mixi村山義光コミュニティより 

mixi村山義光コミュニティより・・・

◇(番外編)言いふらせ!◇・・・Yab


あなたの大好きなアーティストの名前を言いふらしましょう!

目的はそのアーティストをより多くの人々に知らせるきっかけ作りと、そのアーティストについて話せる仲間を見つける事にあります!


■宇宙人に出会う■・・・Yab

音楽が好きで、音楽に触れる中で天才であったり超人であったり、芸術家であったり、憧れる人にたくさん出会えるのは本当に嬉しい事です!

しかしそんな高評価も吹き飛ばしてしまうような猛烈な個性(あくまで私の趣向)を感じ、憧れどころかこうなりたい!この人の世界に触れ、一緒に演奏出来るようになりたい!と魂の根底から思う人、もう普通の人じゃなさすぎるので宇宙人と表現してしまう人の演奏を聞きました!

私の人生に凄まじい衝撃を与えてくれた3人のうちの1人!

ベーシスト鷲見和宏

すみかずひろさんです!

格闘技の超人のように素早い反射能力と、
鋭利な刃物のように突き刺す攻撃性、
テーマを何倍にも膨れ上がらせる創造性、
まず他で聞く事のない独創性、
これらは表現法は違えど村山義光師匠と共通して特化されていると私は思いますが、1つ大きく違うのは、
私が村山師匠に喜劇を感じるその厳しくも優しく楽しい物語(さんざん書いているので今回は割愛)の展開に対して、
鷲見和宏さんは宇宙的スケールの空間において、どう猛で限りなく知的かつ理性的な野獣がどえらい獲物を狙うような危なさ、かっこよさ、シャープな美しさがあります!

これもあくまで私ごときが感じたライブ中においての物語性ですが、ベースソロにおいて、これはThere Will Never Be Another Youで、押し付けがましい大恋愛から相手に逃げられ、その相手を想い酒びたりで発狂死しそうな男の心情をドラマ化したかのようなあらすじでした。

一貫して私が初めて見るクロムシルバーのオーラを発し、聞いた事のないベースライン、共演者も聴衆らもひっくるめてどんどん宇宙に浮き上がらせるかのような恍惚感は
きっと全ての有機物、無機物の歴史の中でただ1人鷲見和宏さんにしか作り出せない世界です!

ウソやと思うなら聞いてみなさい!

鷲見和宏さんが本領発揮する世界ってどんなだろうと私は凄く興味あります!

紹介せずにはいられませんでした。


■踊るアフロに見るアフロ■・・・Yab

「さあ!自由になろうよ!パンツなんか脱ぎ捨てて細部までさらそう!」と大好きな人(私に限っては異性に限定、上限なく年上が好きです!体力に限界はありませんのでお気軽にお声をおかけ下さい!)から言われたら、出来る!身を乗り出してでも必ず出来る!

しかし、大勢の人の前で、例を示されても、心は望んでも、準備は整っていても、協力者がいても、なかなか出来ない!

ただただ至福の傍観者としてパンツを皮膚に縫い付けてしまう!

私のエナメルパンツもラメ入りうんこの支配下にあり、脱げなかった!

これは自分を一生日陰に追いやる大きな理由になってしまう!

影の軍団、ただし各自ひきこもりの中の1人として一般的な生活から抜け出せない!

あなたはパンツを脱ぐのが当たり前の場所で他人のパンツの中身を見て笑った事があるだろうか?私は人の純粋な笑顔を見て恐怖を感じた事があるが、つまり誰も自分をみっともないなんて思わないし、人目を気にするなんて思い上がりもはなはだしいのかもしれない!

パンツを脱ぐから他人とのボディ・アンド・ソウルのコミュニケーションが出来る!それは誰しもわかっている!

だから、それが出来るように自虐的な生活も一案にあるが、

大事な事に気づいた!

「必殺技」を持つ事!そして必殺技を探し、借り、作り、まずは開き直る事から自然に大勢の人々の中でパンツを脱ぎ捨てる目標への第一歩になるのではないだろうか?

ただし、
これは有意義ながらも無意味に時間を浪費する!発狂しないといけない!もしくは諦めなければ!露出狂になる!色々考えられるが、


一番の方法は

ブロのストリッパーになる事!それも修業ナシで!

そうすれば逆にパンツを履く事に激しい抵抗を感じるようになれるかもしれない!

私はこんなモノを持っている!と自慢する必要は原則なくて、「自分です。」と自然に言えるようになりたいものだ!

もしパンツを脱ぎ捨てて、思いっきりおっ広げてまる見えにしても、人はすぐに注目しなくなるもの!だからその状態からあらゆるショーを展開させる!

当然そこに喜びをたくさんはらませる!

それこそが本物のブロなんでしょうね!

同じ脱ぎ捨てるなら、見るも無残なパンツにしてやりましょう!



★吉報!甘ったれのススメ★・・・Yab


私はなぜ音楽に限ってこんなに苦悩してばかりで成長出来ないのか?

その打開策(現時点ではまだ予想)と今後成長するために必要な事!

