「スーパーギタリスト村山義光くん」・・・村山義光少年を知るお友達のHP記事 

先日、「マイク・スターンド」さんという方からメールを頂きました。なんと村山義光氏の少年時代をご存知の方からでした。しかも「マイク・スターンド」さんのHPの書き込みに昔の村山氏の記事が。村山氏にこのことを報告したら「マイク・スターンド」さんはとても良い人だったと語っておられました。やはりジャズギターを弾かれる方でした。
「マイク・スターンド」さん、メールありがとうございました。
皆さん、興味を持たれたら読んでみて下さい。また、村山義光氏の関する情報があればメール下さいね。
・・・管理人ローリー

「スーパーギタリスト村山義光くん」
村山くん、村山義光くん 村山くんに会った時は凄かったな~ギター弾くの止めようとおもいました。本当に・・・たしか・・・彼がまだ16か17歳でした。でも、すでに完成されたジャズ・ギターやったんです。ジョー・パス、ウェス、ベンソン、マルティーノ、タル、グラント・グリーンをすでに吸収してたんです。
ギターは175(定番ですね)アンプはポリトーン(王道ですね)ギタースタイルは荒削りですが、凄すぎて目が点になるんです
彼の練習場所は近くの公園でした。公園の外灯に電源のコンセントが彼の練習場所だったんです。『公共のもんやから、ええんや~』『ん~微妙やな~』流石ミュージシャン、無敵やな~
一回だけ、村山くんのライブを観にいきました。ギター・トリオやったんですが、全員高校生なんですね~おまけに上手い!『これは~もう俺ギター弾くの止めよ』と真剣に思いました。プロになるんやろ~と村山くんに聞いたところ『いや~僕より上手い人が居るんですよ~』『え゛・・・・・・・』『ハハハハハハ・・・・・・そんなあほな~』反則やそれは~その時の音源が、今手元にありますがとても高校生トリオの音じゃないんです。反則やな~
ちなみに村山くんは、フォーク系のミュージシャンとよく勘違いされました。175をケースに入れて電車に乗ると、フォーク・ギター抱えた弾き語りの人と勘違いされるんです~でも村山くんは、いつも話しを合わすんです『はい、今から弾き語りのライブやります』『オリジナルからコピーまで色々と』
村山くんは何時もニコニコとした顔でギター弾いてたな~決して自分のギターに妥協しなかったな『僕はまだまだですよ』上手い人が言うとカッコイイんですね~僕が言うとそのまんまなんですが・・・
村山くんは今、関西でバリバリ現役でライブやってます一段と上手くなってるそうです。村山くんを越えるアマチュア・ギタリストにいまだに出会うことはないですね~がんばってや~村山くん

スポンサーサイト
[ 2006/09/10 23:20 ] 村山義光氏の関連記事 | トラックバック(-) | コメント(-)