LIVEレポ・2007年9月23日(日)萱島駅前【OTO屋】にてvo高橋亜希子 g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ・2007年9月23日(日)萱島駅前【OTO屋】にてvo高橋亜希子さん g村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
1日おいてまた高橋亜希子さんと村山義光師のLIVEです。ここ【OTO屋】は2回目。なんだかんだ満席状態になるんですよ。高橋さんのファンの方はもちろんのこと、ミュージジャンの出入りが凄く多い【OTO屋】さんです。これもマスターの人柄のせいでしょうか?マスターはトランペットを吹くんですよ。数年前にお聴きしたことがあります。
そして、いいのか?よくないのか?2セット目でよくセッションになってしまうらしいです。村山義光氏のLIVEで2セト目でセッションだなんて考えられないです。メインの出演者とお客様の区別が付かない状態ってどうなんだろう?メインのミュージシャンを聴きに時間とお金を使って来て頂いているお客様を無視状態ってことですわ。セッション状態になってしまうメインのミュージシャンにも問題有りですね。一つは「集客」のためにセッションを出来る環境であるかのように浸透してしまっているお店や、自分のLIVEだという自覚のないミュージシャンの表れのような気がします。気軽にセッション出来るであろうと思われてしまっているメインのミュージシャンの価値観のなさであると思って仕方ないです。

この日の高橋さん、歌の方はまだまだ課題がありそうな感じでしたが、メインのミュージシャンらしく堂々としたステージでの姿勢に安定を感じ、聴く側としてある意味、落ち着いて聴かせて頂きました。数ヶ月前と何かが違うな~。真剣、前向き度が更に増した感じがします。
「人がいっぱいいっぱいの姿勢に人は感動をするもの。」と村山氏からお聞きしたことがあります。ほんまや。そうや。
村山氏のギターソロ演奏も披露して頂き、お喋りでわいていた客席を静かになるシーンもありで面白かったし感動しました。

村山氏の【OTO屋】での演奏は、なんだか何かに挑戦しにいく姿勢に見えるんですが。笑。これは【OTO屋】での生のLIVEを聴いている人にしか分からないかも。村山氏の【OTO屋】でのLIVEは他でのLIVEとは違う楽しみがあります。ストリートライブのような楽しみなんですわ。どれだけ通りがかる人の足をとめて演奏を聴かせれるか?みたいな。
・・・管理人ローリー。
vo高橋亜希子さんg村山義光氏vo高橋亜希子さんg村山義光氏g村山義光氏ギターソロ演奏

【OTO屋】のお客様g村山義光氏とvo高橋亜希子さんとお客様食事中のvo高橋亜希子さんとg村山義光氏と二番弟子さn

スポンサーサイト
[ 2007/09/24 05:17 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する