■インタープレイ■ 

mixi村山義光コミュニティより
■インタープレイ■・・・Yab

アニメ、サザエさんにて、
ちゃ~ん、ばぶ~、は~い、
たったそれだけの単語だけで気持ちの全てを投げかけてくるイクラちゃん…ナメとんのか?
そしてそのたった3つだけの単語を完璧に聞き分け、会話すら成立させてしまうタラちゃんは世の中で最もアブない野郎の1人である事に間違いない!常にたゆまずラリっているのだろうか?

そこで気がついた!
そうか!これはインタープレイなんや!

イクラ「ばぶ?」
タラ「そ~でしゅか~!」

ただ者ではない!
なぜなら音数や長さが全然違うのにも関わらず、しっかり1つのリフになってるから本物ですわ!まるでレッドツェッペリンの「胸いっぱいの愛を」のギターソロの締めくくりのような息を呑む駆け引き!負けた!

そこで考える。
タラちゃんのような返答の華麗さは確かに魅力的だが、その返答を誘発するイクラちゃんのコールはイケてる!

優れたミュージシャン達はたった1音を発しただけで、バックに流れるビートやハーモニー、更にはその音から続くであろうメロディーをも連想させる!

この理由は何か?
多分頭の中で鳴っているイメージサウンドの中の的確な場所で発音しているのではないか?

そして更にそんな事をも他人に伝えてしまうくらいに圧倒的なリズムの把握と理解が裏付けられてるんじゃないか?

レゲエといえばジャマイカ?

やはり簡単に弾いたバッキングに「合わせて」フレーズ練習なんかしてたらいつまでも練習生のままですわ!

方法として、頭の中、イメージの中でアンサンブルして行かないと!

これは依存からの脱出方法として最高でした!

難しくもうまくいけば説得力あります。

・・・Yab
mixi村山義光コミュニティに続く・・・

スポンサーサイト
[ 2009/10/25 23:07 ] mixi村山義光コミュニティ | トラックバック(-) | コメント(-)