LIVEレポ・2008年1月11日(金)長堀橋【PEACE BAR】にてvo藤村麻紀g村山義光デュオLIVE 

LIVEレポ・2008年1月11日(金)長堀橋【PEACE BAR】にて vo藤村麻紀さん g村山義光氏のデュオLIVEに行ってきました。
もうすぐvo藤村麻紀さんの2nd.アルバム「Sincerely」が発売になります。1月25日日(月)発売ですわ。何回も書きますが、 全編村山義光ギター伴奏。全曲ギターのみの伴奏。 もう先行予約者に限り既にアルバムが届けられていて、僕、既に聴いております。ギターのみの伴奏なのでシンプルかと思いきや、ギター1本とは思えない分厚いサウンドに驚かされました。なにせ、そんじょそこいらのギタリストよりも音数の多いこと!皆さん、興味があれば買って聴いて下さい。
ボーカルとギターのデュオアルバムって日本ではインディース、メジャー含め、数多く発売されているとは思いますが、 ホンマにボーカルとギター1本だけのアルバムって少ないと思います。ソロアルバムだって紛らわしいですわ。僕もあるギタリストのソロアルバムっていうから買ったら、ドラムもベースもピアノも入っていて、ガッカリした覚えがあります。まあ、ちゃんと確認せえへんかった僕も悪いんですけどね。
この日、通りすがりで入ってこられたお客様がいました。でもそのお客様はクラシックギターを弾かれるかたで、村山氏とギター談義で盛り上がってはりました。
久々のお客様も来られていて、
「久し振りに聴くと やっぱりエエな~思いましたわ。」って。
LIVE終了後、藤村さんのボーカルのお弟子さんとお好み焼きを食べに行きました。尾上久美さん。最近、岡山県尾道から出てこられ、大阪に移住されました。そう、音楽をするため、歌をするために。ゴスペルのTHE EARTHBORNのメンバーでありますが、ジャズも歌っておられます。尾上久美さんは、師匠の藤村さんに
「私のLIVEばかり聴きに来てもダメ。もっと外を知りなさい。自分を売り込まなきゃ自分の存在がないのと同じ。セッションにも積極的に行きなさい。」と。
村山氏のLIVEばかり行ってる僕は、よくボーカリストのお客様を拝見することがあります。村山氏の大ファンである僕が言うのもなんなんですが、ボーカルものの伴奏をさせたらきっと日本では一番のギタリストでしょうね。でも、村山氏はどんなボーカリストでも どんなレベルであろうが、ベテランであろうが、素人であろうが、世界レベルであろうが、面白い伴奏をやってしまうであろう。そのボーカルとの演奏をベストな状態にもっていくであろうし、引っ掻き回すことだって出来る。でもそんな村山氏とばかり歌っていても 歌が上手くなるとは限らないと村山氏はおっしゃいます。どんなレベルのギタリストとも、どんなバンドとでも歌っていって経験を積むことも自分の力や自身につながる。そしてミュージシャン達や、お店にも自分を売り込むことは必要。もちろん藤村さんも そういったことをお弟子さんに伝えてはる。
1月17日(木)は【PEACE BAR】で藤村麻紀門下生の玉砕公演があります。ホストはg村山氏。門下生を引っ掻き回してくれるのが聴きおどころであります。一般客も聴けますのでどうぞ!
・・・管理人ローリー。
vo藤村麻紀さんg村山義光氏vo藤村麻紀さんg村山義光氏

本日の【PEACE BAR】クラシックギタリストのお客様とお話中のg村山義光氏お好み焼き屋さんで


スポンサーサイト
[ 2008/01/12 05:36 ] ライブレポート | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する