LIVEレポ★2009年8月31日(月)梅田【azul】にて木畑晴哉(P)/祖田 修(P)/Phillip Strange(P)のピアノバトル 

LIVEレポ★2009年8月31日(月)梅田【azul】にて木畑晴哉さん(P)/祖田 修さん(P)/Phillip Strangeさん(P)のピアノバトルに行ってきました。
【azul】
ピアニスト3人集まって何をバトルされるんだろう?どこかで「ピアノバトル」って書いてたのを見たんです。

お店は超満席。予約席だけで ほとんど埋まっていて、全席カウンターの4席だけ残っていました。月曜日だし~っと油断してました。客層はそれぞれの出演ミュージシャンの生徒さんとか、ボーカリストのかたとか、ミュージシャン仲間?とか。たぶん。拝見した感じ、絶対そう。
ほぼプロがプロの演奏を聴く状態。と思ったらギターを背負った若い青年も数名。【azul】は本当に安い。テーブルに座ってもチャージが1000円。そら来るな。

カウンターに僕、vo森川奈菜美さん、vo児玉有里子さんと並んで座って聴きました。
定刻どおり、19時半スタート。まずはPhillip Strangeさんからソロ演奏。
「これは競争ではありません。」
とコメント。ジャズスタンダードを2曲。彼が普段でもよくされている曲でした。好きな曲なんでしょうね。

2番手に木畑晴哉さん。僕、久々に聴かせて頂きました。ラフなファッションで一番ミュージシャンぽくなくて僕的には高感度アップ。
「実はソロピアノは初めてなんです。」
そうだったのね。以外。

祖田 修さんはクラシックの曲を演奏された。クラシックって、楽譜どおりに演奏するものなのですか?すみません。僕あまり知らなくて。。。きっと祖田さんが演奏に出ていたんでしょうね。

隣に座っていた森川さんに
「村山さんのギターばかり聴いているんで、同じコード楽器のピアノを聴くことがなく、あまりにも知らないので勉強のため聴きに来ました。」
と言うと、森川さんは演奏ごとに説明してくれました。

今夜のこのライブは1日で3人聴けます。が美味しい!ということだったのでしょうか。比べたらアカンのかな。いや、比べてしまうでしょ。笑。でも選曲の仕方から違ったりするので、比べようもないっちゃないですが。せめて同じ曲を独自のアレンジの演奏を聴いてみたいな~とか、鍵盤楽器をもう一台用意してもらって、デュオとか聴いてみたいな~と自分で勝手にそう願っちゃう。ならもう一回聴きに行ってみたいです。
しかし、演奏は素晴らしかったな~。
・・・管理人ローリー。
スポンサーサイト
[ 2009/09/01 02:52 ] 他ミュージシャン ライブレポ | トラックバック(-) | コメント(-)