LIVEレポ・2009年2月14日(土)西九条駅前【マーシーオーガモン】 vo緒方光代g村山義光デュオLIVE   

LIVEレポ・2009年2月14日(土)西九条駅前【マーシーオーガモン】 にてvo緒方光代さんg村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。
本日はバレンタインデーです。僕にはあんまり関係ないイベントですが・・・。とかなんよか言って。。。緒方さんにチャッカリ、チョコレートを頂いちゃいました。ありがとう!緒方さん!
マスターにもお客様にも、村山氏にも「愛」のチョコを頂いてはりました。

で、ライブ。緒方さんの歌は、やっぱり世界がある。1曲ごとに、毎回、微妙に違う歌い方が入っていて、繊細です。緒方さん自身も毎回毎回、常に前進するため勉強されているようです。勉強したいから前進しているのか。偉そうに語ってしまいましたが、なんしか 毎回新鮮に聴けて毎回楽しみにさせて頂いてます。

ライブ後も話しがつきず、場所を変えて語まくりました。濃い話から薄い話まで。笑。
人って「解放している人」と「解放していない人」がいるみたい。
「解放」って 自分をさらけ出せてるみたいなこと。
演奏も歌も 「さらけ出せてるか」どうか、人によって差が出ているみたい。カッコ付けてる演奏とか歌とか。聴き手も それによって感動も違うと思う。身の丈に合わないカッコ付けた演奏、余計な語り、ファッション、態度、駆け引きは、表層意識のようなものに強くやられている聴き手(見手)には受けるんやろな。イヤな書き方になりましたが、そういう世界はその世界の人達だけで どうぞやって下さい。という感じである。その人の自由である。

村山義光氏には、そんなものは価値観はないし通用しないし、それどころかマイナスになることにもなってしまう恐れがあるみたい。違う世界のモノであります。
表層意識があればあるほど、実は表面的なモノでしかないものに左右されてやられてしまったり騙されてしまうやろし、自分が計算で分かっていながら表面的なモノに力を入れてやっていても、その時間が長ければ長いほど、結局、表層意識の世界の人生でしかないんやろな。

ほとんどの人(僕も)は無意識に表面だけを見て大半を判断してしまっている。それが全くの嘘であったとしても 信用してしまったり、世の中的に通用しちゃうものになっている世界が、いろんなジャンルに存在していることがあるんや。と最近更に知ってしまいました。そんな信用しやすい人の心理を鋭くついていて、上手いことビジネスに生かす人や、生かそうとしている人は、何割いるんやろな。

素人を「騙している」ほど意識してなくても、表面的なモノに力を注いで日本の音楽業界は成り立っている部分は多いにあると思う。
村山義光のギターのあり得ない技術や、音楽性は、ちょっとカジったくらいの演奏者には理解出来ないのが現状であるみたい。日本人の9割以上が凄い大きいくくりで「上手いギタリスト」と評価する程度でしょうね。悲しいかな僕もその一人なのですよ。
そんな切ない世の中で、ただただ自分の音楽を追求し続けるだけ。ご本人も、そんな人間の切ない仕組みや心理は、とっくに知ってしまっているやろうけど、そんな人達に「罪がある」ことも「罪がない」ことも解ってはるはず。
長くなりましたが、今日はこの辺で。
・・・管理人ローリー。
vo緒方光代さんg村山義光氏vo緒方光代さんg村山義光氏vo緒方光代さんg村山義光氏


スポンサーサイト
[ 2009/02/15 04:22 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)