大の学生ピアニストさんもセッション最後にvo高橋亜希子さんvo藤村麻紀さんボーカルデュオ

YouTube動画
vo藤村麻紀g村山義光Duo演奏動画『Afro Blue』 No.1 前半
vo藤村麻紀g村山義光Duo演奏動画『Afro Blue』 No.2 後半
スポンサーサイト
[ 2007/09/01 16:35 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する