LIVEレポ・2009年4月9日(木) 大阪京橋【Long Bar】 voさかぐちりえg村山義光デュオLIVE  

LIVEレポ・2009年4月9日(木) 大阪京橋【Long Bar】にてvoさかぐちりえさん g村山義光氏デュオLIVEに行ってきました。

さかぐちりえさんは、本当に勉強熱心であります。そして「ジャズ」に凄く拘っているボーカルであるのが 彼女にお会いする度に垣間見ることが出来ます。
見かけだけの「華やかなボーカル」ではないのが分かります。
さかぐちさんは、外見がとても綺麗でありますし、仕草もとても華麗であります。(羨ましい・・・) しかしたまに、それがゆえ、彼女がどれだけ「ジャズ」を深く追求しようとしている姿勢か?なんて気付いて聴いている人はどれくらいいるのだろうか?と単純に知りたくなります。

「ジャズ」は難しい・・・。ジャズボーカルをやる人は、ジャズの難しさを知って挑んでいる人達ばかりなのでしょうか?いや、そうに違いない.。そうですよね?
聴くお客様のほとんどは、結構、歌唱力が良ければ良し!といった人だらけのようにも思います。その前で、「ジャズ」を歌う苦労というのでしょうか?演奏者側の気持ちというのでしょうか?信念や成果はどこまで聴き手に伝わっているのでしょうね。

まだまだ日本では、「ジャズ」を理解し、魅力、醍醐味を味わうことが出来る聴き手は凄~く少ない。
きっと僕がジャズミュージシャンやったら、むなしく思いそう。
頑張れジャズミュージシャン!ジャズボーカリスト~!
と言ってる僕は、えらいジャズミュージシャンの理解者みたいですが、ちゃうな。「理解したい客の一人」です。
日本が世界の中で、「ジャズ」を聴く環境、演奏する環境、演奏者のレベル・・・「ジャズ」がイマイチな最大の原因は聴き手のせいやと思う。
・・・管理人ローリー。
voさかぐちりえさんg村山義光氏voさかぐちりえさんg村山義光氏voさかぐちりえさんg村山義光氏


スポンサーサイト
[ 2009/04/10 07:09 ] ライブレポート | トラックバック(-) | コメント(-)