LIVEレポ・2007年11月24日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】にてvo青山奈穂子g村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ・2007年11月24日(土)京都【Greenwich House グリニッチハウス】 にてvo青山奈穂子さんg村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
毎回、立ち見ありの満席状態の【グリニッチハウス】さんであります。本当にありがたいことです。出演者が誰だか分からず知らず、ジャズを生演奏を聴くという空間を楽しみに入ってくるお客様もおられます。僕はそんなお客様と隣合わせに座ることになり、お客様に毎月20本以上のライブをしている村山義光氏のライブスケジュール表をお渡しすると
「お!すごい数のライブしてはるんやな。これはセミプロ並みやな。いや、セミプロに違いないな。」
僕「・・・笑。演奏をお楽しみにしていて下さい。」
お客様「こういう所に来ると普段では話しすることのない女性とお喋り出来ますやろ。道端で声かけたら変ですやろ。嫌がられるから。」
僕「・・・笑。そんなことないです。2回目に合ったら、もう知り合いですよ。」
青山さんと村山氏のステキなデュオ演奏と村山氏のギター演奏で魅了されたのでしょうか?そのお客様のお連れの男性客に村山氏のギターソロDVDをお買い上げ頂きました。あの男性客組はLIVEの帰り道、どんな話しをされながら帰ったのだろうか?と興味津々でありました。
LIVE会場内のお客様はミュージシャン目掛けて来るお客様だけではありません。「ジャズを聴く」という空間に自分を置いて楽しむかたもおられます。いつしかそんなお客様も個人的に好きなミュージシャンとかジャズを聴く醍醐味なんかを知っていくのかな?と思ったりします。

で、3セット目を設けまして、なんと京都では初?のボーカルデュオをして頂きました。村山氏の細かな指導の元、曲の中盤を過ぎたころには、なかなかええ感じに形にしていました。また、ギター伴奏を村山氏がするのではなく、飛び入りのギタリストと飛び入りのボーカリストの組み合わせ等。
「飛び入りで歌ったり、演奏したりするからのは楽譜を用意しておくことは常識としましょう。」の村山氏の指導あり。
村山氏の大好きな京都のLIVEはこうして終わったのでした。最近、京都でのLIVEが少しずつ多くなってきていますが、村山氏からの何かしら大きな意義ある音楽的な影響を京都に振りまき始めた感じがします。まだまだこれは始まり。その影響は、どう進化し影響を及ぼしていくのでしょうか?
・・・管理人ローリー
vo青山菜穂子さんg村山義光氏。手前は青山さんのご主人vo青山菜穂子さんg村山義光氏村山義光氏ソロ演奏

村山義光氏のギターソロ演奏3セット目を設け、グリニッチで初の?ボーカルデュオ毎回、満席なのは何故?ありがたいことです。

スポンサーサイト
[ 2007/11/25 14:14 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(1)

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2008/06/22 22:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する