その答えがローリーさんのトピック「言える?」ではっきりわかりました!

全てはパンツを脱がない「見栄」から来ていました!パンツ論深い!

今まで私はどーでもいい事ばかり達人になっていましたが、大好きな音楽はダメ。

つまり今まで私は音楽に膨大なストイック努力が必要やと決めつけていたんです!


あまりに素晴らしい発見なので紹介します!

□□□□□□□□□□

教えを乞う姿勢とは、

◎わからない事は徹底的に質問する!

◎そしてわかりきった事を更に紙に書き出す!

◎わかりきった事だけをひたすら反復練習する!

◎努力を怠ると忘れたりできなくなるような事は小範囲にとどめる!

◎わかりきった事の物理的データをしっかり管理する!

□□□□□□□□□□

こんな初歩的な事に反抗してたなんて!

これを私に気づかせてくれた皆さんに心から感謝します!



■モテる人について■・・・Yab


私は思ってます。

面白さとは偏りにある。

魅力とは寛容さにある。

今目の前にある状況や人にどう対処するか?

本音とは?

自分をどんな境涯に位置させたいかが答えだと思います。

常に平和を望むのか?それとも常に争いたいのか?

日頃仲良くしている人と何らかの事情でいさかいが生じた時、相手から「あんたの正体見えたわ」なんて悲しい言葉を聞く事も多々ありますが、その相手はただ一点「その人が自分にとって都合がいいかどうか」だけに焦点を絞って判断していますね。

平和を願うならあくまで寛容な姿勢で、争いを願うならあくまで攻撃的であればいいと思います。

ただ人とはみな長い時間の中では気まぐれです。進化するから当たり前ですね。だから間違いの1つや2つあってもしょうがないですね。ただし間違いを起こさないという気持ちを前提にして。


どんなミュージシャンが世においてもてはやされ認められているか?モテる人々を見て学ぶ事は沢山あります。とにかくいっぱい支持されている理由があるはず!

そこで、

私の偏りとして、

私の大好きなミュージシャン達が広くモテるようになるくらい、支持を集めるくらいに知られまくって欲しい!

今までにもしましたが、ここから私の大好きなミュージシャン達を讃えまくります!

モテるかモテないかは単に深く知られているかどうかだと私は思います。

自分勝手で気まぐれな世の人々の判断基準に本当に知られるべきアーティスト達を、なぜ私や皆さんが彼らを好きなのかをみんなで言いまくりましょう!

あなたの大好きな人を「伝説」にしてしまいましょう!

メジャーシーンにいる人々も、彼らを支持する人々もびっくり!

世の中の常識はあくまで多数決!

流れを作りましょう!


■愛し合ってるかい?■・・・Yab


スタンダードをしましょう。

その中から何らかの曲を聴いた時、覚える時、練習する時、演奏する時、皆さんは何を思って何を目的にするでしょう?

MCを想定してドラマにしてみます。

-------

鳥はなぜ空を飛べるのか?

それは、猛烈に飛びたかったから。

そして、
絶対にそれが必要だと思ったから。

実際はわからない。

私はある人に贈りたい曲があります。

その人はいつも私のそばにいます
が、私はその人の事をどれだけ知っているのでしょう?

きっと鈍感になってしまっているに違いない。

その人の存在に甘えてしまい、
昔と違ってその人の表情から気持ちを察する事に
疎くなってしまっているに違いない。

かのジョン・レノンやオーティス・レディング、ジャニス・ジョップリンもサラ・ボーンだって

みんなあらゆる心を歌に刻んだはずだ!

でも私はその人に贈る1つも持たない。

シナトラみたいにその人を酔わせる事も、
清志郎みたいに楽しませる事も
今の自分ではかなわない。

ひそかに感謝だけ

そしてただ1つ感謝と共に願う事は

生きていてくれたらいい

贅沢が許されるならば、
幸せでいてくれあなたと

夜と



音楽と

--------

ロックンロールなMCですね。

私はたまにいい演奏を聴いて心の中にドラマが映ります。

そうなりますよね!

人々に愛され、必要とされ、育てられたのが音楽であり、そこから色んな曲が生まれたんですからね。

そして感動の後で私はそのミュージシャンに感謝と共に私の心に映ったドラマを話した時、それらは全然一致していないワケです。

つまり私が1人で勝手に想像しただけに過ぎないおぼろげな夢だったワケです。

またこれは残念ながらある人に聞きました。彼らは音を綴る事に全神経を傾け、そういったセンチメンタルな心象風景には着眼していない。

そして私は知りました。村山義光師匠は芸術家です!一般で言われるミュージシャンどころではない!

また村山師匠が表情する世界を察する事に叶わなくとも、その空気を感じる人は一体何人いるんだろう?

音を楽しませる職人であり、芸術家!

そうなりたい!

正気を保てないくらいの位置で冷静であれるように自分を高めないと!


mixi村山義光コミュニティより
スポンサーサイト
[ 2009/11/14 12:36 ] mixi村山義光コミュニティ | トラックバック(-) | コメント(-)