LIVEレポ・2007年12月30日(日)長堀橋【PEACE BAR】にてvo藤村麻紀g村山義光b佐々木b研太d安井鉄太郎LIVE 

LIVEレポ・2007年12月30日(日)長堀橋【PEACE BAR】にてvo藤村麻紀さんg村山義光氏b佐々木研太さんd安井鉄太郎さんのLIVEに行ってきました。
2日連チャンの【PEACE BAR】でのLIVEです。しかもバックの演奏者が同じという。藤村さんのトリオをバックにしてのLIVEをお聴きするのは凄く久し振りでした。一番最後に会場入りされた藤村さんは初共演者である安井さん、久々の佐々木さん、いつもの村山氏に挨拶。ほんの少しのサウンドチェックをして、LIVEスタートを待ちます。
ジャズって、すべてのジャンルの中で一番クオリティが高く難解であります。初共演であろうが、初見であろうが、キーが違っていようが、演奏してしまう。こんな初共演に時のLIVEってどれだけの演奏が出来るかが聴きどころで面白いところでもあります。
細かいところは僕は分からないけれど、演奏中の演奏者、歌い手の立ち振る舞いや表情でしっくりいっているかを計るのがバロメーターでもあります。
実力の違うミュ-ジシャン同士が共演するのって、実力の高い方が低い方に合わせるイメージがあります。というか、そういうものか。でもどれだけ実力のある者が低い者の良いところを引き出せるか?持ち上げていけるか?も大事な実力の一つなんだと思うことがあります。こういうことが出来るには実力技量だけでなく、広い暖かい心が第一に必要になってくるのでしょう。ってことは人柄、人格がそれに適していなければならない。てことはその人との人生はどう生きているか?であるように思う。なんだか大げさになっているようだが、村山義光氏にはそれが結構備わっているように思います。もちろん欠けている部分もまだあるみたいですが。下心がない。邪念がない。ズルがないのであります。そして音楽、演奏をいつどこでも誰とでも楽しむ心と体も必要なんのかもしれない。
いつの日からなのでしょうか?村山氏は、結構な数のミュージシャンと共演されているが、あぐらをかいているような先輩ミュージシャンとの共演より、現在実力が未熟であっても伸びていこうとするミュージシャンとの共演が圧倒的に多い。でないと面白くないみたいです。その場面で村山氏と出合った若者ミュージシャン達のほとんどから 「ラッキー」「目から鱗」であるかのような発言をよく耳にします。
LIVEレポから脱線しましたが、この日、お客様(藤村麻紀さんの門下生)が手作りされた注連縄。2008年も【PEACE BAR】とミュ-ジシャンの益々の繁栄を願って。こんなお客様が来られるお店とミュージシャンて、なかなかいませんよね。
新年も村山義光氏と周りの人達が幸せでありますように!
・・・管理人ローリー。
vo藤村麻紀さんg村山義光氏b佐々木研太さんd安井鉄太郎さんd安井鉄太郎さん初共演のvo藤村麻紀さんとd安井鉄太郎さんと久々のb佐々木研太さん

インストお客様の続くリ差し入れの注連縄(笑)LIVE後

スポンサーサイト
[ 2007/12/31 08:13 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する