LIVEレポ・2008年1月10日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光b佐々木研太d安井鉄太郎LIVE 

LIVEレポ・2008年1月10日(木)長堀橋【PEACE BAR】にてg村山義光氏b佐々木研太さんd安井鉄太郎さんのLIVEに行ってきました。
ニューヨークから一次帰国されてから3回目となる安井さん出演のLIVEです。今回は安井さんオリジナル曲も演奏するということで楽しみに聴きに行きました。安井さんの曲は5拍子だったり、面白いコード進行だったりで、よくある曲調ではないので凄く新鮮でカッコいいですわ。いつから作曲もされるようになったんでしょうか。ニューヨークのニュースクールとういう音楽学校は相当エライところなんではないか?と想像させられます。ジャズスタンダードも安井さんが叩くと ほとんどの曲が、なんや難しそうな曲に聴こえるのは僕だけでしょうか?
???ばっかり書いてますが、僕の耳があまりにも素人なのが分かりますね。笑。きっとアメリカやヨーロッパで流行っているジャズを聴いたらわけ分からないんやろな。
先日、長堀橋のミッキーさんから頂いたTheo BleckmannとBen Monderのデュオアルバム『No Boat』を頂いて聴いたんですが、今の僕にはちょっと難し過ぎる。ちなみにTheo Bleckmannはボーカリストであります。vo弥生さんの師匠であるそうです。一体どんな歌の指導をされているんだろう?村山氏もTheo BleckmannもBen Monderも大好きであります。でも村山義光氏が日本で理解されにくいのと同じ感じで日本では何十年先までこのような音楽が一般に流行ることはなさそうな感じ。
今夜この3人の音楽は「世界」を意識している。というのでしょうか、日本のジャズクラブで演奏されている悠長なものではない。
この日、ぴよぴよ会で知り合ったピアニストの中村秀俊さんも聴きに来られていました。そのかたは、世界で素晴らしいとされるミュージシャンのLIVEばかり聴きにいっておられる人で、この日のLIVEをエラく感動されてたと 後でお聞きしました。なんか凄く嬉しかったな。
実はこのトリオの演奏がCDになったものがあるんです。非売品であります。これを耳にした僕の友人もメチャクチャ感動してくれてました。
「何故、商品化しないのか?」って。
日本のジャズ界、音楽界はいつになったら世界レベルになり、僕を含んだ聴き手も世界レベルの感性になるんだろうか。
・・・管理人ローリー。
g村山義光氏b佐々木研太さんd安井鉄太郎さんg村山義光氏b佐々木研太さん

d安井鉄太郎さん本日の【PEACE BAR】g村山義光氏b佐々木研太さんd安井鉄太郎さん

スポンサーサイト
[ 2008/01/11 09:27 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する